FC2ブログ

特撮とアシモフと宇宙ステーション

TSUTAYAで、借りてきて、[ウルトラマン]と[ウルトラセブン]のDVDを見てました。小4.5の頃、毎週胸をドキドキさせて見ていた特撮ものの元祖です。


ガメラ映画は対戦相手が
1.ギャオス
2.レギオン
3.イリス
と変わっていきそれらを一昨日、見続けていて思ったのは、大映制作の人形ぽいガメラが好きで、3話のイリスでは、ガメラが凶悪な顔になって、でかい図体になって、特撮にCG映像が駆使されて、面白くなくなってきた。やはり、特撮は円谷プロのミニチュアや初期ガメラの人形が味があって最高だったなあ(#^.^#)

映画[2001年宇宙の旅]を見た記憶が、今の(若田光一さんがいる)宇宙ステーションのフワフワと人が浮遊する様と重なります。

10代後半は、アイザック・アシモフのSF小説[銀河帝国の興亡]を読んで、面白かった覚えが・・米国とロシアの合同チームのチームリーダーの若田さんが、宇宙ステーションで共同で各種実験してるNEWSに触れると、SF小説にあった群像が実在している・人類頑張ってここ迄きたんだなあ、とシミジミ思います。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガメラ:平成(金子)版視聴記など 2014/04/15

 前回の更新分「 /04/11 」に続き、 「大怪獣空中戦」から「邪神覚醒」まで、平成(金子版)ガメラ三部作の鑑賞記事などを、まとめてご紹介しております。  怪獣映画論議のなかで: 『 波瀾万丈な中年デザイナーの日常 』 http://tomsproject.blog.fc2.com/ さん、4月11日の...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

特撮のものがお好きだったのですね?
私にはまるで分からない分野です。(笑)

若かりし頃 世田谷の経堂に住んでいた時があり
知り合いに円谷プロの倉庫らしい所に案内して頂いた事がありました。
私には何が何だか分かりませんでしたけれど。?

本当にそうですね。。。
私の若い頃には空想でしかなかった事が今は現実なんですものね?

けい様

子供が男の子なので、円谷作品に、ゴジラにガメラにドラゴンボールにと、一緒に観て映画に行って、それが特撮好きの総仕上げになりました。ジブリ作品も好きです。三鷹のジブリ美術館に行ったら、「隣のトトロ」の猫バスが展示してあり、嬉しくて子供と一緒に1日遊んだのを憶えています。その子も、成人まじか、・・特撮も怪獣キャラも、子供が小さかった頃の懐かしいかわいい記憶につながっていて好きなのかもです。若いころには空想だったものが、現実になっていて、その意識のギャップも年月と慣れが埋めてしまいました。PC.携帯、ナビ、衛星放送、高校時代にヴィデオデッキが出始めた身には、どれも、魔法の道具みたいです。
プロフィール

imagica

Author:imagica
種別 生物
趣味 散歩と文楽と歌舞伎
文楽歌舞伎狂言の非日常性に昇華された人間性を感じます。日々のつれづれを 舞台に投影したり政治に絡めたりして書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
招き猫
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR