FC2ブログ

国際政治ニュースを読み解くには・?

ソチオリンピック見たさにBS放送受信を開始したら、NHKBS1が海外の放送局のニュースを配信していて、毎朝、チャンネルを選ばずとも、世界各国の放送局の旬のニュースに出会える果報を得ました。
お陰で、CSは映画専門ベーシック映画セット+落語CHに契約変更出来ました。

RTR(ロシア)
BBC(英国)
CNA(シンガポール)
KBS(韓国)
上海RTS(中国上海)
CCTV(中国中央電視台)
F2(フランスドゥ)
TVE(スペイン)
ABC(米国)

日本のメディアの様に、加工した2次情報でなく、世界で起きていることを、映像と共に雰囲気たっぷりに視聴できます。ロシアのRTRは、ウクライナ情勢を報じてますが、ソチオリンピックに興じた秋田犬を可愛がる柔和な顔から、元KGBの強面の顔をプーチンさんが出してます。1979年12月にソ連戦車部隊がアフガニスタンに侵攻して、ゴルバチョフ書記長の時代の1989年に撤退を終えてます。アフガンは2001年以降も苦難の道で、ウクライナが同様に大国に翻弄されない様にと思えど・・でも東部キエフの親欧とクリミア半島の親露の国民の相克は、チェコとスロバキアに分離独立したようなものなのか?同じ様な分離独立の道を辿るのだろうか?

ニュースを読み解くには、いろいろ、下地がいりますが、私の見方が当たってるのか、それも分からんほど、国際政治はシビアに、国益を掛けて、各国はダブルスタンダードで臨んでいるので、ウクライナも、まだ、背景は自分にはよう分からないままです。BSニュースは、私の世界情勢への窓枠の向こう側の景色になってます。
スポンサーサイト



確定申告と家計あれこれ・・

昨日、確定申告も済ませたので、一息ついて、今日は講談を聞きます。

我が家は、既に年金暮らしにはいってます、医療費や保険料を申告しますが、子育て中は、こどもが高校生になってもぜんそくが起こり、服薬、夜じゅう起きてあたふたし、翌朝、病院に行って吸入したものでした。翌日の昼は無論、寝てました。

親(自身)はその頃は医者にかかることもなかったのが、子が育ちきると、身体も気も緩んで医者にかかるようになり、五十肩の痛みで整形外科に、これは、左右それぞれ痛みが納まるのに1年半かかりました。痛み止めのロキソニンを飲んで、余りに酷い時は局所に注射して、それも、妊娠出産以来、血糖が高いために痛みがひどいと云うことで、糖尿内科に入院し、11%あったHBA1Cを7%台に下げて、さらには、持病で婦人科に通院してました。

それで、医療費はタクシー代含めて20万円超えてました。国民年金保険料と合わせて37万、それで、還付が18万円になりこれはウレシイ・・。

退職後に国民年金保険料を払うのは結構辛いです。年間、17万円を一括納付するので、4月は、年金吹っ飛びます。

池上線沿線

2ヶ月に1度程、東急池上線に乗車して出掛けています。

沿線には洗足池など、豊かな自然や古い史跡もあって風情あるだろうと思い

ながら、年齢のせいか、最近は途中下車して歩き回ると云うことが少なくなり、

散歩は慣れた路を歩くばかりなのは、好奇心も脚力も知らず知らず衰えて

いるのか・・、池上本門寺には、2年前の桜の季節に行き、全山桜咲き零れる様を

見て、えもいわれず見いったものでした。

上野のお山の様な喧騒もなく、全山、桜で飛鳥山より桜の本数も多く見事です。

吉野山の上中下千本の桜を思い出します。

もう、1か月で桜の季節になります。

今年も深山幽谷の風情の桜咲き零れる池上本門寺の山桜を見てみたいものです。

「僕の( ^)o(^ )を食べて!」     リアルアンパンマン!!

2月14日、山崎製パンの運転手さんが、大雪で身動きできない車のドライバーにパンを配って、リアルアンパンマンと化したニュースが話題になりました。これは山崎製パンが自社配送をしていて、ドライバー判断で積み荷を配れるがゆえです。

創業者の飯島延浩氏のポリシーが、自社物流にこだわることで、大学時代に勉強した、イギリスの産業革命時代の石炭産業の衰退が、水路・海路・陸路と時代と共にあった物流の変遷にあり、物流を手放さないことが自社事業をより発展させるというもので、その自社配送スタイルは、現在のメーカーが物流機構に組み込まれるのとは一線を画すのだそうです。

緑ナンバー(運送業者)に委託する企業の配送は、荷主から預かった積み荷を、届け先に届けるまでが仕事なので、途中放棄はできないのです。

凍える雪の中、温かいリアルアンパンマンの心持・機転ですが、そんな企業風土が下地にあるのですね( ^)o(^ )、飯島氏は敬虔なキリスト教徒でもあるそうです。

参照 大雪の日、リアルアンパンマンになった山崎製パン 編集委員 田中陽                                 日経新聞2014/2/25 7:00

ソチ終わりパラリンピックが始まります

雪豹(ひょう)が励まし、白クマが息を吹きかけて、聖火は消え、ソチオリンピックは終わりました。88カ国、2800人を超えるアスリートが集い、7競技、98種目が17日間に渡って繰り広げられた熱い人間ドラマを、毎日夢中で見てました。

感動・勇気・希望をもらった、アスリートたちのドラマソチ五輪・・。
3月7日からパラリンピックが始まります。
また、あらたな、感動をもらえると思います。

義務教育は小中学校にヒマワリ(心身に障害を持つ児童生徒の)学級があり、新任者は最初の赴任はこの学級で仕事をして、1~2年後、普通学級に赴任するケースが多いです。だから、教員の意識はバリアーフリーになってきてはいるのですが、どこの世界も玉石混合で、いじめを見て見ぬふりする教師がいるから、命を絶つ子もいるわけです。ヒマワリ学級で、肢体不自由や知的にしょうがいをもつ子たちの、生命力あふれる一途な姿、生活に、食事をとるのにかい添えがいる、等を、一生懸命こなす姿にふれて、妙に自分の利己心があぶり出されたようで、これは、感動だと、それは人生の小さな分岐点にもなった記憶があります。次の分岐点は自分の子供をもったとき、ターニングポイントは45歳頃か、人生の残りの時間が実感されて、無為な時間が減った・・人生の後半は、結構熱く生きています。( ^)o(^ )

アスリートの姿に勇気・感動・希望を もらいスポーツ振興策に大手!!!

昨夜と今朝、フィギアーエキシビジョンを見て、高橋大輔選手の「ブエノスアイレスの春」の音楽にのって踏んだステップに見惚れました。華がある人だなあ・・町田樹選手の、メガネとマフラーを外し、ロックスターに憧れギターを無茶弾く趣向の振り付けも、楽しめました。金ヨナの「イマージン」にのっての氷上の舞は、振り付けが巧い、ヨナの裏方さんは音楽にしろ、振り付けにしろ、チームコーチング技能高いなあと思います。ロシアのユリア・リプニツカヤのエキシビジョンの演技は、正確なジャンプに柔軟な肢体を存分に使ったスピンの美しさ、演技全体が圧巻で感動感動感動!!!でした。この人の4年後が心底、見てみたいです。

真央ちゃんはエキシビジョンで、笑顔でいる事の素晴らしさを届けたかったと伝えました、彼女のショートの後のフリーの演技に感動をもらった人は多いと思います。元オリンピック代表の女子選手が、今朝のNHK日曜討論で、
「敗者の気高さにアスリートの尊厳を見た」と表現しました。その通りだと思います。私達が、アスリートの姿を見て感動をもらい生きる希望を持てる、スポーツとはそのように素晴らしいものという思いを、ソチで私も新たにしました。今夜で閉会式、寂しいですね。日夜、ソチオリンピックを見続けていただけに。(;一_一)

日曜討論で前出のアスリートの側から、メダルのみでなく、今回の浅田、高梨、上村選手らの姿から、人々に伝わったものは素晴らしい!トップアスリートがセカンドキャリアに不安を感じている現状をどうするか?一案として、地域のスポーツ振興に、トップアスリートが入っていけるシステムを作るのを提案、具体的には、放課後、スポーツクラブに通う欧米に比べて、学校の部活に頼ることの多い日本にあったスタイルは、部活や地域スポーツをトップアスリートがコーチする(^◇^)

下村文科相の思いも、アスリートの姿に感動と勇気をもらいそれが、人々の生きる希望へと繋がるスポーツ振興は、いじめ自殺をなくそうとしている教育改革にもシンクロしていき、さらには、現下の医療費の4兆円分は生活習慣病に起因しており、疾病予防になるスポーツ振興を通して、医療費をスポーツ健康予算へと収斂させていこうというもの。そんな夢あるスポーツ振興策(スポーツ庁の設置・スポーツ振興予算の増額)を現実の俎上にのせ、継続してきた医療・教育改革論議の一里塚ともなったソチオリンピック、ちなみに、現下のオリンピック予算は111億円です。

 オリンピック選手強化 補助金制度有効活用へ措置NHKNEWSWEB 2月23日 12時43分

真央をねぎらい金ヨナの目に涙「最後のメダル授与式」

昨朝、テンプレートが無くなってブログが丸裸になっていて、新しいテンプレートにしました。

フイギュア女子フリーの採点に関して、不正だと云う抗議の声が高まってるそうですが、ソトニコアのジャンプは高く素早くかつ、美しかったです。着氷の際に揺らめいたのは、ジャンプの減点にはならないので、力強い演技の金ヨナとのジャッジには、一応は納得しています。

問題は、浅田真央選手が、世界で唯一人しか跳べないトリプルアクセルを含め、6種類8回のジャンプを完璧に跳びながら、そのテクニカルスコアが、ソトニコアと金ヨナより低く抑えられたと云う点です。

その金ヨナは、注目され続けた真央をねぎらい、会見で涙をみせました。

(引用)「浅田は日本で、わたしは韓国で最も注目を浴びたフィギュア選手という共通点がある。その選手の心情を私も理解できると思う。浅田が泣きそうなときは、私もこみ上げてくる」とねぎらいの言葉を掛けた。

 ジュニア時代からライバルとして争い、タイトルを分け合ってきたが、ともにこのソチを最後の五輪としている。「もうそのような競争はしなくなる。私たちのように比較され続け、ともに競技した選手はたぶんほかにいないだろう」と話した。(引用終わり)
金ヨナは涙をぬぐって真央とシンクロした競技人生と心情を語ってくれました。

キム・ヨナ、注目され続けた浅田ねぎらう日刊スポーツソチ五輪 2014年2月22日5時9分
ヨナの目に涙「最後のメダル授与式」日刊スポーツソチ五輪2014年2月22日7時58分

”ソチ5輪10”真央ちゃん、6種類8回のジャンプを演じきる

20日の記事の「無残・・」と云う表現は語弊がありました。反省( ..)・・云いたかったのは1位は2位に比して、物凄いプレッシャーを受けると云う事です。書き直しました。→「重圧に崩れる」

団体で完璧だったロシアのリプニツカヤもフリーで、そのプレッシャーを受け、2番手で団体出場をリプニツカヤに譲った、ソトニコアの演技はジャンプも高く速く、また、演技の美しさが圧倒的でした。金ヨナの演技より、私は美を感じました。
ソトニコワは金メダル・・。

真央ちゃんは、ショートの後、寧ろスッキリとした、強い闘志を秘めた表情で素晴らしいフリー演技を演じてくれました。6種類ジャンプ全て見事に跳びました。

ハイレベルな演技が並び、昨夜も、今朝の地デジでの録画もTVに釘づけになってました。素晴らしい余情醸す滑りを演じた選手一人ひとりの培ってきた4年間の苦しかった鍛錬と心の葛藤、闘志それらをすべて呑み込んで「ソチへ」の思いのたけを込めて、滑りきり演じきった、一人ひとりに心から拍手を送ります。

ソチ5輪9”フィギュアー女子ショート”真央、重圧に崩れる・・

女子フィギュアー、ショートプログラムは

村上佳奈子選手(19歳)は、ジャンプが1つ、シングルになってしまい、15位

でも、それ以外は、ジャンプは高くキレがあり、ビールマンスピンも見事に綺麗

で、2013年世界選手権4位と云う実績に頷けました。次回に期待。

鈴木明子選手も、柔軟に華麗に演技を纏めて、8位60,97点、

フリーが得意なので嬉しい。

ユリア・リプニツカヤ=ロシアはジャンプトリプルフリッツで転ぶミス以外は

素晴らしく、花束の嵐で5位65,23点

アデリナ・ソトニコワ=ロシアが、リプニツカヤの後を受けて、

カルメンの音楽にのって全て完璧にジャンプを決めて演じて2位74,64点は

最終演技者の前の出順で素晴らしい精神力です。

浅田真央は、ソトニコワへのロシアコールがワレンバカリの雰囲気に

のまれたか、ジャンプを全ミス、転んで、16位で、

この後はフリーで自分が納得できる演技をしてほしいです。

真央ちゃん腰はスケート以外、私生活は四つん這いだったりの状態だそうです。

ゆえに、ソチで終わりにするのです。私は動ぜずに滑りきった、村上佳奈子と

鈴木明子さんの精神力が凄か!と思いましたが。

真央ちゃんは佐藤コーチに変わり、力強さを身につけ一番苦しい4年を

乗り越え、本番は、韓国応援団が掛けてきたプレッシャーと、直前のロシアの

ソトニコアの出した高得点のプレッシャーに呑み込まれたと思います。

今シーズントップの実績だったゆえの不幸です。

“ソチ5輪8“竹内智香選手スノーボード女子銀メダルおめでとう

スノーボード女子パラレル大回転

予選1位だった竹内智香が決勝トーナメントへ進み、決勝はクンマー(スイス)と

1回目は0,3秒上回り、2回目に転倒・・日本女子初めての(銀)メダルです!!

冬のオリンピックのスキーやスノーボード、フィギアーと云った競技は、

観て印象に残るショー的要素があり惹きつけられます。

この後、夜11時40分より、フィギアー女子シングルショートプログラム・・

浅田真央選手は、長年の疲労蓄積で腰を痛め、

自宅の生活では四つん這いで階段を上がることもあるそうです。

バンクーバーオリンピックの後、

氷を蹴るごとに、ぐんぐんスピードが上がっていく、伸びのある滑りを目指しました。

(中略)しかし、スケーティングとジャンプはなかなか両立しません。

オリンピックシーズンに入り、積み重ねた努力がようやく実を結び始めます。

プログラムで注目なのは、滑りの中で一瞬、動きを止めてためを作り、

すぐにまたスピードを上げてステップに移っていく動き。

一蹴りの力強さが増したことでできるようになった動作で、

演技にメリハリがつき、表現力はさらに豊かになりました。(引用)

ソチ五輪 現地リポート フィギュア女子3選手に期待 NHKNEWSweb
2月17日 20時30分 丸山祐樹記者


「オリンピックの演技を終えた時、笑顔で終わっていたい」と答えた

真央ちゃんが、力を出し切って、納得いく演技が出来るよう祈ってます。

山梨の雪被害に思う

山梨県では、中央自動車道が開通して、輸送路は確保された様ですが、

一般道がまだまだ、除雪が進まず、食糧燃料の不安を訴える声が出ています。

こんな時に、いつも、自衛隊が頑張って災害救助に奮闘してくれます。

孤立した地域への輸送路確保する為の除雪、空中から物資補給や怪我人の搬送等

大震災の時も8万人が夜を日に次いで人命救助に当たってくれました。

仕事云々を超えて、泥水につかり、放射能の中を、涙ぐましかった・・

それで、平時に、軍隊かどうかと不毛な議論を吹っ掛けるのは、

やめにして欲しいと、常識ある国民は思うはずです。

票が増えても、そういうところが、共産党と社民党は不信感いっぱいなのです。

にしても、都知事選で、田母神さんへの支持の多さには驚きました。

共産党推薦候補と細川さんがそれぞれ98,95万票だったのに対し、

どうどうの60万票でした。

田母神氏の(都知事選には直接関係ないが)国防の考え方には、賛同してます。

田母神氏の名言

「発言に慎重さが足りないと言われるが、私に足りないのは身長」

自衛隊幹部中ではユーモア感トップと自負していて、ちなみに身長162cm

大柄な陸上自衛隊でなく航空自衛隊に入隊は正解だったようです。

心を耕す教育委員会改革と道徳の扱いであって欲しいです

オリンピックは地デジは深夜に放映してることが多く、必然的に昼間はBSばかり見ていましたが、今日は地デジで衆院予算委員会中継を見ていました。団塊の世代が後期高齢者になる2025年問題の介護、年金の答弁で田村厚労相の出番が多いですが、その答弁は人間性が窺えて私は田村厚労相に好感をもってます。

安倍総理が力を入れている教育委員会改革について・・、A案B案C案とあり、C案を自民党文部科学部会で議論して、その後に公明党とのすり合わせをする行程で、改革案は、いじめ自殺などが起きた際の迅速な対応を可能とする狙いがありますが、1年間に児童生徒が100人以上自殺する、異常なその状態をどうにかしたいと云うのが安倍総理と下村文科相の強い決意の動機なのだと思います。

体験からいうと、教育委員会(複数の非常勤の委員で構成される)、そのトップの教育委員長、そして実務方面の常勤の教育長がおり、教育委員会委員は地域の名士である場合が多く、教育についての見識がさほど深くない方も含まれており、かたや教育長は教員・校長を勤めあげた人物で、この人が、実務を仕切っているのですが、これも人物次第で、教員の村社会どっぷりの人ならば、プロの見識において教育委員を啓蒙して、リードしていくこともできませんし、摩擦を避けるという自己抑制も働きます。自殺した生徒の通う学校の校長が「いじめは無かったと認識している」と、シレッと語る会見の放映を幾度となく見ています。

C案は教育委員長と教育長をMIXして代表教育委員として、その任命罷免権を首長がもつと云うもので、首長の任期4年に対して、代表教育委員の任期2年の案では、首長の権限が大きくなり過ぎるのではないか?と不安視されて、任期はまだ、詰めてる状況と云うもの。責任の所在を明らかにして、いじめと児童生徒の自殺をなくしてほしいはやまやまで、人間の世は学校におるうちから、弱肉強食のみとは思いたくはないですが、筆者は高2の折、1,2,3年に在学する生徒が1名づつ自殺する体験を経ています。友がいたら、彼女らは死なずにすんだのか?

教育問題で答弁する下村文科省も、奨学金を受けて就学し、その後、塾経営をした方なので、安倍総理と共に、教育改革に真摯に取り組んでおられて、道徳を特別の教科(現在は教科でない)とする方向に中教審に諮問したというのも、その現われですが、道徳はどう取り扱っても、あまり機能していないと感じてます。週一度の授業では心の陶冶、血肉にはならない、私立学校の宗教教育とは対照的で、公教育は特別な宗教に関与できない憲法の規定とはいえ、心を耕す情操教育に繋がる道徳のあり方は、公教育の現場では永遠のテーマでもあるのです。

ボヤキは未だに写真画面が妙で、写真がアップロードできません。突然そうなりました。加齢との戦い・膝痛回復日記のまりリンゴさんもPC画面が出てこないと書いておられたから、似たようなものだろうが、本当に扱うのが面倒かつ、面白いのがITで、自在に使いこなす若い理系男女がうらやましい(--〆)です。

最強囲碁ソフト“ZEN”全敗を免れる

2月11日(火)
プロ棋士の全勝に終わった第1回囲碁電王戦第1日目、9路盤三番勝負。
2日目となる2月16日(日)の対局は、アマ七段江村棋弘が、最強囲碁ソフトZenと13路盤三番勝負に挑むほか、
ついに登場する19路盤対決に政治家の小沢一郎が挑戦します。

初日に続いて大盤解説を、午前9時(開場8時半)から武宮正樹九段(解説)、
井澤秋乃四段(聞き手)でニコファーレ(六本木)で開催。
どなたでも無料で観覧できます!”

ニコ動の広告につられて講談塾の帰途、六本木ニコファーレに寄って、囲碁観戦しましたが、スタジオの三方に対局が映し出され、対局は市ヶ谷の日本棋院でされていました。結果は、江村棋弘アマ7段が全勝、政治家代表小沢一郎アマ7段はスッキリスパッとさす筋で、負け。風邪ひいて鼻をかみながらの対局でした。

”ソチ5輪7”羽生金メダル!角刈り頭アボットもあっぱれ!

フィギアーは美しいに越したことはないけれど、私は、実は、スキージャンプの様にひたすら高く遠くへ距離を伸ばすみたいな、モーグルの様に雪原のコブの衝撃を膝のクッションが吸収して前へ前へと出る様な、また、クロスカントリーの様に、ひたすらスピードとタフさを競う様な、芸術点無しの超!競技も実に面白いと感じてます。

ショートプログラムで転倒し、壁に激突しながら、その後の演技が見事だった、アメリカのジェレミー・アボットが、フリーで見事に演じきった、そのスピードときれのある高いジャンプは、芸術面の要素を考える煩わしさのない、まさに、アボットの角刈り頭の様な男子の演技であっぱれでした。アメリカは最終演技者ジェイソン・ブラウンもモット点が出てもよいと思った出来だったです・・

羽生結弦君が前半ジャンプでミスしましたが、それ以降は完璧にジャンプをきめ、スピンは柔軟に華麗にビールマンスピン、荒川静香ばりのイナバウワーまで披露して、観るものを魅了し、ワールドカップ3連覇の2位のパトリック・チャンが羽生の次に演じるプレッシャーからか、羽生を上回るミスをして、羽生が、技術点87,66、演技構成点90,98を出し、178,64点、ショートプログラム101,45と併せて280,09点で、金メダルを獲得しました。これから、どんどん磨かれて更に高みに登っていくと確信した卓越した技能と精神力でした・・アッパレ!!

写真アップロード画面が何故か白紙に近い状態で写真がアップロードできません。こんなこと、あるんでしょうか???今日は、用意した結弦君も高橋大輔選手も、アボットも、写真ない・ネタの無いシャリのみの寿司みたい状態です。

”ソチ5輪6”新旧交代でもプルシェンコは最高!

男子フィギア個人ショートプログラムで、エフゲニー・プルシェンコ(31歳)の出番で、アナが朝の練習を10分しかしていない、演技前の6分間練習で、ジャンプの後に腰を押さえていたと云うその解説を聴いて、表情から腰が痛くて演技が出来ないのではと不吉な予感がしたら、その通りの棄権、引退発表になりました。
プルシェンコ棄権を告げるプルシェンコ

羽生結弦(はにゅうゆづる・19)が切れのある高いジャンプと、長い四肢での豊かな表現力、スピンも身体が柔らかいから速い、史上初の100点越えの101,45点、オリンピックの緊張感を楽しんでいる度胸の良さをもつ19歳は、腰の痛みで棄権した皇帝プルシェンコに憧れてスケートを始めたという。その結弦君との新旧交代は、避けられない人生の必然ではあるけれどなんとも切なく感じます。団体戦で、千両役者プルシェンコが見せてくれた優美で高度な氷上の舞が目に浮かびます。プルシェンコは最高!!自分にできるスケートで、被災した故郷仙台の人達を励まそうと誓った羽生結弦君のタフな精神力も素晴らしきかなです!
男子フィギュア羽生2羽生結弦君4回転ジャンプして着氷


”ソチ五輪5”フィギアペアとノルディック複合ノーマルヒル

フイギアペアーはロシアが金銀メダルで、その演技は圧倒的、溜息が出る美しさでした。
金メダルはタチアナ・ボロソジャル、マキシム・トランコフ組236,86点
ソチフィギュアペア金メダル

銀メダルはストルボア・クリモフ組218,68点
ソチフィギュアペア銀メダル
3位のサブチェンコ・ゾルコビーペアもカナダのペアの演技も素晴らしかったですが、最終組間際のロシア2組は技術も美しさも群を抜いていました。

ノルディック複合ノーマルヒルで、渡部暁斗(わたべあきと)選手が、ジャンプで100,5Mを飛び2位、後半のクロスカントリーは最後の50Mでドイツのフレンツェル(世界ランク1位)にかわされて金メダルを逃すが、素ッ場らしい飛翔とパワー溢れるスキーでした。こちらも、圧巻!!
ノルディック複合ノーマルヒルジャンプ渡辺暁斗ワタベアキト_convert_20140213172908

”ソチ五輪4”ジャンプ女子ノーマルヒルを観ていた一日

ソチオリンピックを見たくて,今朝、あわてて、BS放送受信できるよう、近所の電気屋さんに、2002年まで観ていたBSのアンテナからの配線調整して頂きました。それで、デジタルの衆院予算委員会見たり、ソチオリンピックの高梨沙羅4位となったのジャンプ女子ノーマルヒルの様子を見たりしていました。

衆院予算委員会の朝早々の、安倍総理の答弁に、百田さんだか、籾井NHK会長?だかが云い放った「人間の屑」発言の真意に関して、「直接は聴いておりませんので発言は差し控えたいですが、わたくしなぞも、さる夕刊紙では・・。」と、笑いを誘っておられた・・。日刊ゲ○○イのことか?

雪も主要な歩道は雪かきされて足元も危なくなく、都市インフラは快適に機能してます。末っ子のいる地方は積もった雪も夜間の寒さに凍って、氷魁に足元を取られていまいか、後期の試験はどうなったのか?母親だから、2,3歳の小さい頃のつなぎのベビー服の三頭身姿の赤ちゃんと、重なって、今も可愛くて、ひたすら案じてしまいます。

五輪ジャンプ女子ノーマルヒルで高梨沙羅選手は4位になりました。ずーっと、世界選手権で優勝し続けオリンピックで金メダルを期待されてた人が、力を出し切れずメダルに届かず?それまで、世界選手権の勝利とも、無縁だった人が、オリンピックでメダルをとる事がままあります。オリンピックの不思議とでも言うのでしょうか?五輪には魔物がすむとも言われてきましたが・・。

ソチ五輪 沙羅残念メダル届かず4位[日刊スポーツ 2014年2月12日4時9分 ]
http://www.nikkansports.com/sochi2014/skijump/news/f-sochi-tp0-20140212-1256328.html
高梨沙羅4位

長い人生は山もあり谷もあり、時間はかかっても、立ち直って、未来に希望を持って励んでいってほしいと思います。みんなが応援しています、ドンマイ!

男子モーグルのアレックスビロドウ(カナダ)の技に感動!

加藤条治加藤条治の滑り
スピードスケート男子500メートルはオランダが表彰台独占し、加藤条治が
5位、今回でオリンピック引退する長島圭一郎選手が「オランダとの差が開いちゃったかなと思います。オランダ勢に先行かれてるなという感じで見てましたけど。いろいろあった4年間というか、経験できないこともできたんで、それはよかったですけど、結果がついてこなかったんで。いやもう、悔しいです。情けないですけど。申し訳ないです」と語って悔しさをにじませて6位でした。

モーグルカナダアレックスビロドウ
アレックスビロドウのエア(ジャンプして空中妙技)
モーグルカナダアレックスビロドウ2
アレックスビロドウ3
カナダアレックスビロドウ4ゴール

スキーフリースタイル男子モーグルの決勝で、カナダの AREX BILODEAU(アレックスビロドウ)が素ッばらしいターンとエアをみせて金メダル、見ていて、肌に粟粒が生じる程の感動!カナダは1,2、4位、ロシアが3位でした。

素晴らしいターンとエアなのに何故に上村愛子は4位か!

女子ショートトラック3000mリレー準決勝
ソチオリンピックショートトラック女子3000メートルリレー準決勝は
1位中国 2位イタリア 3位日本の順・流れるようなフォームで氷上を滑っています。
 
女子モーグル決勝上村愛子4位
女子モーグル決勝は上村愛子選手の滑りのカービングターンは、膝の屈伸が雪のコブの凹凸を吸収して見事でした、ジャンプして空中での妙技(エアー)も素晴らしかったのに・・
モーグル上村愛子エアー拙いIphone写真で済みません
長野オリンピック 7位
ソルトレイクシティオリンピック 6位
トリノオリンピック 5位
バンクーバーオリンピック 4位
そして・・ソチ 4位
「なんで1段1段なんだろう」そう言った言葉通りにならなかった最後のオリンピックは、見た目はどうしたってミスなくターンもエアーも素晴らしかった、「上村選手がメダル」「採点やり直して欲しい」との街の声には私も同感です。

午後6時現在 都知事選投票率31・81%

都知事選投票率31・81%…午後6時現在読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140209-00000144-yom-pol

昨夜の大雪で、足元の雪塊が凍ってようやっと歩いて200メートルの投票所に行きました。これでは、高齢者は、投票に行けません。
また、デモシカな有権者も投票に行かないだろう。

投票に行った人々は、明確な政治への意思をもった人々です。
結果はより民意を反映してるといえます。
4割の有権者の明確な政治への意思とは・・??

”ソチ五輪1”コメント承認知らずに申し訳ございません(;一_一)

大雪です。
ソチオリンピックの開会式の放送も、地上デジが乱れて
しょっちゅう画像が途切れていました。
マンション外廊下の大雪大 雪

ソチオリンピック開会式ソチオリンピック開会式日本選手団

フランスそちオリンピックフランス選手団


相互リンクして頂いている「気道戦士咽頭癌ダム」さんから、お叱りを頂きまして、何がどうしたかと云うと、頂いたコメントが掲載されていません。メールアドレスに送信されたFC2ブログ経由のコメントの“報告する”URLをクリックして、それで、ブログ記事のページに掲載されるとばかり思ってました。

あっちこっち、ひっくり返したら、“コメントの管理”ページのコメントの一覧の隣の迷惑コメントをクリックしたら、なんとそこには、頂いたコメントのほとんどが入ってました。すなわち、これを承認しないと、ブログ記事ページに掲載されないと云うことを、今回、検証しまくって初めて知った次第です。ハハ・・

(--〆)と云う訳で、咽頭がんダム様、真に済みませんでした。これに懲りずに、以後もよろしくお願い申し上げます。他の皆様も・・(;一_一)

ソチオリンピック開会式と日露連携に向け安倍総理が訪露

ソチオリンピック開会式に出席する為に安倍総理が今日、訪露します。

雪が足りない、施設の完成が間に合わないとニュースになるソチですが、

柔道アスリートのプーチン大統領が音頭をとって、

全土で禁煙(受動喫煙防止)法を成立させました。

五回目の首脳会談は、日露友好と経済協力について語る様、

1997年の故橋本龍太郎、2000年森喜郎内閣についで、平和条約締結(その後に

北方四島の帰属が決まり返還への道筋がつく)への3度目のチャレンジです。

読書日記9「中原の虹」三巻

寒い一日でした。日がな、読書していました。

中原の虹 第三巻中原の虹 第三巻

浅田 次郎


1908年、西太后と光緒帝が同日ほぼ同時刻に亡くなり、3年後、1911年、孫文は三民主義を唱えて武昌で革命蜂起して、北京・天津を含む都のある直隷省とその周辺のみを残して革命政府が樹立する。北京の幼帝溥儀の父の醇(じゅん)親王(光緒帝の弟)が摂政だけれど、三方を国民党軍に囲まれ、万里の長城を超えた満州東北三県は張作霖の膝下に入る。四面楚歌のなか、故郷の河南省項城に一度は隠遁した傑物・袁世凱将軍を復権させて北洋陸軍の指揮を委ねて、弱小皇族政権の延命を託すが・・袁世凱は内閣を組閣した後、1916年皇帝即位し、国民の反感で退位して憤死!憎めない処のある傑物です。

光緒24年1998年、戊戌変法(ぼじゅつのへんぽう)で、失敗し亡命した梁文秀は日本で早稲田の講師を務め、学者として逼塞して暮らすが、そこに軍学校に留学し高田連隊に勤務した蒋介石が訪ねてきて、戊戌変法の気概に触れ、帰国後は救国済民の為に戦うと、文秀の手を握り気を貰う・すなわち、中国の気功です。

「大切にしてください。君が革命の動力とするこの志は、私のものではありません。亡き光緒陛下の大御心です。」革命家に清朝変法派が語る愛国の思い・・
「是シイ、遵命ソンミン、かしこまりました!」

孫文の後を担う江南の蒋介石は、のちに北伐を行い、江北と直隷省を統べる北京政府の満州馬族・張作霖と睨みあう。天命を持ちながら、内戦を避け満州に帰った張作霖は、国を植民地化させずに列強から守り抜いた、民衆に慕われた英傑で、その張作霖爆破事件が歴史を大きく揺さぶっていくのは必定と思えます。


参院予算委員会レポート1

参院予算委員会は9時から夕方6時まで、終日質疑を取り交わしていました。

うち、日常生活に即影響あるなあと思ったものをあげると、

羽田雄一郎さん(民主党)は、自動車取得税の減収分を賄うことになる軽自動車税の増税は、地方住民の足と世帯の家計負担を直撃すると質問するが、軽自動車は世界には他に例がなく日本のみの制度だと云うので、しかし地方に住む人は不便になるなあ、と・・承知せざるを得ないのでしょうか・・。

大家敏志(おおいえさとし・自民党)さんは、難病は現在56疾患が指定されてますが厚生労働省『特定疾患治療研究事業対象疾患』、それを300疾患に拡大して医療費助成を行うことについて質疑。潰瘍性大腸炎と云う難病で苦労したと話す安倍首相も、

貿易収支の赤字化
エネルギー政策
国民生活を苦しめる消費税再増税10%を経済状況を勘案しながら年度内に結論を出すと答えるそばから、株価が14000円台前半まで急落・為替は1㌦101、21円に急激な円高にふれている
TPPは特別委員会の立ち上げの要請あり
特定秘密保護法案施行まで1年余り、見直しの余地は・・?
積極平和主義の解釈について、日本と関係なくとも同盟国の戦地にまで行くの?
名護市長選で示された民意に反して辺野古の埋め立てを急ぐとは何事か!
と、畳みかける質問の中で、難病300疾患に拡大については余裕の答弁でした。

衆院予算委員会レポート2 ゾンビ予算命名の由来は?

衆院予算委員会を聴いていて、多岐に渡る質疑の中で、

玉木雄一郎さん(民主党・無所属クラブ)の質問にゾンビ予算がありました。ゾンビ予算とは一般会計で無駄な予算を削ったのを、補正予算で名前を変えて復活、死んだものが復活するゾンビ予算と云うことになります。予算を使い切れない事業を無駄と消し、それを役人が補正で復活させ、その余った拠出金はそれぞれの団体にたまったまま基金化すると云う仕組みです。

小泉内閣の塩川正十郎財務省が「母屋(一般会計)が、お粥を啜っているのに、庇の下(特別会計)ですき焼き食べてるようなもの」と揶揄したものです。

ジェネシスという事業は、当初予算に65億円あったものを、補正でさらに150億円付けて、アジアから35000人規模の留学生を招くというもの、目標達成率は2割の7300人で、剰余金は事業主体が溜め込んでしまう。

地域商店活性化事業「にぎわい補助金」は100億円の予算を1/2消化し47億円を残しながら、H24年度補正で「補助金の歳末大売り出し」として予算再注入。

“秋のレビュー”
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/actions/201311/06gskaigi.html
“行政改革推進会議の下で各府省の取組を厳しくチェック、事業内容の改善を図る”のが“秋のレビュー”、55事業、4800億円の無駄を削りながら(稲田行革相が頑張る)、役人によって3600億円が補正で復活、その中には、

H26年度予算で、「スマートプラチナ社会構築事業」は、困ったもんだ・・
http://www.soumu.go.jp/main_content/000219885.pdf
全ての 世代がイノベーションの恩恵を受け いきいきと活動できる超高齢社会を目指す)は概算要求22億円で予算は2億円のみ、なのに補正で16億円を付けてゾンビ復活させている。削った意味がない。行革が見掛け倒しになってしまい予算が膨らむ一方なのは、役人本位のこういうからくりがあるがためですねェ。

衆院予算委員会レポート1 医療費・農政・河野談話

2月3日午前の186回通常国会衆院予算委員会は、日本維新の会が質問でした。
面白かった質問は

社会保障では、医療費の不均衡の問題で、69歳までは3割負担、70歳~74歳までは法律では2割であるのに、1割しか負担していない、これにより、2000億円拠出、未就学児児が2割、就学児は3割負担している現状は、未来を背負う子供たちに厳しく、高齢者に甘過ぎでないか?(これは、選挙権を持つ高齢者に甘いと云われても仕方ないのでは・・。)4月から70歳~74歳は2割負担になりますが、低所得者の負担に上限を設けるようにして、負担は法律通りにするのがベターと、思えます。幼保一体化も省庁の壁を越えて推進しよう。

農政では、安倍総理が米の減反政策を廃止すると唱え、農林族議員や農家が混乱している。農産品輸出額が増え続けたフランス・ドイツなど世界の趨勢と違い、日本は減反政策をとり、農産品輸出を増やさなかったのを、ここにきて転換。美味しい品質の良い日本のお米は、世界で(香港で)高値で売れています。日本は、750万tの備蓄米を飼料用米にし、種籾にして、備蓄米を解消して減反政策に突入、農家には転作奨励金(これは維持、個別所得補償は廃止)やらで対応してきましたが、ここにきて転換。冷温貯蔵施設の技術や、流通が可能になり、更に非関税障壁をどうするのか?こうした壁を越えて美味しい安全な日本の農産物を輸出し、世界の人に味わってほしいと思います。と、書きましたが、減反政策転換とはいえ、複雑な内部構図があるようです。転作補助金を残したまま強いコメ農業は作れない。
  
減反廃止は名ばかり、迷走を続けるコメ農政  週刊東洋経済
http://toyokeizai.net/articles/-/27151

さて、NHK会長の失言が問題視されていることを切り口に、
「嘘をつく報道の自由は認められますか?」という、のけ反る質問をした女性議員・杉田水脈(みお)氏は、従軍慰安婦を巡る諸事情について、外務省は否定するが、河野談話は、当時、韓国と相談しながら談話を作った(捏造した)と云う報道があり、ならば、河野洋平元官房長官と、談話を対韓捏造と報道した報道機関の証人喚問を要請してきました。理事会で協議してはて、どのようになるのか?

身も心も寒い一日でした

ちょっとショックなことを聴き、身も心も寒い一日でした。
道に繋がれた犬も寒そう・・。
20140202三田通の犬

お夕飯は、鶏の水炊きに、かぼちゃの甘煮、鮪と鯛とサーモンのお刺身、海苔餅にワカメの酢の物にサッポロ黒生で乾杯です。温まりました。
20140202夕ご飯

読書日記8「中原の虹」二巻


中原の虹 第二巻中原の虹 第二巻

浅田 次郎



二巻を読み始めました。

歴史は、光緒帝が親政を始めながら、急進的な康有為(こうゆうい)らが、朝令暮改(命令や政令などが頻繁に変更されて、一定しないこと。)を繰り返し親政の戊戌変法が世に受け入れられず孤立し、西太后暗殺を試みて失敗、西太后は、寵臣永禄将軍(太后が宮廷に上がる前の許婚者、最後の皇帝・溥儀の父は光緒帝の弟、母は永禄の娘)と袁世凱の軍を動かしてクーデターを起こして、皇帝を幽閉し政治を旧に復していた。科挙制度は1905年に廃止される。

という表向きの歴史でなく、小説は、我が子(同治帝)に似た甥の光緒帝を太后は愛し、1898年の戊戌の政変以来10年経った1908年、母子の情で互いに結ばれながら、病み衰えた清国を必死に延命させた女傑の母と、今はそれが分かる息子の英明な光緒帝を繋ぐ人々、大宦官・李春雲(春児・チュンル)と、紫禁城の天安門の南東に拡がる在外公館や外交人居留地の東交民港の新聞記者たちに助けられ、幽閉されたままの光緒帝と、西太后はテレグラム(電信)で連絡を取り合っている。

そして、列強の蚕食から民と国土を守るため、打倒清朝(女真族の王朝)と、反満興漢を唱える革命家・孫文に、要衝の武漢三鎮(揚子江沿岸・湖北省の武唱・漢口・漢陽の三都市)で蜂起し、袁世凱の軍と共に建国せよとの秘密の勅愉をテレグラムで発していた。

史実は、確かに清朝は倒れたけれど、中華は孫文と軍閥・袁世凱によって植民地化は免れていますね。
プロフィール

imagica

Author:imagica
種別 生物
趣味 散歩と文楽と歌舞伎
文楽歌舞伎狂言の非日常性に昇華された人間性を感じます。日々のつれづれを 舞台に投影したり政治に絡めたりして書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
招き猫
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR