FC2ブログ

麻布十番商店街こもごも・

六本木TV朝日の庭は、山口県下関市の毛利家の上屋敷の庭で、忠臣蔵の志士10人を預かった家です,

さらに歩くと麻布十番商店街で、お土産に重宝する、豆源、その奥に鯛焼きと
タヌキ煎餅、鯛焼きは皮は厚くしっとり感があり、餡は甘くてギュウギュウに詰まっている。私の好みは、皮がパリッとして、アンコも自然な甘さの芝の寿堂の鯛焼きが、かなり美味しいと思えます、モグモグ。



たまに、親分さんと子分さんが、飲食店におられるのを見受けます。子分さんの若い方々が、パンチパーマに雪駄ばきの兄さんの隣で、背広を粋に着て耳ピアスなんぞをしてるのを見ると、世代が違うと感覚違うなあと、正直に思ったりします。


上は、煮込みで有名なあべちゃん・・タレが秘伝です。
スポンサーサイト



目指せ2020年東京オリンピック講談

2020年の東京オリンピックの開会式で、日本の話芸[講談]を語れる日を目指して
エンジンフカシテいこうと結成されたユニット【ゴリンジャー】の
今日は、旗揚げ公演(浅草木馬亭)で、楽しい感慨深い1日だった。


上方講談師の旭堂南鷹(きょくどうなんおう・左)と、南陽(なんよう)右


月桂冠を被った扮装の田辺銀冶(左)と一龍斎貞鏡(いちりゅうさいていきょう)中


旭堂南陽(中)と、神田山緑(右)

故田辺一鶴さんが、まだ、前座であった時、オリンピックを見て、94カ国の名称を読み上げる、この「東京オリンピック講談」を考えついて、書き上げたという、 大ヒット作を、今日は、弟子の田辺銀冶(たなべぎんや)が、聖火や各国の旗の小道具をふんだんに使って語り、大いに笑った。
銀冶さんの東京オリンピック講談の語りは、淡い記憶にしかない一鶴さんを彷彿とさせました。

山緑は、4月「東京オリンピックおじさん」こと山田さんのパーティーで、
オリンピック招致委員会の皆様の前で講談を披露します。
夢への第1歩・・頑張れ!!(^-^)

春彼岸「新潮」の噺は藪の中・

みんなの党の渡辺代表が、DHCの会長から8億円借りながら、12年12月に衆院に提出した資産報告書では、借入金2億5千万円となっていて、未だ、5億5千万円が未返済という記事が、26日発売の週刊新潮に載り、この報道が駆け巡ってます。

こういう政治家の資金スキャンダルを載せたのが、「週刊文春」なら右寄りsideの記事で、「週刊ポスト」「サンデー毎日」なら、反対側の擁護記事になるのが通例ですが、訴訟何本も抱えた「新潮」はスキャンダル記事が多く、どちらサイドとも分からんです。

DHCの吉田嘉明会長が、(初めから借用書なんて期待してなかったが)、借用書も送ってこない渡辺氏に、この時期、一人で思い返していて呆れてマジ切れしたのかとか?

政治の世界は魑魅魍魎だから、この後、明らかになっていっても、その既成事実が真実なのか、多分真相は藪の中だろうなあ・・藪をつつくと怖いし・・
竹藪はやっぱり、筍掘りで入るくらいが,よかとです・・。

港区内のDHC本社
27日夜にアップしたのが、下書きになっていて、日付はそのまま、今朝、アップしました。

春彼岸の上野の桜

お彼岸の帰りに、JR上野駅を降りて、不忍口から上野のお山に登ると、早いものは桜は樹木に花が咲き、良いお日和で大勢の人で賑わってました。

上野のお山には50種800本の桜が植えられています。

清水堂から望む不忍池


丸い輪の松は
歌川広重の描いた[名所江戸百景]の
「月の松]です。
名所江戸百景歌川広重_convert_20140325182709画像はウィキペディアから掲載しました

クリミアに重ね19世紀のアジアを見る・

1840年、アヘン戦争以降、清は、英・仏・独・オランダ・ベルギー・露・米の列強に蚕食され、1908年には、変法維新を画して失敗幽閉された光緒帝も西太后と共に死亡、その後1912年、清は溥儀が退位し、中華民国となり、実質は溥儀を退位させた袁世凱軍閥(1916年死亡)政権から、満州から万里の長城を超えて北京入りした、国民的人気の英雄、馬賊の張作霖政権(1928年列車が奉天で爆発して死亡)となり、列強の蚕食から逃れようともがいていました。

19世紀、インドはビクトリ女王が皇帝を兼ね、東インド諸島はオランダが領有(インドネシア)、フィリピンは米西戦争で、米国がスペインから分捕り、インドシナ半島は仏が領有、日本には東インド会社が長崎のグラバー商会を介して武器を売りつけ、内乱から国体が変わり明治維新へ、東南アジアみたいな植民地化は免れる。朝鮮半島を日清日露で得た領土権益の延長で、併合してますが、これは、アメリカが、フィリピンの反乱に手を焼いて、手が回らず、タフト陸軍長官の覚書から1924年に明らかになった事実で、東アジアの平安を日英同盟に基づいて、日露戦争の講和をセオドアルーズベルト大統領の斡旋で呑んだロシアも含めて、日本の(代理)統治を認めるというもので、日韓併合条約の調印は日本と大韓帝国がアメリカに出向いて調印しています。

クリミアも、ロシアの領有にケチ付けた英仏が、トルコの側について戦争になりました。ロシアは不凍港を求めて南下し、クリミアも古くから居住していたタタール人を中央アジアに強制移住させたうえに、スラブ民族を半島に移住させ、其の領土拡張する政策をとっています。

黒海・インド・インドシナ半島、東インド諸島(インドネシア)、フィリピン、清、日本、朝鮮半島と、アジアは19世紀から20世紀、列強に植民地化され(東アジアは免れる)、大戦後漸くに解放されてます。日本は、日英同盟のままでいたら良かったという風に思ってしまいます。

雑穀米と焼き肉で健康ランチ

品川駅構内の行列の出来るハム屋“バル マルシェ コダマ エキュート品川店” が、

生ハム、サラミ、チョリソー、オリーブの漬物、パン、スープ食べ放題

モーニングを600円で提供するという記事を読んで、早速、出掛けました。

が、駅構内に店は見つからず、本日の昼食は構内韓国料理屋[vegeけなりぃ]で、

サムギョプサル丼とミニ参鶏湯スープ、海苔サラダセットを食べる。

しめて、980円でした。ちょっとお高いかな・・

ご飯は健康的な雑穀米で、白髪葱など薬味も豊富で、此方も美味しかったですよ。

冬場に肥えた身体をそろそろしぼらねば、と思いながら、

相変わらず、コロコロしています。
手前がランチセット、奥のスープは写真です。

墨田区両国界隈女流講談の話

総武線の電車が隅田川を超えて暫くの間、スカイツリーが視界に入り、それを目で追っていると、間もなく両国駅に着く。周辺には立浪部屋や陸奥部屋などの相撲部屋が点在し、下町の風情が漂う駅東口前にある横綱横丁入口をくぐり、ものの2、3分程で抜けるとその先にお江戸両国亭はある。



両国亭で、月一度催される、(女性講談師の会)なでしこ会は人気があって、常に40~50人の(男性)観客が集まり、
講談師神田織音(御了解を得てお顔写真掲載)
写真の神田織音(かんだおりね)は、鎌倉の北条時頼が僧として諸国の実情を見て歩いた際に、貧しい暮らしぶりながら、大事に世話をしている鉢の木を燃やして客人をもてなした佐野源左衛門常世の、馬の世話を怠らずいざ鎌倉に備える、武士の心得に感じ入った噺を語る。流れるように、抑揚をつけて話す語り口と、客席で舟をこぐ少数の客を夢から引き戻す、ピシッという切れの良い貼扇を叩く音を、語りの合間にいれていくその間合いも、丁度、この謡曲を練習している我が身には、またとない参考手本になる。
宝井一凛(左)と織音
宝井一凛(たからいいちりん)は名工左甚五郎が、文無しの儘、宿に逗留し、裏の竹藪の竹で彫った、水仙の花と竹筒を、通りかかった参勤交代の細川肥後の守が50両で買い求め、それで宿代を払い、5両のみ江戸への旅銭として、残り45両は宿屋において江戸に向うお話し。宿代催促を躊躇う人の良い宿屋の入り婿亭主と、しっかり者で取り立てに亭主の尻を叩く女房のやり取りや、細川の殿様と、竹彫水仙の価値を知らぬ家臣三太夫のやり取りがユーモラスです。
女流講談師さんは、どなたも、才たけてみ目麗しく心待ちも麗しい方ばかりです。

バルト三国ラトビア製のスパイカメラ

バルト三国ラトビアの首都リガで開発され、ドイツで生産されたカメラ[ミノックス]


fc2blog_20140317142252ca8.jpg

fc2blog_20140317142312046.jpg

fc2blog_201403171425149c8.jpg

ウクライナもバルト三国もドイツ文化圏だったので、機械工学が進んでいました。

とても、小さい物で、本物のスパイが使ったカメラのようです。
中古品を取り扱う店で売ってました。

大戦後のキエフ製のドイツ風カメラ



おとっつぁんが持っていた、ドイツのカールツァイス社の系列会社

ツァイス・イコン社の作ったカメラ「コンタックス」のコピーカメラの写真です。

第二次大戦後にソ連圏に組み込まれたウクライナの首都キエフで作られた1957年製で、

カメラの前面にKIEV(キエフ)の文字が、頭にmade in USSR(ソ連製)の文字が見えます。

ソ連圏に組み込まれても、キエフ(ウクライナ)が、

技術力の高い旧ヨーロッパ・ドイツの文化圏だったことを感じさせますね。

fc2blog_20140315203200e6c.jpg

fc2blog_201403152029379da.jpg

自分探しの旅をして描いた心の宝地図

自分の潜在意識心の宝(夢)を、写真や図の切り貼りや文字を描いて、描き出す、宝地図というスキルがあり、最近は小学校でも講演されています。昨日は、宝地図発表会を聞く機会がありまして、その中でアロマセラピストの北町クリスティーヌさん(仮名)の心の軌跡と、辿り着いた【アロマ宝地図を世界に!】を紹介します。

明るい綺麗な娘さんなのに、子供の頃から弟さんと比較されて可愛くないと言われ続けて、自己否定感が強かった(そこに共感・)娘さんです。でも!!!超かわいいです。
「何をしたらいいんだろう?」その思いで、資格マニアになって、OLなのに、借金2,000万円の時期あり、でも今、アロマセラピストになって独立出来、自分らしい路を見出して輝いています。借金も返済・・。匂い、嗅覚はその97%が大脳辺縁系を通らずに、人の意識に訴える本能的なもので、人の顕在意識は約3%に対して、潜在意識は97%にならんとします。アロマに癒され、アロマで生きていく道を見つけたという嬉しい報告です。

それだけで救われる人は少ないと、西洋医学に限界を感じて、都内の病院勤務の理学療法士から、未病予防の東洋医学の鍼灸師になって、はた鍼灸院を開院した畑美幸さん(実名、ご本人の許可を得て掲載)は、「世の中(医療)をどの方向に変えたいんだろう?世の中のお手伝い何ができるのか?」それを自分の使命にしよう、使命とは命を使う事と決心し、「鍼灸宝地図」を描いたといいます。

いろんな人の自分探しの旅で描いた宝地図と、その後の人生の明るい展開話を聞くと、私の場合は、ともかく、嬉しい幸せな気持ちになります。
それぞれの心のお宝の「宝地図発表会」でした。


宝地図

身近に関わる税制と3.11震災復興の話

ブログが自分にとっては、何かなと改めて考えると、記事カテゴリーを数種設定していても、随筆風日記の様な感じだなと思ってます。ただ、日記には、何でも書くだろうが、公開ブログだから、やはり、私事は当たり障りのないように加工したりもします。

暫く、ブログの記事にアフィリエイトの文字が被さって読みづらかったのを、春休みで帰省した息子がソフトをグーグルクロームからインターネットエクスプローラーに替えてくれ、全て改善されました。息子の言葉に、「グーグルクロームは使用者が少ないので、FC2のメンテで、少しマッチせず不具合が生じたのだろう」と、ホっ(^v^) もつべきものは息子(無論、娘がおられる方は娘さん)です。


世界では、マレーシア航空機失踪の追跡や、16日のウクライナの住民投票が近づく中での、EU(NATO)とロシアの綱引きが緊迫度を増し、国内では震災から3年がたち、高台への住宅地の移転、復興公営住宅が供給される、子どもたちの心のケアをしていく必要性を、安倍総理が、会見で改めて語っています。あまりに強烈な体験は犯罪被害者のケースにあるように、心的外傷後遺症を引き起こします。

*女性が輝く社会を*の、キャッチフレーズ通りに、10日参院予算委員会では、片山さつき、猪口 邦子、佐藤ゆかり各氏の女性議員が質問に立ち、政策においては、待機児童の解消と女性の就労応援がリンクして進められ、2015年の税制改革に、世帯所得を人数割して税率を掛ける新たな課税法を検討しているといわれます。家族に介護の必要のある高齢者がいれば、主婦(主夫)が在宅であっても、家族の頭数が増え、配偶者控除に変わる、介護者控除や子育て控除といった面が前面に出てくることになります。税制は何かしらの工夫をして、生活者の負担感が公平になる課税を願いたいです。税制は、みじかに影響多い政治課題なので、記してみました。
NHK中継の参院予算委員会2014年03月を撮影

「江戸庶民文化の裏表」を判りやすく 紹介する「カルチャー講談」一龍斎貞心

相互リンクしている、英国を愛し、英国のウォーリック大学大学院で国際政治を学んだと云う翻訳業・ウォーリックさんのウクライナに関する国際情勢分析のブログ記事を読んで詳細さに*ドヒー!!*と言いながら、今日は、純和風講談記事を載せます(*^_^*)


*一龍斎貞心の会*を聞きました。
最近仲良くなった(とファンの自分が錯覚?している)一龍斎貞寿さんの師匠です。

貞心さんは、児童劇団にいて、現在も舞台に立ちます。
町興しイベント・「江戸庶民文化の裏表」を判りやすく、面白く紹介する「カルチャー講談」で人気で、芸人世界のみでなく世間が広く、物事を俯瞰してます・・。
お話は悲恋の「鎌倉星月夜」と「槍持甚兵衛」
一龍斎貞新
一龍斎貞心の貞心抄より写真引用

鎌倉御所の取り締役の美女と相思相愛の侍所和田義盛の二男朝比奈と、彼女に横恋慕する北条義時の二男との諍いが、後の、和田義盛の乱に繋がるお話、
本当だろうか?北条氏は、将軍頼家の妻子の比企氏を皮切りに、三浦氏、etc潰していってます。子どもが通った幼稚園芝西桜寺は、オランダ公使館跡で、もともと、北条時姫(まさ子義時姉弟に滅ぼさた父・時政の後妻牧の方の娘)が、剃髪して開いたお寺と伝わっていて、境内にデカイ墓があります。

貞寿さんは家康から家光迄仕えた、忠臣爺・大久保彦左衛門が、領地で江戸っ子の代名詞みたいな一心太助と出会う話。大川橋蔵演じた太助は初めは領地のお百姓さんでした。

ソチパラリンピック開幕を祝う

ソチパラリンピックが開会し、ウラジミールプーチン大統領が挨拶、

ウクライナの選手は唯1人の選手が車いすで入場行進し、

祖国がロシアと緊迫情勢下になったら、すぐに引き上げると、苦衷の胸の内を会見し、

2日目の8日は、アルペンスキー男女滑降が行われる。

アルペンスキー男子滑降座って滑るクラスで、狩野亮選手が金メダルを、

鈴木猛史選手が銅メダルを獲得しました。

メデタイことです。個人にとっても、国にとっても、・・

各国が舞台裏の政治舞台で綱引きしている現実を忘れて魅入っています。

拭えない現実は忘れて「平和の祭典」が感動と共に行われているうちに、

為政者は、落とし所を探って落としこんでほしい・

欧米の利害は常に、各時代において、地球規模で各地域と相克してきました。

結果が、熱い戦争にならなければ良いわけですから。

秋の日は釣瓶落とし=SONY

SONYが1100億円の赤字を出し、創業の本社ビルを売却するなか、

BS放送を録画する、ブルーレイレコーダーをSONY製品に決めました。

余計な機能が付いて実は肝心な部分が使いにくいパナソニックより、

良いかなあ・・と思って、M&Aされても、部品供給はされるだろうと、

甘い希望観測で・・電気屋さんの思惑にのせられたわけでもないのですが。

使ってみたら、リモコンの使い勝手よし・・。やっぱりSONYは優秀です。

役者と政治家、人が一皮むけるとき

ロシア、プーチン大統領の早業に、旧ソ連圏で抑圧されたり、民主化を潰された過去をもつ、ポーランド、ハンガリー、チェコ、スロバキアは、キツイ報復をといい、独英仏とは温度差があります。独は、天然ガスの1/3をロシアから輸入、英国は金融市場にロシアマネイが大量に入っており、フランスは強襲揚陸艦をロシアに輸出予定でそれぞれお国事情があるとのこと。(参照:NHKNEWSWEB)

今回、プーチン大統領を見ていて、人間が一皮むけて大きくなる機会というのがあるなあ、と感じる。役者の場合、大きくなるのは、襲名興行などより(あれは、興行会社松竹が大きく儲けて肥大化するのみ)、座頭として、舞台を監修して創りあげる体験の方が絶対的に影響大きいと、常々思っている。

中村時蔵が、今回の国立劇場の(普段は、菊五郎が座頭)の舞台で、一場面一場面どこを切り取っても、生き生きと自信にあふれた表情で輝いていた。いつも抑え気味の、もっというと、面白くなさそうな芸風から、一気に一皮むけた様な、輝きを見た。人間とは、こんな機会に大きくバージョンアップするのだなあと・・

比較するのが憚れるが、プーチンさんは大統領2期を務め、その後、法を改正して3期目を務めている。周到に、準備して、かつ、クリミアの住民の要望を受けてという、建前が輝いている。住民投票を3月30日から、16日に早めて行うとクリミア自治共和国の副首相が発表、手際がよい。賛否を問うのは、ウクライナから分離独立するかどうかと、ロシアに編入するかどうかというもの。過半数の住民がロシアに編入を望めば(9割がロシア語を話し、6割がスラブ民族の住民は望むだろう)ロシアへ編入される。ロシアのクリミア自治共和国となれば、黒海への南下政策は完遂する。

クリミア戦争にかまけて、1850年代に幕末の日本へのプチャーチンの訪れが、アメリカのペリーに遅れをとり、その時、英仏は衰退したオスマントルコの片棒を担いで、ロシアと黒海を挟んで、クリミアの帰属を巡り応酬していた。160年を経てまたも、クリミアは紛争が繰り返される。為政者として、さらに一皮むけたプーチン大統領が、不凍港を求めるロシアの国策に沿って、日本の資金と技術開発の見返りに、開発に金がいるばかりの、ロシアにとってはお荷物の北方領土を日本に返還する、と肚を括ってくれるよう、ソチ開会式に駆け付け親密度を披露した我が安倍首相との会見を事前セレモニーに見立てた、返還の道筋を、秋の訪日までに、手際良く考えてくれるよう、切に望むものである。





バレンタインデイ恋物語講談の話

ソチオリンピックとクリミア半島情勢で取り込んでおりました。時計の針を戻し・・
2月19日、お江戸両国亭で、講談なでしこ会(女流講談師の会)があり、聴く。

神田あおい・田辺一邑(いちゆう)、神田すず、宝井琴柑(たからいきんかん)、それぞれ一席を語り、あおいは「紀伊国屋文左衛門」のみかん船。
他の話は、バレンタインデイに因んで、恋物語でした。

一邑は、お富与三郎のその後、「与三郎殺し」
この話は、玄冶店〔(げんやだな)人形町一帯にあった幕府の医官・岡本玄冶の拝領屋敷跡〕で再会したお富と与三郎は、歌舞伎の「与話情浮名横櫛」(よはなさけうきなのよこぐし)は、所帯を持って幸せに暮らすハッピーエンドだと思い込んでおりました。講談では後日談があり、二人で強請を働き、与三郎は佐渡送りになり、島抜けしてきた与三郎が、生家の伊豆屋を訪ねると、母親の百箇日法要が営まれていた。風の便りにお富が世話になっているという親分のもとを訪ね、すると、侠気の親分は二人の時間を作ってやり4日程留守にするが、色白だった与三郎が日に焼け悪党の相貌に、すっかり醒めたお富は、細紐で与三郎を殺めてしまう・・講談は続きものですので、話の続きは次回となる。    

すずは、浅草お組の「新門辰五郎の艶話」
新門辰五郎は、芝神明宮の相撲取りと「め組の喧嘩」の話と承知していたので、講談、歌舞伎と、場面設定がそれぞれと、納得した次第です。調べてみよう。

宝井琴柑は、「坂本竜馬とお竜慣れ染めの一席」でした。

ちなみに、講談でメリハリつけて、大仰に感情を滾らせて読む個所を「修羅場」といい、リズムに乗って、歌うように読む様を「謡い調子(うたいちょうし)」という。今、張扇(はりおうぎ)叩いて、謡曲「鉢の木」で、鎌倉時代の古武士・佐野源左衛門常世がいざ鎌倉で駆けつける様子を、修羅場読みで語っております。
4月以降に発表会があり、皆様に披露いたします。楽しみです。

チェチェン紛争の壮絶?ソチオリンピック開会式の舞台裏・・

ロシアの出兵は経済に波及し、早くもロシアも含めて各国の株価下落、クリミア半島のみでなく、黒海を挟んで露土戦争で度々露と戦争してきた、トルコもリラが下落していて、さらにトルコの南に国境を接するシリアの化学兵器処分への対処法で欧米も一枚岩でないのか?シリアからウクライナまで、ずっと、南北に不穏地域が繋がっていて、日本にも企業活動で密接に関連してきているように思えます。

ソチオリンピック開会式の当日、チェチェン紛争のイスラーム過激派の女性組織「黒い未亡人」(夫や息子をチェチェン紛争でロシアに殺された未亡人の組織)を、ソチ郊外にある建物ごと軍の特殊部隊450人が発砲し150人全員射殺と云うニュースが発信されています。ホンマカイナ!!「平和の祭典」をねらったオリンピックでのテロは未然に防がれたが・・翌日プーチン大統領は、開会式の成功を受けて「このオリンピックは我々の勝利だ」と発言していました。

ロシアに進出した日本企業が多いゆえに、天然ガスなど、エネルギーの輸入をスムーズにと考えると、秋のプーチン大統領の訪日に向けて、日露関係をどのようになだらかなスロープをつけられるのか、安倍総理は、G7のメンバーと共同歩調して事に当たられるのだろうが・・。ソチオリンピック開会式で訪露、プーチン大統領と唯一人会見した首脳・安倍総理にとっても、日本国民にとっても、北方領土返還は悲願だけれど、ウクライナ紛争が秋までには沈静化して、実のある日露交渉に結びつくようにと祈ってます。

老獪なるプーチン世界勢力図を変えるか

記者クラブは本当に馬鹿で、浦和支局は秋の「ぶどう狩り・栗狩り」に記者たちが招かれて、お土産もつくそんな日常です。そして、横並び記事・・因みに、ある全国紙新聞社は浦和支局長の次の出世ルートは政治部長だそうです。

ウクライナの海軍総司令官が、ロシアに忠誠を誓うと表明し、任命されて2日で寝返りなぞといわれ、クリミア半島の基地に、ロシアの艦船が到着と云うニュースは既に発信されてますが。ウクライナと、クリミア半島の空港など、重要施設に米海軍特殊部隊が(シールズ・100人)が突撃して全滅したと云う情報があります。日本は報道しませんが・・。

クリミアだけでなく、ドニエプル川以東も親露だから、ドニエプル川に面した首都キエフは至近で、東部にロシアが派兵すると、全面対決になります。NATO対ロシアの世界の政治勢力の構図がアメリカの国力低下で変わるのは必定だけれど、財政難で陸軍を44万人に削減の米国は、ケリー国務長官が奮闘しているとの情報。米国は金欠でもう、昔日の様な復活はないだろうから、日本に集団的自衛権云々は自立した防衛力をもて、というメッセージであろう、大国に世界大戦で景気回復しようなんて目論見が働くと、金融危機の欧州と、集団的自衛権で揉めている日本は困ってしまうわけです。

老獪なるプーチンさんが、動き出した。パラリンピックを待たずに・・
納まって下さい!
相互リンクしているウォーリックさんのブログ「阿鼻叫喚」に詳細が載ってます。

2013年12月15日時点でのウクライナ情報が書かれた月刊WEDGEには
ロシア圧力でEU加盟見送り大規模化するウクライナのデモ
ロシアかEUかウクライナの東西選択 2013年12月19日廣瀬陽子
                   (慶應義塾大学総合政策学部准教授)

旧ソ連圏ブタの夜を仕切る大国ロシア

ソ連邦崩壊してから、民族紛争が噴き出て、国家間戦争や一国内の紛争はむしろ増えてますよね。チェコのプラハは飛行機で入りました。
記憶違いでした。(;一_一)。

プラハの旧ルズィニエ国際空港(現在は英雄ハヴェル大統領の名を冠したヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港)に着いて、神聖ローマ帝国の都・プラハ市街の広場に出向き、絵葉書に写されることの多いモルダウ川に架かるカレル橋の、対岸の岡を登りつめた上方に瀟洒な王宮を望みました。

その後、飛行機でウイーンへ飛び、そこから汽車に乗って、肥沃な黒土に見えたけど、国内総生産は貧しいスロバキア地方をかすめる様に通り抜けてハンガリー領内へ、車内検札がきたのは、スロバキアへの国境越えと、ハンガリー領内に入った時、個人で手配しては、好き勝手に見たいところに行く旅行なので、印象深かったです。スロバキア地方の黒土の土の香、香る畑の続く、ロシアの雰囲気の荒涼とした農村風景を目にすることが出来て、チェコとスロバキア共和国のビロード離婚も頷けました。

ハンガリーのブタペストは、市街は夜8時を過ぎたら人通りは全くなく、これで、飲食街歓楽街はどうやって稼ぐのだろうと、こっちが心配したものでしたが、旅行ガイドには、ロシアンマフィアが歓楽街は支配しているので夜の店内入店は控えるとあり納得。ここでも、大国ロシアは、旧ソ連圏東側のブタの夜を仕切っていて迫力ありました。


ウクライナの緊張

寒い日です。予報では今夕から明日にかけまた、大雪になるといいます。

昨日書いたチェコスロバキアは、ビロード革命でチェコとスロバキアにビロード離婚した国ですが、もともと、チェコのプラハは、神聖ローマ帝国の都で、ウィーンから切符を買い汽車に乗って行くと、オーストリアとの国境で、検札がやってきてパスポートチェックして、下車したプラハの中央に位置する広場より望む王宮の威容は、街並みを眼下に圧倒しながら瀟洒で、西側の様に観光化・俗化してない古雅な美しさがありました。続くマジャール人の住むスロバキア地方は、車窓にはどこまでも茶色の土壌の畑が地平線まで続く、人家とて疎らな農村であったのを思い出します。スロバキアの税収はチェコに比べて1/5程度、後ろ盾はソ連でした。

チェコは、東側陣営の中にあってプラハの春を経験し、そのとき、ソ連機甲師団に民主化を潰されて、その後1993年、ビロード革命では、ソ連圏が崩れてボヘミア、モラビアはチェコとして独立、その時、ソ連色が濃かったスロバキア地方はスロバキア共和国として独立しています。

今回の、ウクライナも、ヨーロッパであるキエフ公国と、親露のクリミア半島という地域性・スラブ民族が6割の土地柄の分離独立になるやもしれません。一瞬に多くの命が奪われる、戦火に至らぬように、祈ります。
プロフィール

imagica

Author:imagica
種別 生物
趣味 散歩と文楽と歌舞伎
文楽歌舞伎狂言の非日常性に昇華された人間性を感じます。日々のつれづれを 舞台に投影したり政治に絡めたりして書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
招き猫
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR