FC2ブログ

歌舞伎18番「勧進帳」

         勧進帳3
               勧進帳  国立劇場ポスター
 
 勧進帳はお能の「安宅」が元だけに、結構退屈な舞台で、最後に、山伏姿の義経一行が逃れた後を追って、弁慶が花道を豪快に、〈飛び六法〉で引っ込む時に、盛り上がりをみせる。兄頼朝の詮議を受け、奥州藤原秀衡を頼って、落ちていく義経弁慶主従を、旅の中途の加賀の国・安宅関の関守・富樫左衛門が詰問し、弁慶が白紙の巻物を見ながら〈勧進帳読み上げ〉、東大寺再建の為の諸国勧進の旅といい逃れる。続く富樫が山伏の心得・呪文についても質し、それにも応える。〈山伏問答〉
 
 富樫は一行を通そうとし、兵卒が強力〈荷物持ち〉の義経に気付いたのを、弁慶が金剛杖で「お前が馬鹿だから・・」と怒り、打ったたく。富樫は失礼を侘び、弁慶に酒を勧める。弁慶はお礼の〈延年の舞〉を舞いながら、義経一行を先に逃す。
 天保11年(1840年)3月に江戸河原崎座で初演された『勧進帳』は、五代目市川海老蔵〈7代目団十郎〉の弁慶、息子の八代目市川團十郎の義経、二代目市川九蔵の富樫左衛門。  

 昭和初期の七代目松本幸四郎〈現9代目幸四郎の祖父・ミュージカル好きが似ている〉の弁慶・六代目尾上菊五郎〈伝説の6代目・踊りの名手〉の義経・十五代目市村羽左衛門〈美男で有名〉の富樫による『勧進帳』が絶品といわれ、映画にも記録されたそうです。ちなみに、私は〈往年の海老様〉11世団十郎の弁慶の勧進帳のビデオを持っていますが、確かにスピーディーで、延年の舞と飛び六法が見事です。
                
      写真 (89)
7代目の二男8代目幸四郎の弁慶・飛び六法・後見は現9代目幸四郎

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【歌舞伎十八番 「勧進】

                        勧進帳  国立劇場ポスター  勧進帳はお能の「安宅

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

imagica

Author:imagica
種別 生物
趣味 散歩と文楽と歌舞伎
文楽歌舞伎狂言の非日常性に昇華された人間性を感じます。日々のつれづれを 舞台に投影したり政治に絡めたりして書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
招き猫
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR