FC2ブログ

ホップ・ステップ

 インタースペースの「子育てママ達の元彼に対する調査」〈1201人対象〉によると、結婚前に付き合っていた、元彼の平均人数が5,8人で、SNSの普及で昔の元彼とフェイススブックで再会し、焼けぼっくいに火がついて、という記事がありました。20代の若いママや、せいぜいアラサーやアラフォーの40台前半までの話だろうと、笑っておりましたが。
 
 フランスでは、ママ友と話して憂さ晴らしするしかない日本のママ達の子育て事情とは大いに違い、出生児の半数は事実婚による非嫡出子で、手厚い子育て施策のお陰で、女性は、子育てしながら仕事も続けられる、また、主婦であっても、3人目の子どもにはより手厚い扶養手当がつく等、子育てには優しい環境です。
  
 北欧スウェーデンでは、手厚い社会保障による恩恵で、子育ても老後も生活の差し迫った心配がなく、既婚男女の結婚回数は平均9回にまで届いているそうです。ステップ家族といい、結婚するごとに生まれた子どもを連れて、現在同居する家族がこれまで複数回結婚の度に生まれた子ども達で形成され、さらには、週末には、それぞれの元配偶者が引き取っている子ども達と会ったりしている、この家族形態をステップ家族と言います。 民族性も違い、広い国土に国民総数も日本よりずっと少ない北欧でのステップ家族が、先端だ、高度な社会保保障制度の行き着いた家族形態だとは言いませんが、フランス並みには、女性を支えてくれる社会にして欲しい・・が、
 
 一体改革の社会保障の国民会議立ち上げは進展せず、さらに、576基金のうち286基金で代行部分の積み立て不足〈1兆1000億円)が発生している、厚生年金基金を解散させると厚生労働省は決定しました。2015年10月に一元化する厚生年金と共済年金なのに、共済年金は積立金45兆円から24兆円しか持参せず、残り21兆円は公務員の為に温存するそうで、共済年金には税金を投入した挙句のこの居直りぶりに、厚生年金のサラリーマンは、公務員の豊かな給付を保障する為に働き、納税し、さらに年金制度でも不公平を強いられる。是をなくす為に、マニフェストを掲げて当選した民主党政権は、既に、3年前とは、全く、異質のメンバーで国民政党とは程遠くなっている。自公政権の復活は望みませんが、右傾化であっても、兎も角、臨時国会で不信任案提出して、解散総選挙を断行できる環境作れるのは自民党です。自民党にはまず、先の展望云々のステップより、この民主党を少数野党に戻してくれる、そのランニングコストを担って、ホップをしてくれる事を望む・ステップは第3局も控えていて、展望はまだ未知数です。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



屋号あれこれ

 成駒屋〈なりこまや)と掛け声がかかる。中村福助・橋之助兄弟の屋号が成駒屋〈なりこまや〉、中村福助は芝翫〈しかん〉から歌右衛門へと名跡がアップしていく。故6世歌右衛門や昨年亡くなった芝翫には、「大成駒!」〈おおなりこま〉と大向こう〈おおむこう・三階席や一幕見で声を掛ける通の客、銀座界隈の旦那衆が多くいた)が声を掛けた。耽美的文章の文豪・谷崎潤一郎が弟の清二〈早稲田大教授・英文学者・小説家)に対し「大谷崎」〈おおたにざき)と称されたが、5代目中村歌右衛門の「大成駒」に倣った呼び名と、丸谷才一が書いている。
 関西の成駒屋は中村翫雀・扇雀兄弟がいる。名優の初代雁治郎が起こした家系で、2世の先代雁治郎は、寧ろ、映画俳優としての活躍が目覚しかった。先代扇雀は、3世 鴈治〈がんじろう)から、江戸期に絶えた名跡・「坂田藤十郎」を継いで今に至る。
   祇園守・中村歌右衛門・定紋        
祇園守・中村歌右衛門・成駒屋・定紋  

 屋号は
市川団十郎〈だんじゅうろう)の市川宗家が成田屋〈なりたや)
尾上菊五郎〈おのえきくごろう〉・梅幸〈ばいこう)・尾上松録〈しょうろく)家が音羽屋〈おとわや〉
中村歌右衛門家〈うたえもん〉と中村雁治郎〈がんじろう)家が成駒屋〈なりこまや〉
松本幸四郎・白鳳〈こうしろう・はくほう〉・市川染五郎〈いちかわそめごろう)家が高麗屋〈こうらいや)
中村吉衛門〈きちえもん)家が播磨屋〈はりまや)
片岡仁左衛門〈にざえもん)家が松島屋〈まつしまや)
中村勘三郎〈かんざぶろう)家が中村屋〈なかむらや〉
坂東三津五郎家〈ばんどうみつごろう〉・坂東玉三郎〈たまさぶろう〉家が大和屋〈やまとや)
中村富十郎〈とみじゅうろう〉家が天王寺屋〈てんのうじや)
中村時蔵〈ときぞう)家が萬屋〈よろずや〉
市川猿之助〈えんのすけ〉・市川段四郎〈だんしろう)家が 澤瀉屋〈おもだかや)
中村魁春〈かいしゅん〉・東蔵〈とうぞう)家が加賀屋
市川門之助〈もんのすけ〉家が滝野屋〈たきのや)

などが主だったもの。中村時蔵は、俳優・故萬屋錦之助の甥、若手で芸境著しい市川染五郎は、最近踊りの会で、奈落に落下する事故で大怪我を負って、先ごろ退院。〈父の幸四郎はミュージカルばっかりやっていてダメだから)普段の師匠でもある叔父の中村吉衛門が、代役を勤めてあげている。
 他に山崎屋・紀伊国屋・河内屋・明石屋・京屋・橘屋・立花屋・葉村屋・豊島屋などがあるが、役者が亡くなって名跡が絶えているものも多い。

三枡・市川団十郎・海老蔵_convert_20130701140333三枡・市川団十郎・海老蔵・成田屋

重ね扇に抱き柏・宗家・尾上菊之助・音羽屋重ね扇に抱き柏・宗家・尾上菊五郎・音羽屋

揚羽蝶・中村吉右衛門・播磨屋揚羽蝶・中村吉右衛門・播磨屋

四つ花菱・松本幸四郎・高麗屋四つ花菱・松本幸四郎・高麗屋

定紋三ツ大 大和屋 10世坂東三津五郎2世巳之助定紋三ツ大・坂東三津五郎・大和屋



人気ブログランキングへ





書き尽くされた夏目漱石の〈私流)解釈

夏目漱石の作品の「我輩は猫である」と3部作「三四郎」「それから」「門」は同じテーマを書いている。東京帝大卒で講師も勤めたインテリの漱石が、リベラルな考えから、高等小学校卒の妻と結婚して、あわぬ価値観に生涯悩み苦しむというテーマを繰り返し書いている。
 
ノーマルな形の小説が、「三四郎」 帝大に入る為に九州から上京した三四郎と、都会の女性・美禰子(みねこ)の意識の乖離・すれ違いを描く。

三四郎 (新潮文庫)三四郎 (新潮文庫)
(1948/10/27)
夏目 漱石


 そのパロディーが「我輩は猫である」 主人公の英語教師・珍野苦沙弥〈ちんのくしゃみ〉先生の教え子・水島寒月君〈理学士〉が、鼻の大きい富豪夫人・金田鼻子と令嬢の富子に縁談を持ち込まれ、四苦八苦する。苦沙弥先生の友人の、ほら吹きの美学者・迷亭先生や、寒月の友人の詩人・越智東風〈おちとうふう)君が登場する。珍野家の飼い猫の目を通してこれらの人々の人間模様と人間性を洞察していて、文明開花の明治を風刺する小説。

吾輩は猫である (角川文庫)吾輩は猫である (角川文庫)
(1962/09)
夏目 漱石


漱石の作品は、朝日新聞社に専属作家として入社する前の、教師の副業で書いた作品のほうが面白い。多方面にいえる事ですが、一寸遊び心が含まれた余裕ある状態のほうが、作品の出来は良くなるものです。


人気ブログランキングへ












中国反日デモ事情

 車是日本車 心是中国心 〈車は日本車だけど、心は中国です。)
 本人買車在前 日本犯賎在后 従今以后 抵制日貨 (本人がこの車を買ったのは 日本が非道な事をする前 今からは日本製品ボイコットをします。)
 我去撤収復釣魚島了〈この車で尖閣を取り返しにいってきますよ)
 
 週間ポストの記者が、中国の反日デモを取材して、日本の電機メーカーの拠点のある広東省珠海市では、集まったデモ隊に、当局が用意した熱中症対策のミネラルワォーターを配り、さらに、デモの参加者は終了地点に止められたバスに乗って帰っていった。デモ終了地点が郊外なので、参加者の帰りの足の為に終了に合わせて、路線バス臨時便を手配したそうです。〈公安当局の話〉

 中国で走る車の20%は日本車だけど、デモの群集が蹴ったり、屋根に乗ったり引っくり返したり、火をつけたりと、デモの過激さをビジュアルに訴えた日本車壊しの映像が流れたけど、車のオーナーが自衛の為に、車に張っているステッカーが冒頭の文を印刷したもの。1枚10~25元〈130円~325円)でデザインもバラエテーに富んで、業者はホクホク首尾だそうです。先日の報道では、デモ参加者に政府が日当を出していたという記事もありましたが。
                〈週間ポスト記事より抜粋)
 
 大国中国は辺境の新彊ウィグルや、チベット、内モンゴルといった貧しい周辺部を抱えて、共産党一党独裁の政治体制が限界にきているようで、この先10月以降は、政権移行期で、揉めるでしょうから、格差社会の貧しい層の政府への不満が反日という形でガス抜きされていくので、日本人はうろたえずに冷静に対処していくが肝要です。

人気ブログランキングへ


暗闇の死闘無言のスローモーション劇・ダンマリ

 賑わしき 難波高津(なにわこうづ)の 夏神楽(なつかぐら) 
 練りこむ 振り込む 荷い込む(にないこむ)
 てふさようさの 伊達提灯(だてちょうちん)  
 門の揃えは 地下(じげ)町の 印を見世に 伊予簾(いよすだれ)
 並ぶ家居の その中に 釣り船の三婦が内(さぶがうち)
   並木千柳・三好松洛・竹田小出雲作「夏祭難波鑑・釣船三婦内の段」

「夏祭難波鑑」(なつまつりなにわかがみ)には、団七九郎兵衛(だんしちくろべえ)・釣船三婦(つりぶねさぶ)・一寸徳兵衛「いっすんとくべえ)という3人の上方の侠客が登場する。恩ある家の若当主・磯之丞を護り、備中の国に帰国させようとする彼らの義理人情に、大阪の庶民の生活を絡めて描いた生世話(きぜわ)物(時代物に対し市井が題材の作品)。クライマックスで、団七が、銭の為には悪事も働くあこぎな舅・義平次と暗闇の中で「だんまり」の立ち回りを見せる。


暗闘(だんまり)は、歌舞伎の演出の一つで、暗闇(くらやみ)の設定で、人間が手元を探り合いながら死闘をしたり、ストリー中の大事な品を奪い合う立ち回り。台詞はなくスローモーションで動く。

黙秘を貫く事をだんまりを決め込むというが、語源は歌舞伎の「だんまり」から。

人気ブログランキングへ

人形振り

       写真 (49)
    「京鹿子娘道成寺」の白拍子花子を踊る18世中村勘三郎          

「京鹿子娘道成寺」(きょうかのこむすめどうじょうじ)の素になった安珍・清姫伝説を舞台化した文楽「日高川入相花相」(ひだかがわいりあいざくら)がある。

旅の僧安珍が熊野参詣の途上、熊野街道沿いに一夜の宿を借りた居宅の清姫が、美形の僧に一目惚れする。安珍は熊野参詣に行く途上であり、帰途には必ずまた寄ると言い置いて逃れる。

参詣を済ませた安珍は清姫宅に寄らずさっさと通り過ぎる。騙されたと悟った清姫が後を追うが、増水した日高川を越えられず、女の嫉妬、裏切られた憎悪から、姿が蛇体と化し、銀の鱗を波間に見せつ沈みつしながら、日高川を泳ぎ渡る。安珍は紀州道成寺の寺域に逃げ込み、梵鐘を下ろし鐘の中に隠れるが、蛇体と化した清姫は、その鐘に巻きつき安珍を焼き殺す。
 
「道成寺」はこの寺の鐘供養の日、現れた白拍子花子に清姫の霊が乗り移り、踊りながら恨みをこめて鐘を見やるという舞踊劇。
 
文楽では人形遣い(太夫)が人形を操り動かす。その操られる人形の様子を、歌舞伎で人間が演じたものを人形振り(にんぎょうぶり)という。顔が無表情、手足の関節がかくかくっと動く人形の動きを、人間の肢体で表現する。西洋では黒子が操る人形をパペットというが、日本では現首相がパペットと揶揄されている。
              



人気ブログランキングへ



 

侍ジェントルマンの功罪


SOFTBANKのCMは、、白犬カイ君(難しい演技の際の代役は雌犬ネネちゃん)が詰襟学ランを着た姿がコミカルで、ほおぼのギャグファミリーと笑って観ていましたが、白戸家のお父さんは、戦後、GHQに物言う男「侍ジェントルマン」として活躍した白州次郎をもじったものだそうです。
   
 
 白洲次郎は明治35年(1902年)2月17日生(父は綿花貿易の関西で指折りの富豪。次男)。旧制神戸一中卒業後、英国ケンブリッジ大学に留学、イギリス流のエレガンスとキングス・イングリッシュを身につけ帰国。 英国商社や日本水産でビジネスマンの腕を磨く、嫁の正子の実家の樺山家と懇意な吉田茂や、時の近衛文麿首相の知遇を得る。祖父は大参事(従来の家老職)・福沢諭吉と親交あり。子どもの頃は暴れん坊の悪ガキだったが、毛並みがよい。

「おれたちは戦争に負けたかもしれないが、奴隷になったわけじゃない!」《口癖》
 敗戦後、日本の軍備を解き、従来の指導者層を一気に公職追放し、財閥を解体、民主主義思想を植え付ける為憲法草案を作り発布した、マッカーサーに重用されていたGS(民政局)に、嫉妬していたライバルのG2(参謀部)をたきつけて民政局の力をそいでいった。嫉妬する人間の本質をよく見抜いた手法・作戦。(北康利氏著 白州次郎関連本より抜粋)

 個人的にはこの作戦はよかったのかどうか?と思います。朝鮮戦争へ傾斜する過程で、GHQ内部権力闘争でG2が勝利し、公職追放者を呼び戻し、現自衛隊の創設をし、実質再軍備。その後、GHQに後押しされた吉田茂内閣が日本が独立後も長期に続き、戦後の日本のスタイルを決めたのだから、私の評価はチョイ?なのです。


人気ブログランキングへ




 



東京は曇ってます

#今日の東京の天気は曇り 最低気温21度 最高気温26度 こんな日は身体がだるく、頭髪の軽~い天然パーマが尚更にクルクルとして、頭の中身も同様になります。ブログはまた明日、皆様にお目にかかりたいと思います。#



人気ブログランキングへ

流れに浮かぶ泡沫(うたかた)

 自民党総裁選で、体調崩して19日検査入院していた、ある派閥の領袖の方が、選線復帰するといって20日に戻ってこられました。病院内の電波が届く場所で、他の立候補者の方、例えば福島第一サティアンなぞと妄言言い放った方とかと、お話なさって、総裁選後のポストのお話でもなさったのだろうか、なぞとかんぐってしまいます。(笑) この方の派閥からは、「美しい国」を標榜していた志半ばで腹痛の為に退場なさった元首相が出られて、推薦人は次々と櫛の歯が抜けるようにそちらの陣営に走っているという事で、軍事オタクの候補者の方は地方票を優位にリードし、上位2名の決選投票になる情勢ですので、この派閥の領袖の方の支持票が草刈場になるのは今の時点では避けたほうがよいかもしれません。マスコミも国民もこちらの党の総裁選を注視しています。
 かたや民主党はというと、総理就任後、初めての街頭演説となった19日の新宿駅前の代表選街頭演説で、野田首相は「辞めろ」「嘘つき」のプラカードを突きつけられ、「帰れ!」「人殺し!」の罵声と怒号で演説の声は掻き消され、「辞めろ」コールの大合唱の中、涙目で壇上を降りられたそうです。国民が、いかにこの嘘つき内閣を嫌い、一刻も早く壇上から降りて欲しいと熱望しているかを、お分かりになられたでしょうか。今日の、民主党党大会で、再選された後、月末に内閣改造し輿石幹事長を交代させることを固められたそうですが、自民党総裁候補者の方々も、三党合意を遵守するといった前言を、どこかの党の首相のように総裁就任後撤回して、新しい政権枠組みを目指して欲しいものです。


人気ブログランキングへ



心は北へ身は南 「冥途の飛脚」

冥途の飛脚(近松門左衛門作)文楽
写真+(16)_convert_20130725142941写真+(17)_convert_20130725142911
    飛脚屋亀屋「忠兵衛」  と   新町の遊女「梅川」

[夜食しまふてはよ寝よ」と
金懐中に羽織の紐
結ぶ霜夜の門の口 出慣れし足の癖になり、
心は北へ 行くいくと 思いながらも 身は南 
                  「近松門左衛門『冥途の飛脚』」
 
大阪淡路町の飛脚屋亀屋の養子忠兵衛は まじめが売り物だったのが、遊郭新町の梅川に夢中になり、飛脚屋に届いた堂島(淡路町から北の方向)の武家に届ける300両をもったまま、逆方向の新町(南の方角)に足が向いてしまい、行った先で、梅川を請け出そうとして、自分の養子入りの際の持参金だと偽り、公金の封を切ってしまう。#幕府の金座の責任者・後藤家が封印した金100両の後藤包み(年貢金・冥加金(公金)の上納はすべてこれ)を解くと処罰された。
          
物語ハイライト「封印切りの段」
染五郎恋飛脚大和往来・封印切・亀屋忠兵衛・
「恋飛脚大和往来・封印切」(歌舞伎狂言は題名が違う)
亀屋忠兵衛・市川染五郎
 
「道行相いあい駕籠の段」
実父のいる大和の国、新口村(にいのくち村) に二人で落ちて行く。歌舞伎では「新口村」の段と名称が変わり、雪中、鼻緒が切れた老父と梅川が出会い、梅川が手拭いを裂いて、鼻緒をすげ替えてやる、老父は息子忠兵衛の連れ合いと悟り、心中で二人が無事逃げられるよう祈る。
 
つくづく男は馬鹿だと思う。しかし、大百姓から大店飛脚屋亀屋に養子入りし、真面目が当然と周囲のプレシャーもあり、農村から出て来て見た、夜のネオンの上方の華やかな遊郭の綺麗な女性はカルチャーショックだったのだろう。封印切りは当時は死罪、現代なら個人破産、仕事は懲戒免職になります。やってしまったなら余生は既に我がものにあらず、天の配剤と腹をくくって生きましょう。


人気ブログランキングへ





子役

「恋女房染め分け手綱」は子役の三吉のいじらしい所作・唄う馬子唄が見所聞き所で、子役は現代ドラマでも主役をくうことが多いが、古典も同様。三吉が道中双六をして遊ばせ、気が和んだ柚木家の調(しらべ)姫は東国の大名家へ輿入れ道中の旅路に戻る。乳母の重の井は、親子の名乗りをせずに、泣くなく我が子三吉と別れる。

「道中双六の段」どうちゅうすごろくの段
「重の井子別れの段」しげのいこわかれの段

写真
調姫の乳母「重の井」と、実の子の馬子の「三吉」

「義経千本桜・渡海屋・大物の浦」では、生きていたという設定の平知盛(渡海屋主人)が摂津の国・大物の浦で義経を狙って果たしえず、安徳帝を義経に託し、碇を結んだ綱に自分を繋ぎ、壮絶に海に入水する。ここでも、子役が比重大きく、声が愛らしい静かに立っていられる役どころから、安徳帝を女の子が勤めることもある。

伊達騒動の「伽羅先代萩」(めいぼくせんだいはぎ)は、乳母政岡の子ども千松が、舞台で鶴喜代に盛られた饅頭を毒と悟り、普段の訓練どおりそれを行儀悪く横取りして食べ、饅頭の盆も蹴っ飛ばして残りも食べられなくする。鶴喜代は助かり、饅頭持ってきた敵方の婆局に刺された千松を、皆が去った座敷で母の政岡が「ようやった」とかき抱いて泣く。

八汐、伽羅先代萩
敵方の婆局「八汐」に刺される千松

子役の演技は生き生きとした動きや表情、よく通る声、まれに動かない箇所で我慢できずもぞもぞ動いたりといった、計算のない、それでいて達者な演技が魅力だと思います。



人気ブログランキングへ

麦と兵隊

            写真 (20)

 秋の彼岸も1週間先まで近づき、夜はこおろぎや鈴虫がりんりんと鳴いて涼しく、窓を開けたままで寝られるようになりました。庭のゴーやも既に根の辺りから黄色く変色し、茎の3分の1くらい迄既に変色して枯れてきた、秋の訪れです。
 長い長い日中戦争の発端となった柳条湖事件は、1931年昭和6年の今日起き、関東軍が柳条湖付近で満州鉄道を爆破して満州事変開戦の口実にしたという。今日、中国58都市で反日デモが行われ、日経企業も日本食レストランも休業している。昭和一桁生まれの両親は、生まれた頃から満州事変が始まり、「麦と兵隊」の歌曲がTVから流れるとしんみりと聞き入っていた。戦争で兄がフィリピンで戦死した母も、終戦の年に祖父が亡くなり、自身は15歳で工場に動員され、戦後はGHQが列車から投げて与えた煙草で喫煙を覚えたという父も、この時代に翻弄された犠牲者で、しかし、あの時代の軍国少年少女の偏った考えに凝り固まったままで、これはこれで困りものと思う。


人気ブログランキングへ

沖縄の今

                写真 (22)


 沖縄の8月の平均気温が28,5度、最高気温が32,9度ですが、沖縄周辺の海の海温は30度近くあり、もはやぬるま湯です。恩納村の海では、東シナ海に沈む夕日を眺めながら、ぬるま湯みたいな温かい海水につかりながら夜7時を過ぎてもラクラク泳げました。台風16号が、900ヘクトパスカル・風速55メートル・最大瞬間風速80メートルときいて驚きましたが、この高い温度の海面から蒸発する水蒸気をもらい、さほど勢力も衰えないまま沖縄周辺を通過します。今は、少し衰えて940ヘクトパスカルで、九州西岸を通過してますが、沖縄の場合、島全体なだらかでがけ崩れや川が氾濫鉄砲水になる地形要素が少ないように思う。土地には、暴風雨に強いサトウキビが植えられていた。但し、製糖業は年間10万円位しか利益が出ないという。シーサーの像が備え付けられた漆喰の赤瓦屋根の家屋は見当たらず、白いコンクリートの2階建ての平らな屋根の家屋ばかりが目立ったのは、暑い夏の気温と台風の暴風への備えだそうです。

 
人気ブログランキングへ

イスタンブル

       ィスタンブル
  
 米国は、(よせばいいのに)イスラム教の預言者ムハマンドを冒とくした映像を配信したと、リビア大使他4名が襲撃され亡くなりました。アフリカではモロッコ・チュニジア・リビア・エジプト・スーダン、中東では、イラン・イラク・クウェート・イエメン・レバノン・パレスチナ・イスラエル、アジアではマレーシア・バングラディシュ・インドネシアといった回教国で反米デモが起き一部は暴徒化している模様です。〈日経新聞デジタル版より)
 政教分離のトルコでさえ、1日5回の(コーランの祈りの言葉を唱える)アザーンが街中のスピーカーから流れ、民衆は、皆その場にひれ伏して祈っている。007の映画に描かれた、東西の文明の交差する都市イスタンブルは、旧市街に市電が走り(現在は廃止)、ボスポラス海峡が街を隔てて流れる川の様に、ヨーロッパとアジアを東西に隔てている。この海峡を通り、昔、旧ソ連黒海艦隊が行き来したのだろうか?と魚市場の匂いがたちこめる海峡の、新市街と旧市街を結ぶガラダ橋の袂のヨーロッパsideの岸壁に座り込んで、対岸のアジアンsideの都市ウシュクダルの高層マンションを望みながら想像したものです。
 旧市街地にその瀟洒なシルエットを留めるモスクの壁画の下には、キリスト教帝国時代にコンスタンチノープルと呼ばれたこの都市の歴史の証左の様に、キリスト教のイコン(聖画)が残る。モスクには無論、イスラムの掟に従い、スカーフを頭に被り入場しました。相手国の宗教・歴史には失礼ないように敬意を払うのは、マナーであり摩擦を生まない基本です。



人気ブログランキングへ

馬子唄

              
親子物には武家の世界の話が多い。主家に忠を尽くさんとして我が子さえ犠牲にする価値観があった。
写真

「恋女房染め分け手綱」(こいにょうぼうそめわけたづな)は、柚木(ゆずき)家の姫の輿入れ道中、姫がむずかりだしたのを、馬子の三吉が道中双六で機嫌を直す。「褒美をやろう」と話す乳母・重の井が、三吉が生後すぐに別れた我が子と悟るが、姫の乳兄弟に馬子がいるとしれたら縁談に障りがあると、親子の名乗りをせず、心中泣く泣く三吉を立ち去らせる。三吉の歌う馬子唄が哀しげに辺りに響き遠ざかる。三吉のいじらしさと重の井のうろたえぶりにスポットが当てられ、スッキリとした筋立て。

乳母政岡が、我が子千松を身代わりに毒饅頭を食させ、幼君鶴喜代を暗殺者から守った「伊達騒動」を扱った「伽羅先代萩」(めいぼくせんだいはぎ)は、室町時代の設定、登場人物も多く、大作。女の世界の陰湿な嫉妬・意地悪・僻みは、古今変わらないなあと、思わせる壮絶な御殿女中の世界のお話。


人気ブログランキングへ


音羽屋 「義経千本桜」

母狐が我が子を託し、振り返りながら信太〈しのだ〉の森に帰っていくのが「葛の葉」なら、子狐が義経の家来・佐藤忠信の姿で、親を慕い親狐の皮が張られた初音の鼓と共に、静御前の供をして吉野山を旅するのが「義経千本桜・道行初音の旅」。桜爛漫と咲き零れる吉野山中を、静御前と狐忠信(源九郎狐〉が男雛女雛の道行の如くに静謐に艶やかに舞う。
写真 (31)
「義経千本桜・吉野山」
菊五郎の狐忠信と菊之助の静御前

1966年NHK大河ドラマの「源義経」で尾上菊五郎さんが23歳で義経を演じ、静御前役の富士純子と後に結婚する。菊五郎劇団を主宰し、若い役者を育てている。この年代トップをきって人間国宝となる。

「弁天娘女男白浪」(べんてんむすめめおのしらなみ)の弁天小僧菊の助が大当たり役。正月の国立劇場は、菊五郎さん監修の復活狂言で毎年幕開けし、ロビーには常に富士純子さんがおられます。早世した初代尾上辰之助は親友で、その遺児4世松録を預かり、親代わりになって薫陶した、情ある方です。

筆者の入院先の病院に検診にみえられていました。息子の菊之助が精進し稽古していい役者になった。この静御前の舞も、名女形坂東玉三郎と共演した「二人道成寺」の花子の踊りも見事でした。

二人道成寺・撮影福田尚武
「二人道成寺」白拍子花子の坂東玉三郎・尾上菊之助
      (撮影福田尚武)2006年2月歌舞伎座

摂州合邦が辻

               摂州合邦が辻 
                  玉手御前  旧名 辻
 
 高安家の次郎丸は庶出の出自で家を継ぐ嫡子になれない事を恨み、異母弟・俊徳丸を暗殺しようとする。辻は仕えた亡き奥方の遺児・俊徳丸を助ける為に、「継子俊徳丸に思いを寄せる若い継母(辻)が、振られた腹いせに継子に毒酒を飲ませその面相を変え(死には至らぬ程度の毒という意味)、家を出た俊徳丸の後を追い出奔する。」という体裁をとる。俊徳丸を救い、次郎丸にも罪を犯させまいとの、忠孝の道を自分なりに探り辿ったすえである。解毒剤で、俊徳丸の病は治癒し命も助かる。次郎丸も、罪を犯さずに済む。が、辻のみ、父の合邦にその不始末を責められ命を落とす。見現しという悪人実は善人だったという手法がここでもとられる。中世的価値観の忠信孝に貫かれたドラマである。
 ドラマはメリハリをつける為やすやすと人が死ぬが、現実はそうならず神経戦を辿るケースが多い。辻が生き残り、俊徳丸が主家を継ぎ、円だんになるだろうかと想像したが、そうはならないだろうと思えた。次郎丸は俊徳丸の暗殺を繰り返し試みるだろう。父のダメ親父・高安家の主も我が子二人の事ゆえ、オタツキ身動きとれず様子見する。
 現代でも構図は同様で、家庭内で駄目親父の下、親子間の愛情の注がれ方による差別・虐待はある。ごく普通の家庭であったのが、突如国道が敷地にかかる、新幹線が通るといった土地ブームなどで、俄か成金になり相続争いにもなる。両者が絡み合ったケースなど悲惨である。辻は、自分の手に余る揉め事を解決しようとしてミスを犯した。父・合邦の経験則にない、広い土俵での複雑な状況を説明することなく事を運び、誤解され落命した。このケースでは、辻は一旦身を引いて安全な場所にいたほうがよかった。「窮鳥懐に入れば猟師もこれを助く」 俊徳丸には「既に青年だ、自分の命を守るくらいの用心深さと気概を持て!そんなんじゃ、嫁も来ないぞ!」次郎丸には「公安の手は常に動いている。好事魔多しだ」と言いたい。


人気ブログランキングへ

千差万別です

               自由の女神像
 
 11年前の2001年9.11にニューヨークのWTCビルに旅客機が突っ込んで、崩壊し、2749人の犠牲者が出て、以降米国はテロとの戦いを宣言し、関係ないのにいろんな国が巻き込まれ、その直後、空爆したアフガニスタンでは、現在、撤退がスムーズにいかずに将兵が数万人立ち往生してるそうです。
 アフガンといえば、1979年の旧ソ連のアフガニスタンへの戦車部隊の侵攻が1989年まで10年に及んで、今は、そのとき義勇軍を育成してくれたアメリカさんが敵国です。日本は、ボーとしたままだけど、世界の国はその時々の国益において、友好国関係は変わるのだそうです。WTCビルは、私が旅行帰りに立ち寄った2003年3月には、崩壊した旧南棟と北棟ビル跡地はぽっかりと穴が開いて、周囲を重機で工事してたけど、現在は、そこを祈念スペースとして高層ビルが囲んで再開発されました。
 ニューヨークは緯度が高く寒くて雪がちらつき、公園の木にはリスがいた。マンハッタン島の突端でハドソン川とイースト川が海に注ぎ、沖に自由の女神の銅像が見えた。飛行機の窓から見える眼下の米国土は、殆ど緑地で、よく見ると細々と茶色の建物らしきスペースが飛び飛びである。緑地は、国境を越え、中米メキシコまで行っても延々と続いた。経済悪化で、あの広い国土を、トレーラーで冬は温暖なフロリダに住み、夏は涼しい5大湖に移動する家を手放した非定住住民が増えて、医療保険制度作ったらティーパーティーに突き上げられ、デモも各地で激増してる。黒人のタクシーの運転手もホテルのフロント係も教育受けて外国語理解し、てきぱきと積極的に働いていた。ヒスパニックはまた、事情が違うという。そんな国情と多人種・多民族の国民意識を、狭い島国で同じ言語で暮らせる私たちは、知識で解っても気持ちでは実は共感できていないと思う。


人気ブログランキングへ

日本の夏

         写真 (13)
                     ゴーヤの花と実
 東京の8月の平均気温29.1度・最高気温は35.7度は、沖縄の8月の平均気温の28.5度・最高気温32.9度より暑い。ヒートアイランド現象で、東京湾海沿いの高層ビル群が海からの涼風を遮り、暑い夏をさらに暑くしている模様。南国の植物ゴーヤの苗がこの暑さですくすくと伸びて、花が咲き、手の平に収まる程の大きさの実をならしました。茄子と南瓜はこれまでも実がなったけど、ゴーヤは初めてです。写真中央の黄色い花の左側に実がなっている。暑いはずだなあと思います。


人気ブログランキングへ

 

鯨の尾の身

             鯨5
 子どもの頃、給食に鯨肉がでまして好物でした。現在、ごくたまにスーパーに、鯨肉が並びます。戦後の1946年に、国際捕鯨取締条約が結ばれ、以降捕獲枠が縮小されて、現在では生態系調査を目的にした調査捕鯨をしている。その鯨肉が流通していて、日本人の鯨を食べる食習慣を食べない国がケチをつけ、捕鯨をシーシェパードに反対されていると認識していましたが、内情は政治的なものの様で、ノルウェー(1286頭)とアイスランド(350頭)の商業捕鯨をオーストラリアは禁止していません。また、日本の北半球での科学捕鯨(380頭)も提訴していません。南氷洋での捕鯨のみを、2010年5月に国際司法裁判所に提訴しています。これは豪が、南極大陸の(42%の)領有権を主張している事から生じており、決して捕鯨そのものへの禁止を唱えたものでありません。鯨の尾の身は油が霜降りになって山葵醤油でいただくと牛刺しなんぞよりずっと美味しいですが、ノルウェーやアイスランドでもこうした食べ方があるそうです。


人気ブログランキングへ

秋祭り

今日、明日が春日神社の秋の例大祭で、地域特に商店街では、昨夜から、お囃子(の録音)が流れている。子どもの頃は、露店が目当てで、祭りの日には学校から帰ると慌てて家の近所の山王神社に駆けていった。親が着せた浴衣を着たこともあったが、浴衣は見た目に涼しくみえても実際はやたら暑い。

大人になってからは、とうとう一度も浴衣を着なかった。今、思い返すとテキヤさんもいたのだろうが、子どもにはそんな事は関係なく、金魚掬いも、水風船掬うのも、輪投げも楽しかった。翌日、学校に行くと、夜店で一緒になったクラスの子が必ず数人いたものだった。祭りが好きなのは今の子どもも同じだろうと思う。大人神輿と並んで子ども神輿が担がれる。この日は、親も子も張り切って朝からお神酒所に集まってくる。普段は、互いに知らない顔どうしだけど、子どもを通して親しくなれるきっかけになります。

春日大社は藤原氏の氏神。山王神社は、滋賀県大津市に遷都されたときに、天智天皇が大和の三輪山の神と大物主神を祭り、比叡山延暦寺が出来てから、両神がその延暦寺の守護神になったそうです。日本全国で山王信仰がある。


人気ブログランキングへ

「若菜」以降

源氏物語
市川海老蔵の「源氏物語」の光の君平成13年5月歌舞伎座
 
与謝野香馨氏が政界引退を発表した。日本原子力発電のサラリーマンを経て、
1968年中曽根康弘氏秘書
1976年衆議院議員初当選
2005年以降は経済財政政策担当大臣と財務大臣を歴任した。
2009年総選挙で小選挙区で敗れ、比例で復活、
2010年自民党離党、平沼赳夫氏とともに立ち上がれ日本共同代表に就任、
2011年1月13日離党、翌日、民主党政権の経済財政政策担当・社会保障と税一帯改革担当国務大臣になる。

初当選直後に悪性リンパ腫が見つかり、隠密裏に治療、至近では下咽頭ガンを手術、一時痩せられたが体重も戻り、6月、港区長選で姿をみせられた時はお元気だった。その後、再手術し、声を失う。財政再建論者で、消費税増税を長年唱え、総選挙では地元東京1区で小選挙区制度下で苦戦し、「政治家は政策に専念すべきである」と、中選挙区に戻ることを提唱した。静養されながら、言論活動されていかれるという。消費税増税法案が可決し、39歳からの闘病の軌跡を文春に発表され、御本人も一区切りつかれた思いだろう。お疲れ様でした。
 
祖母の歌人与謝野晶子氏の、情熱的な作品が多い『みだれ髪』(1901年)は、斉藤茂吉の歌とともに好きな歌集でした。日露戦争に従軍した弟を思い歌った『君死にたまふことなかれ』は胸を打つ。中学1年の時、与謝野晶子現代語訳の『源氏物語』を読み、面白く、以降原文で読むようになった。物語を成人してから読み返したら、主人公の苦悩を綴る中盤「若菜」以降「幻」まで味わい深く感じられた。同じものに触れても、読む人のその時々の人生の蓄積で観賞眼に厚みが増す、事象を多面体で見られる様になるものだなと思った覚えがあります。


人気ブログランキングへ






ゆきゆきて

写真 (48)
       曽根崎心中

この世の名残 世も名残 死にに行く身をたとふれば 安達が原の道の霜 
 一足ごとに消えていく 夢の夢こそ哀れなれ〈近松門左衛門作・曽根崎心中〉  

元禄16年(1703年)に天満屋の遊女お初と手代徳兵衛が梅田の天神の森で心中し、それを近松が浄瑠璃に書きあげ、人形浄瑠璃にして上演し大ヒットしました。情死の原因は、徳兵衛が手代で働く家の主人の姪を嫁に迎えよと言われて恋人同士で焦った事、徳兵衛への持参金を徳兵衛の継母が既に受け取ってしまった事、返してもらったその金を友人に言いくるめられて騙し取られてしまった事、追い詰められた二人は、曽根崎の森で心中する。  
 
遊女との恋とか、手代と主人の主従関係とかは、(遊女は全般生いたちが幸薄く、手代も幼少に母に死に別れ、奉公に出ている〉身分の枠内で生きるしかない時代のジレンマであり、さらに友人の裏切りと借金の督促、周囲の野次馬の無理解は現代も同様に人間を追い詰める。追い詰められて、心中に走った二人の若さ、純粋さに観客は自身と時代とを投影し酔う。歌手・都はるみの歌謡曲「大阪しぐれ」はこれがモチーフ。冒頭の文は、浄瑠璃「曽根崎心中・道行の段」、七五調の美文・名調子で次に続く  
   
  あれ数うれば 暁の 七つの時が六つなりて 残る一つが今生の
   鐘の響きの 聞き納め  寂滅為楽(じゃくめついらく)と響くなり


人気ブログランキングへ

続きを読む

身軽になろう

 過去の成功体験に捉われ、いついつまでも女子高生気分のままでいる女性を結構見かける。自分もその類だが、昔の高女を15歳で出て、其のまま、仕事に就かなかった〈短い期間就いても)世の中が天動説の儘、天上天下唯我独尊のままのお婆さんが存在する。世の男性も、男性的な骨太の人はなおさらに、女性にはもの言いにくいのか、誰にも注意されないまま、わがままな婆さんがいっぱいいる。だから、自分は、短い社会生活だったから、社会にでて、社会を垣間見て、事象を体験しよう、そして、大人になろうとして、「お母ちゃんに内緒や・助けて」と連帯保証頼まれたり、「あなたの若々しいお肌にピッタリなこの化粧品で一緒にマルチ商法やりましょう。」と誘われたり、ボランティアの同僚が個人破産し、入院してる時、「君が頼りだ」と上司にいわれ、必死にボランティアの仕事を同僚なしで一人でやっていたら、破産した同僚とボランティアの会長職の取り合いしてたのが、当の上司で、それで、同僚が心療内科〈と言おう〉に通院するようになったと後々、友人が教えてくれたりで、社会に出ると、確かにこんなトラップ・罠があるんだなと身を持って知ります。ものの解った、イケズでないお婆さんにならねばと、思います。


人気ブログランキングへ

母子もの

         狐葛の葉

   恋しくば 訪ね来てみよ 和泉なる 信太の森の 恨み葛の葉

伝統芸能海外公演で、一番の人気は万国共通で言葉が通じずとも母子情愛の演目で、「隅田川」が喝采を浴びる。他に母子物で人気演目に、民間伝承信太妻(しのだづま)からできた、人形浄瑠璃・歌舞伎「芦屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)」通称「葛の葉」がある。摂津の国・阿倍野の住人・安部保名(あべのやすな)は、師匠から一子相伝の教えを受けられず、恋人にも死なれ、失意のうちに草深い庵に引き籠る。その道中、罠に掛かっていた白狐を助ける。その白狐が保名の許婚〈葛の葉〉に姿を変え保名のもとを訪れる。幸せな月日の後、数年後、本物の葛の葉が保名の居所を探しあてて訪れる。狐葛の葉は、我が子を託し、信太の森に帰っていく、その別れの場面で、口にくわえた筆で、障子に書き置く別れの歌・・

童子丸は母狐の霊力を受け継ぎ、長じて陰陽師安部晴明となる。薄が風になびく夕闇に沈む寂しい信太の森を、後を振り返りながら辿る狐の姿が幻想的。狐は妖力をつかう悪狐として描かれることが多いが、この母狐は好い狐として描かれている。狂言師野村萬斎が先頃、映画「陰陽師」で安部晴明を演じて話題になった。

写真 (8)
母狐「葛の葉」が篠田の森に帰っていく情景・中村雁次郎(現・坂田藤十郎)

写真 (15)
「芦屋道満大内鑑」白狐の化けた葛の葉 

隅田川;さらわれた我が子を探し武蔵の国まで来た狂女が、隅田川の渡しの船で渡し守の話を聞き、1年前、対岸の下総の川岸で死んだ子は我が子「梅若丸」と悟り、正気に戻り泣く。供養する母の元に塚から梅若丸の亡霊が現われるが、とりすがろうとする母(班女の前)の手元をすり抜け夜明けと共に消えていく。

隅田川・雁次郎
「隅田川」の我が子梅若を探す狂女「班女の前」・中村雁次郎


人気ブログランキングへ

中村屋!


中村勘九郎 平成中村座ニューヨーク公演「夏祭浪花鑑」




夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)の主人公「侠客団七」
        
#舞台中央の池に水が張られ、主人公侠客団七と舅が泥水にまみれた立ち回りを見せる、夏芝居の涼しげな演出が見どころ。

18世中村勘三郎丈が闘病で舞台を留守にしておる中で、息子の勘九郎が、襲名公演で全国行脚して頑張っている。弟の七之助ともども、両親の厳しい躾・稽古に耐えて芸道に精進している。母上は2011年10月に亡くなられた人間国宝中村芝翫丈の二女、その弟で人気俳優の中村橋の助と兄の女形中村福助が叔父にあたる。歌舞伎の家の子は幼少時から、踊り・三味線・義太夫を習い、さらに演目を一つづつ稽古し覚えていく。7月9日に亡くなられた女優の山田五十鈴が新派俳優の親の元に生まれ、幼少のころから、三味線・常磐津・清元を習い、1974年芸術祭大賞を受賞した「たぬき」ではその広い芸域を見せている。

役者の世界では、幼いうちからみっちり稽古した者でないと、歌舞音曲が務まらないゆえに、国立劇場研修制度があっても、主役はなかなかに巡ってこない、また、こなすのも大仕事になる。普段は家元制度とか、日本的なものを敬遠してしまうのだけれど、やはり、いい面もあるし、ないと絶えてしまう技術や文化があるなと思います。


人気ブログランキングへ

2011年国政と港区議会事情②

2011年1月7日、港区新年会の会場・東京プリンスホテル(料理は小僧寿しみたいな冷凍物の握りずしに、中華料理のから揚げ程度)で、区議・都議・そして海江田氏と与謝野氏がそろい踏みしていた。女性は公認されず、海江田氏は、親小沢系女性候補を隠密裏に立てようとしていたとされ、当時の民主党党内の左翼政治家の攻撃にさらされ苦しい立場に立たされた。与謝野氏は、この1週間後に、菅氏の誘いを受託し立ち上がれ日本を離党し、経済財政政策担当相・社会保障と税一体改革担当相に就任、海江田氏は玉突きで経済産業相になる。統一地方選のさなかに東日本大震災が発生し、福島の原発事故が起きる。東電の体質をこの区議を通し、見聞してきた女性は原子力災害という特異性悲惨さのさらに外枠で、東電の身勝手な体質が招く2次災害を予感する。それらは東電の情報の隠蔽・補償の遅れ・拙速な原発再稼動となって後に顕著に現れる。
 与謝野氏は、自身の秘書土屋準氏(中央法卒・元警察官僚)を区議選自民党候補に立て、自民党区議の決起総会に別の秘書を派遣し応援演説を片山さつき氏と行う。民主党政権閣僚であるが、野党自民党のスタンスで動いていたことになる。政治家として整合性は取れてないが、政策遂行の為、入閣したと言う口上は、自民党を離党した事を悔いていたのであろうか?個人的にはHPの話など人情味が有って読むのは楽しい。区議選では、清家愛氏が青学の先輩蓮舫さんに後押しされ、選挙運動を繰り広げた。2月女性の自宅に三田警察署生活安全課女性刑事が居住調査の為、訪問。女性は面通しか?と、警戒感を強める。5月、民主党公認だった落選した女性候補の1人が公選法違反で逮捕される。違反内容は親類の18歳の未成年女性を運動員(うぐいす嬢)として使ったというもの。
 この間、小沢一郎氏が特捜の一部検事の暴走による政治資金報告書の期ずれ(訂正報告すればよしですと、総務省は回答)を事件化され、2010年、2度検察に不起訴になりながら、検事が「まだ、検察審査会がある!」と漏らした通り、2010年9月東京第5検察審査会の若者ばかり11人による起訴相当議決を受け強制起訴される。(検審に担当検事が出向いて審査員に説明をしていない・審査員を抽出するソフトに欠陥があるなど後々、不正が発覚した。)検審が起訴権をもつように司法改革(検審の位置づけは行政上にあるが)した方々の高い意識・目論見は、運用する実務家の策謀でどうとでもなると言う見本・・この件に関しては、「検察の大部分の心ある検事も心痛め自己組織改革の必要性を言っている」と、参議院議員森ゆう子氏が語っている。
 女性は、波乱の2011年2月に平野貞夫氏に窮状を訴え、以降は、小沢氏サイドのジャーナリストのセミナーに出席し続け、区議選経過を伝える。小沢氏が、国民の為に停滞する菅政権に引導を渡した、2011年6月の内閣不信任案提出後、8月末の民主党代表選で海江田氏を担ぎ、9月、新内閣発足で国家公安委員長が親小沢氏の山岡賢次氏が任命され、2012年1月蓮舫氏が内閣改造で行政刷新担当大臣、公務員改革担当大臣を退く。その結果、港区民と議会と自身の、民主党政権への恐怖心がようやくに払拭された。


人気ブログランキングへ

2010年国政と港区議会事情

2009年総選挙直後、9月に当時港区議会民主党会派だったフォーラム民主(6人)の代表であり、民主党港総支部幹事長だった渡辺専太郎区議は、当時民生児童委員であったこの女性に区議選出馬の依頼をしている。要約すると「組織が面倒をみる、票も、選挙運動も。首を縦に振ってくれるだけでよい。」というもの。海江田氏が菅氏と並び、民主党東京都連顧問であり、氏了解のうえで運ぶとの事。それは、自民党1党支配終焉させた細川連立政権と、その後の自社さきがけ政権に対峙した新進党の(まだその段階では不完全な)2大政党体制、政権交代した民主党・自民党2大政党体制で、掲げたマニフエストの政治主導、地方分権・特別会計への切込み・その政策立案者である小沢氏の手腕を真近に見て参加できるチャンスでもあったが、(その後のこの党の変容は劇的です。)児童福祉の仕事を専門にしていた女性は、基本スタンスはこのままで良いと考え、民生委員再任届を年末に提出、これは区議の采配で翌2月、辞退届けに差し替える。
 20010年は順調に過ぎる。4月、区役所部課長に、夏には港区民生児童委員協議会会長であった麻布の名刹の住職(現社会福祉協議会会長)に区議が話を通す。2010年の参議院選では、東電労組執行役員だった電力総連候補小林正夫氏はあぶなげなく高位当選し、、当落ライン上の小川敏夫氏が、小沢一郎氏の尽力で票を積み増し当選圏入りする様子を見聞、小川氏は翌日小沢氏への挨拶に出向くと新聞報道される。
 三田慶應大学並びにある、TDSビル(電力総連ビル)に小林氏・渡辺氏に当選祝いの花を届け、女性は、この時点で公党の決定した事案であり、何ら問題ないはずだが、区議の身辺の怪訝な噂を耳にして、調べてみたところ、尋常でない足跡が判明する。港区民クラブという自民党4人民主党4人の会派が、2003年区議選に際し瓦解した原因が、この区議にあり、東電労組から公認されず、1人会派で2007年までいた、その間2005年、小泉郵政選挙で海江田氏は落選。2007年区議選では、再び、東電労組推薦を得て、別に新たに新人を公認しており、当時7期清水一郎氏と2期矢野健一郎氏の2名は民主党非公認で、無所属で出て500票台で落選している。女性はこの区議選出馬話に不信感が芽生えはじめる。2009年総選挙で復活当選してきた海江田氏は、初当選から区議と懇意で、区議を信頼しきって、後援会会長までしていた。
 女性は、2010年、9月政経フォーラムで小沢氏に1個人として面会、11月に区議の政治資金パーティーで海江田氏と遠目に顔合わせするも、公認は辞退しようというスタンスに移っていた。おそらく海江田氏は聾らくされていると確信したからだという。区議の議員の足跡は、東電労組として、過去、与謝野氏の下におり、当時小沢幹事長の指揮下で仕事をした海江田氏に心服しているとは到底思えなくなっていたから。11月末民生委員を退任し、12月、区議が女性を公認申請する。但し、女性本人は、申請書も履歴書も書いていない。その足で、信頼できる区議会自民党議員に相談の上、公認辞退する予定だと伝える。自民党側は親小沢氏候補として、フォーラム民主代表が吊り上げた女性を根拠なく警戒していた。区議会自民党とは意思疎通が出来、しかし、区議が全てを仕切り、海江田氏に面識ないまま、このまま年末年始を向かえ、年明けから事態が大きく動きだす。



人気ブログランキングへ
プロフィール

imagica

Author:imagica
種別 生物
趣味 散歩と文楽と歌舞伎
文楽歌舞伎狂言の非日常性に昇華された人間性を感じます。日々のつれづれを 舞台に投影したり政治に絡めたりして書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
招き猫
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR