FC2ブログ

ゆく川の流れは絶えずして

随分以前の話になりますが、今年は花見に2箇所行った。目黒祐天寺と池上本門寺。池上本門寺は一山が桜で埋まり、門前町も風情あった。早稲田大学傍らの西早稲田、神田川に面して知人の設計事務所があり、桜の季節には事務所前の軒先・神田川との境界の遊歩道を桜の枝が覆い花が咲き零れ綺麗で、至近の演劇博物館の催しを見物がてら足を運んだ。

桜は花の王といわるけど、文楽で「粂仙人吉野花王」(くめのせんにんよしのさくら)という演目があり、以前紹介した歌舞伎の「鳴神」「鳴神不動北山桜」と同じ話・近松門左衛門が書いた文楽「冥土の飛脚」は歌舞伎に移入したら「恋飛脚大和往来」と名称変更されている。

10年前、美術専門学校の講師(実は副院長だったが気さくな方だった。)の時、知遇を得て、翌年、自宅の改装の設計をしてもらい、以降家族で友人付き合いをさせて頂いた。昨年、8年ぶりに残った部屋を改装した。年初、年賀状をお送りし、桜の季節には近くを通ったが最近事務所名が地図上に無かった。名称変更だろうか?と、気がかりだった。

ずっとあると思う景観や存在がある日ふっとなくなってしまう。メール送ろうとしてメールアドレスが変わっていますと、IPHONEに表示されると、学生だった青年も就職したら絵文字のメルアドを変えたんだなと、取り残された寂しさを感じる。世は不易流行だけれど、昨今の世情は殊更にそれが顕著であるように、(GOOGLEマップ上の写真の)神田川の流れを見ながら思えた。



人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



三番叟・獅子石橋物

能狂言の翁(翁の面をつける)はめでたい五穀豊穣・国家安穏の祈祷曲ですが、歌舞伎では、三番叟(さんばそう)や石橋物(しゃっきょうもの)が目出度い舞踊曲になる。三番叟は白粉顔に滑稽な化粧を施し、背景に蓬莱が描かれ、清元の曲に乗って踊る楽しい舞踊物。対し、石橋物は中国の思想(さらに元は天竺・今のインド)で魔よけの霊獣獅子が住む仙人の世界があり、そこは現世とを繋ぐ石橋が掛かっている。その石橋を渡った先の牡丹の花咲き守護する霊獣獅子が戯れる・・という空想上の世界を表した舞踊劇が石橋物。親獅子(白頭)と子獅子(赤頭)が頭を振って勇壮に踊る。

連獅子
片岡仁左衛門が親獅子を務める「連獅子」

29日毎日新聞19:10の記事「国民の生活が第一」の小沢一郎代表と民主党の鳩山由紀夫元首相が29日、仙台市内で開かれた新党きづなの斎藤恭紀政調会長のパーティーにそろって出席。小沢氏は「今の政治状況は国民の期待に反し、(09年の)衆院選での約束をすべて棚上げし、自民党と増税のための談合をしている」と述べ、野田佳彦首相の消費増税方針を改めて批判。小沢氏は衆院解散・総選挙について「民主党が変質したなら、もう一度国民に信を問うべきだ。半年以内に衆院選となるだろう」との見通しを表明。鳩山氏も「消費増税に前のめりなことが心配でならない。マニフェストという言葉が死語になると心配している」と述べた。

その小沢一郎氏の27日政経フォーラムは盛況で800人以上の人数が会場に溢れ支持者が拡大しているという。民主党離党予備軍と政策を同じくする他勢力と連携して、消費税増税法案を葬り、【オリーブの木】政権で菊池英博氏唱える「5年100兆円投資の内需拡大策」(前述)を実施し、デフレ解消・雇用創出・円安誘導しどうか国民の生活を1番にたち戻してください。三番叟や獅子の石橋物のように目出度い近未来を願っています・・。


人気ブログランキングへ

デフレその③・5年100兆円の政府投資

菊池氏はデフレを克服して平成恐慌を収束させるに、5年100兆円の政府投資を提唱している。原資は埋蔵金50兆円・建設国債50兆円。半分が国の投資・半分は地方にゆだねる。

写真 (2)
特別会計の埋蔵金「剰余金と積立金」

1 脱石油・脱原発を目的に新エネルギーの開発・設備投資(原発は10年で廃止)
2 国民生活に直結した社会的インフラの整備と老朽化したインフラの再構築(橋梁・幹線道路・上下水道公営住宅の更新等)
3 医療施設の更新・最新鋭の医療機器の開発
4 教育・研究支援
5 港湾施設の近代化
6 地震・津波対策をベースとした大規模インフラ投資

これらの施策を20兆円づつ5年、3年めでデフレは解消する。(以下推測値)
写真+(3)_convert_20130817083958
実質政府投資・毎年20兆円の5年継続の経済効果

・長期金利は弱冠上昇する程度
・雇用者数は160万人増
・為替は現在の78円から3年目で86.3円5年目で93,9円と徐々に円安に向かう。
 円高を解消するに内需の拡大と言ってきた小沢氏と論調が見事に合っている。


人気ブログランキングへ



デフレ その②・ 平成恐慌

日本経済の現状は既に平成恐慌だそうです。紅茶茶葉の量が減った・パンツ(ズボン)の立体裁断が甘い・ワンピースのファスナーが付いてない・値段が安い故、デフレの認識はそんな感じでしたが。菊池英博氏(日本金融財政研究所所長)が、日本経済と財政事象を易しく丁寧な解説をしてくださり、これまで読んだ本や聴いた話より格段に質量ともに筆者にはよかった。

写真+(1)_convert_20130817081449 写真_convert_20130817081512
2009年文芸春秋5月号掲載       2012年週刊エコノミスト5月号掲載

昭和恐慌は1925年~33年・1925年から始まったデフレを浜口雄幸首相(大蔵省出身政治家)が1930年、金本位制へ復帰・円を22.9%切り上げ一気に恐慌局面に入った。1924年を100として1930年累積デフレ率-21%1931年12月高橋是清大蔵大臣(首相は犬養毅・政友会)が、金本位制廃止・積極財政で財政支出を前年比22%・20%と増加させ、結果税収は急上昇し、昭和恐慌のデフレは解消した。(この間、格差が拡大、世相が乱れ、1931年9月満州事変が勃発し、軍部が台頭、太平洋戦争まで行き着いた。)
 
平成恐慌は、1998年から15年目・円が120円から75円に切り上げ{30~35%)1997年を100として、2012年累積デフレ率-21%・バブル後に不良債権処理が一段落1995年~96年に公共投資の効果が出てきて、景気が好転したときに、1997年橋本財政改革「消費税3%から5%へ」増税・かつ緊縮財政をして、一挙に経済成長がマイナスに転じた。小渕総理の景気対策で持ち返したが、2001年小泉構造改革と2002年「基礎的財政収支均衡策」でデフレが深刻になり、税収が激減した。菅内閣以降、「基礎的財政収支均衡策」再導入して、デフレが進み加速化。

対策は「基礎的財政収支均衡策の凍結」「生活に直結するインフラ投資を実行」「民間には投資減税で国内の投資を誘発する」兎も角投資を増やす政策を導入すべき。
 
ポマード?(クリーム)頭のフェミニスト男性・故橋本龍太郎氏は大蔵族といわれたが、緊縮財政のうえ増税をし、経済がデフレ不況に落ち込んで、以降デフレが15年続いている。なお、橋本元首相は後に自身の政策の非を潔く認めている。


人気ブログランキングへ




夏です・ 怪談・「牡丹燈籠」

真夏日が続きます。怖い怪談話もありますが、それより怖いのは人間の欲の深さか・・今の世情を見ているとそう感じます。福島第1原発は収束しないのに終息宣言して、17万人の官邸包囲デモの声を大きな音と言い、大飯原発再稼動する。瓦礫が片付かず、故郷に帰るめどもたたない住民に東電の示す不十分な補償額。経済状態はデフレ克服できていないのに、日銀短観の製造業・大企業の業況判断は緩やかな回復ということで、役人は増税の裏づけをする。未亡人製造機と言われるSFアニメから出てきたようなヘリ?兼輸送機「オスプレイ」が日本各地で150メートルの低空を飛行するという・怪談より怖い事実が日常的に連鎖しています。

怪談「牡丹燈籠」は、旗本の娘お露が萩原新三郎に焦がれて死に、幽霊になって会いに来る。その幽霊より怖いのは、100両の金欲しさに魔よけの札を剥がして、恩人新三郎を死なせてしまう・・下男の伴蔵 とお峰夫婦の強欲であり、話はこの「お札剥がし」の後の伴蔵とお峰夫婦が逃げた先の栗橋宿で店を開き大店になる「栗橋宿」、茶屋で遊びなれた伴蔵がお峰に新三郎殺しの過去を言い募られ、隣町幸手の祭りの帰りに利根川土手でお峰を殺してしまう「お峰殺し」へと続く。怖い怖い人間の業と欲の怪談話です。
   #「怪談牡丹燈籠」落語家・三遊亭圓朝作 


人気ブログランキングへ



デフレ

“デフレからの脱却を”といわれて久しいです。日銀がお札ジャブジャブすれば解決するのに放置したまま、とか、経済のマクロの視点での解説より、肌身で感じていることを書きます。

普段使いの紅茶は日東紅茶のアッサムブレンドの茶葉を買う。薫り高く濃く出てとても美味しい。原産国はインド・スリランカ。テイーパックは、別メーカのを買う。これも香りがあり味もこっくりと出て手軽で好きだった。値段は安く据え置かれたままで、(茶葉の分量を減らしたのか?)、1パックでは物足りないので2パックでお茶を入れるようになった。包装箱には、「地球環境の保護と、茶園で働く人々の生活・労働環境向上に貢献する為、リプトンは紅茶ブランドとして初めて、レインフォレスト・アライアンスと提携。多岐にわたる厳しい基準をクリアした茶園だけに与えられるレインフォレストアライアンスの認証・・」と印刷してあり、ケニア、スリランカの現地の人々の生活の向上と地球環境の保護のもと、認証茶園で生産された一定水準の品質との価値交換での決定価格であるんだろう。味が兎も角良い。

もう1点は衣服が値段が安い。靴下1点100円もある。クリアランスセールでどこも賑わい、久しぶりに買ったスラックスは、試着してみたら、切り替えしが少なく、体の厚みに対応しきれていず、着心地も良くない。ファスナーが無く頭からかぶるワンピースもあり、着脱に一苦労する。数点試着してどれも何がしか不備で、結局一着しか合わなかった。型紙の段階で単純化したパターンで裁断して裁縫しているように思える。(メーカーにもよるだろうが。)おしゃれなイヤリングも1000円前後の安価なおもちゃの値段で購入できるが、壊れるのも早い。留め金が壊れたり、イヤリング自体が細かい箇所が弱く折れてしまったりする。

25年前より安い値段のワンピースやパンツ、靴下、下着、装飾品小物の価格の下落・デフレ現象は、実質品質を落とすということで生産者はどうにかしのいでいるように思える。実際しのげないので中小零細企業が倒産しているのだろうが。


人気ブログランキングへ



参議院予算委員会質疑

24日、参院予算委員会を視聴していて目に付くのは始終カメラが向けられている首相の表情だった。ほっぺたを膨らまして口をとんがらかして、丁度いたずらをした子どもが怒られれているのを不満に思いながら、説教を聴いている様な感じである。この民主党政権には野田首相始め、真近の席の安住蔵相のニヤニヤさ加減・枝野経済省の剣呑な憮然とした表情といい、国民の視線を意に介していない様な非人間性を感じる。余裕のなさもあると思うが、離れた席の閣僚郡司農相や羽田国土交通相の表情のほうが普通の感性を持つ人間的表情に見えた。

情報漏洩の質疑が2点:7月20日に提示する筈だった原子力規制委員会の人事が、事前に漏れマスコミにすっぱ抜かれた事。農水省の機密漏洩の流れは、機密文書4点・外務省文書の公電2点が李春光元中国一等書記官に渡ったことが挙げられた。情報管理の杜撰さが顕著。
 
増税に関して、現在の経済情勢が増税に耐えられうるのか?(自由民主党・立ち上がれ日本・無所属の会の片山虎之助氏)、名目成長率・実質成長率・物価指数の数値を見て判断してデフレ脱却できていない現下は、消費税増税は難しい。40歳500万のサラリーマン・専業主婦・小学生二人の世帯で、
 
消費税引き上げによる増 167000円
 消費税以外の税負担増   63700円
 社会保障費の増     98200円
            計328900円の負担増になる
 
大雨で九州で被害が拡大しているが、民主党政権になって森林事業予算が4割削減されている(今回の大被害は、治山治水をおざなりにしてきた民主党政権の人災ともいえる。)災害に強い国土を作ってもらいたい。(公明党・秋野公造氏)
 
(国民の生活が第一の森ゆう子氏)、国会事故調査委員会の事故調査報告書が出されながら、黒川委員長を参考人招致が出来ないのは何故か?また、海外(ODA含む)援助額16兆8133億円に日銀の為替介入額14兆2970億円を加えると、総額31兆1103億円になる。消費税増税で国民負担増を求めながらその整合性を改めて問うた。小沢裁判での捜査報告書捏造・田代正弘検事に減給6ヶ月の処分、他の検事は嫌疑なしとされたが、虚偽有印公文書偽造及び同行使の法定刑は1~10年以下の懲役刑になる。


人気ブログランキングへ


 

キューバ紀行

2004年3月、体制が変わる前に見たくて、メキシコのユカタン半島の突端の保養地カンクンでカリブ海を望んだホテルのリゾートで心身を癒した後、2泊3日のツアーでキューバに渡った。空港から車で海沿いを走ると、初め小さな遠景であったスペインが造ったハバナの街並みが、往時の佇まいの雰囲気を残しながら眼前に現れてくる。

瀟洒な石造りの建物の室内を横目でちらと覗くと、虫食いの木の柱と泥の地面に人々が直に寝転んでシェスタしている。街中は石造りの佇まいのその軒先、表通りに革命前のアメ車が並び、映画「ブエナビスタソシアルクラブ」の世界が広がる。雰囲気はあるが排気ガスが物凄く、夜間、ホテルの室内でも咳き込む。表通りは明るいが、一本奥にはいった裏通りには電灯は点灯していない。 チェゲバラの人気は未だ根強く、内務省建物の壁に大きくチェの顔がタイルか何かの細工で浮かび上がっているその様を見たいと頼むと、流暢な英語を話すタクシーの運転手は喜んで内務省ビル脇を走ってくれた。向かった先のショーは、エルビスにキャバレー?の踊り子のような取り合わせのアメリカナイズされたもので、祖国民族舞踊を予想していた身には期待はずれだった。

ホテルから歩いていける酒場で頼むモヒート(ラム酒にソーダ水とライム・砂糖・ミントの葉をいれたカクテル)は、ミントの葉がグラスにたわわに詰め込まれ芳香が鼻先に立ちのぼる。カフェの戸外の椅子に座りお茶を飲むと、放し飼いの犬が何匹も足元をたむろする。その合間、褐色の、あるいは漆黒の肌の青年や老婆が「ONE DOLLAR(ワン ダラー)といいながら手を差し出す。

うだる暑さ、皆がシェスタする午後の南国の気だるい雰囲気を一寸もてあまし、青い海の水平線に目を転ずると、海上に突き出たかつての英帝国の要塞が目に入る。スペインから英帝国に、さらに米帝国へと宗主国を変えながら、この国の形に辿り着いた、美しいカリブの島よ。


人気ブログランキングへ

欠陥オスプレイ ・ 名画「おはん」

TV ASAHI 報道STATIONSUNDAYで、本日22日、垂直離着陸輸送機MV22オスプレイを積んだ貨物船が韓国釜山港を出港して、明日夕、山口県岩国に荷揚げされ、10月には、沖縄県普天間飛行場に配備される予定だという。
この欠陥輸送機は、ヘリコプターとして飛行する時、エンジンが故障しても、通常のヘリならあるオートローテーショん機能がない。#オートローテーション機能とは、エンジンが故障しても、ローターが風で回転し続け、その間操縦しながら、河川敷または、広い校庭、公園など、人的被害を出さない箇所に着陸できる機能#

この機能欠如した欠陥輸送機であることを、米国国防研究所主任分析官レックス・リボロ氏が2009年6月、米国下院公聴会で証言していた。岩国では市長と二井山口県知事が反対を表明、地元住人が荷揚げ阻止すべく座り込みをしている。オスプレイは、未亡人製造機と揶揄され、開発段階の1991年~2000年まで30人の死亡事故が起きている。なにより、森本防衛相が2010年元旦のTV朝日の番組で、「人名軽視の欠陥飛行機で危険」とはっきり発言していた映像が流れた。コメンテーターの森本氏は「当時よりも改良されている・・」と歯切れの悪い発言をしている。軍事ジャーナリストの神浦元彰氏が、「日米地位協定での取り決めで、米軍内での機種変更という扱いで、日本側からはどうすることも出来ない。また、事故のとき、ローターが乗員を傷つけないよう、両サイドに切り離せるように設計されている。もともと、辺野古のV字滑走路向けの設計であり、他の地では危険極まりない。」この危険な輸送機の低空飛行訓練の事前届出さえ不必要だという。軍事評論家:前田哲夫氏談。ほぼ日本全域6ルートの低空飛行訓練域が設定されている。

日曜朝から、物騒なニュースを聴いた。ヘリコプターなんてドラえもんのタケコプターしか知らないし、ドラエモンのお道具で一番欲しかったのは、《どこでもドアー》何処にでも一瞬で行けていいなあと思っていた。昨日は珍しくCS放送で邦画「おはん」を観ていた。吉永小百合のおはんが儚げで、代表作のない大女優と言われてるけど、この儚さ・雰囲気の女優だから仕方ないと思う。石坂浩二が女房おはんから芸者置屋の女将おかよのもとにはしった優男を好演。おはんと撚りが戻り、息子と3人で暮らせるよう、おかよの目を欺いて密かに支度していたが、息子が雨の日、山道で足を滑らせ淵に落ち水死・おかよの元に引き戻されおはんとの中は想いあいながら、引き離される。

原作は宇野千代氏。#西日本の田舎町、優男の末路の落ちぶれた旦那衆が2人の女の間をたゆたう姿を、くどくどと懺悔めいた独白で綴る構成で、家族が緊密であった時代の空気が柔らかい方言で表現されている。#解説による 時代考証行き届いた雰囲気のある邦画です。

おはん [DVD]おはん

吉永小百合、大原麗子 他




人気ブログランキングへ

「あの人に会いたい」 お富・与三郎

与話情浮名横櫛(よはなさけうきなのよこぐし)・切られ与三 春日八郎の歌謡曲「お富さん」に歌われたカップルお富・与三郎は、房州木更津の浜で見染め恋に落ち、逢瀬を重ね、それがばれお富さん(元江戸の芸者・今は木更津のやくざ赤間現左衛門親分に囲われている)は逃げて海に身投げするが、通りがかりの船に助け上げられる。与三郎(保養に来ていた江戸の伊豆屋の若旦那だが母が継母で異母弟がおり、自分が身を引けばと思っている気弱な優男)は逃げ損ない、刀で切り刻まれ顔・全身に34か所の刀傷が残る、以降、切られ与三の名で強請たかりの小悪党になって生き延びる。二人は互いにあの人に会いたいと、その面影を求め生きるが、3年後、偶然強請に行った大店の番頭の別宅(人形町玄冶店(げんやだな)・現浜田屋という料理屋・芝居では源氏店)に住んでいたのがお富さんで、与三郎が恨みつらみを語る台詞
 
「しがねえ恋の情けが仇・・」

写真 (14)
市川団十郎の与三郎と 尾上菊五郎のお富

故11世団十郎の与三郎故尾上梅幸のお富、与三郎の相棒のチンピラの蝙蝠安(こもりやす)に故尾上松禄のコンビが史上最高といわれるが、梅幸の息子さんの現・7代目尾上菊五郎さん(人間国宝)の与三郎もよい・・何を演じても一定のレヴェルをクリアーしてしまう方で、正月の国立劇場は毎年この方の初春狂言で幕を開ける。

与話情浮名横櫛
故11世市川団十郎の与三郎

二人が3年の間に積もった行き違いの感情のやり取りに溺れているところへ現れた、お富を助けた大店の番頭が、お富が持っていた匂い袋の生地から生き別れの妹と気付き、所帯を持てるように取り計らってあげるという歌舞伎には少ないハッピーエンドの話です。

写真+(11)_convert_20130818141431 写真+(7)_convert_20130818141458
市川左團次の蝙蝠安      と      片岡仁左衛門の与三郎

歌謡曲は
#粋な黒塀見越しの松に あだな姿の洗い髪 死んだ筈だよお富さん 
 生きていたとはお釈迦様でも 知らぬ仏の お富さん 
#過ぎた昔を恨むじゃないが 風もしみるよ 傷の痕(あと)
#かけちゃいけない他人の花に 情けかけたが 身の運命(さだめ)
#会えば懐かし 語るも夢さ 誰が弾くやら 明烏(あけがらす)

黒塀の外から庭の松が見越せる別宅で、囲われて暮らすお富さんの、風呂上がりのなまめかしい江戸の水で洗われた姿が灯影に概形を留め、お富を前にして恨みを綴る与三郎の3年越しの恋の官能が灯芯から立ち上る油煙の様に揺らめいて、観客の視線が役者の肢体を透過してその向こう側で遠い日あるいは現世(うつしよの)の色恋の感情の高ぶりを疑似体験する様な、究極のラヴストーリーです。

写真+(12)_convert_20130818144314 写真+(13)_convert_20130818144330
尾上菊五郎の与三郎と 坂東蓑助の蝙蝠安     坂東玉三郎のお富





人気ブログランキングへ

週刊誌フェチ

 大阪維新の会橋下市長が19日発売の週間文春で女性スキャンダルを報じられている。橋下市長は大阪都構想で国民の関心を引き付け、その後も大飯原発再稼動反対・次期総選挙における民主党への宣戦布告宣言等々・メディア戦略に長けた人という印象だった。もともと、タレント稼業がブレイクして政治家になった人だから、その辺の嗅覚は実に優れている。その人が、腰砕けの有様を感じさせる発言を突如しだした。「野田首相は決められる政治をして素晴らしい」「大飯原発の再稼動を(夏に限って)認めるETC・何があったんでしょうね?そしたら、直後、お決まりのスキャンダル報道が炸裂した。思うに、風俗の女性はそれで報酬得て生活しているのだから、公私混同して口開くはまずい・・公務員だったら「職務専念義務違反」「守秘義務違反」に相当するだろう・ここまで書いて、では橋下さんは馴染みになって以降は、このギャルと個人的おつきあいしていたんでしょうか?(料金払わずに)#記事はまだ読んでいない。
 先月26日の消費税増税法案衆院採決にあわせた様に「小沢一郎氏の夫人の手紙」と称する手紙が、書かれた便箋の写真もろとも週間文春に全文掲載された。週間文春は反小沢の立ち位置・当たり前のメディアですが、それに追随して、週刊現代7月16日号及び7月21・28日号 どちらも内容は乏しい、週刊文春記事の焼き直しです。 週刊朝日7月27日号〈怒れる小沢が自民に手を突っ込んだ・「小沢経」信者・脱会者14人が告白・実録ほれた瞬間/切れた瞬間〉 こちらは表題はセンセーショナルだが、政治記事として読めた。新党大地・真民主党代表の鈴木宗男さんにもインタビュうーしていて、さらに7人の信者に7人の脱会者のインタビュー記事を載せている。
 小沢氏と心理的距離が出来た昔の信者・船田元経済企画庁長官(自民党竹下派出身・新生党・新進党)は、国際貢献をのあり方を考える特別調査会(小沢調査会)で小沢氏側近となり、細川護熙首相の佐川急便借り入れを巡る証人喚問での対応で別れた・石破茂自民党前政調会長は新進党選挙公約にあった「集団的自衛権は認めない」の解釈で袂を分かつ。自民党野田毅衆議院議員(新進党・自由党)も政策の財源が不安と分かれた。これらの命題は、今日の政治命題でもある。小池百合子元防衛相(新進党・自由党)は小沢氏への感情の変遷には3段階あると言う。第1ステージ「恐れ敬う」第2ステージ「微妙」第3ステージ「enough/もう十分」といって人は去る。しかし、この方自身の小沢氏への感情が微妙とメディアに書かれ、自民党復党の後はターゲットは自民党要人に絞られたよう・才色兼備の麗人です。彼女がインタビューで、「小沢経信者は、第1・2ステージの方が多い」と指摘していますが、人間の記憶とは無自覚のうちに自分の都合の良いように書き換わるものだそうで・肩の荷を降ろして楽に生きられる事が人間とって実は大事なことである・すなわち、人間の脳はその人が楽に生きられるよう無自覚のうちに記憶を書き換える機能が備わっている。前述の政治家諸氏は第3ステージだったろうし・・週刊誌報道に対しては皆さんも一言あると思う。船田氏はその後の再婚報道に対して、自分の思うところを訴えたかっでしょう。石破氏もハニートラップ疑惑?にはむかついた事でしょう。ETC
 第3ステージの人だけど、民主党に留まった山田正彦元農相は「来年度予算の概算要求で、自公の言いなりになる気配がしたら、そのときは党に留まれない。今の執行部は霞ヶ関・財務省の言いなりだ。それをぶち壊せるのはやっぱり小沢さんの剛腕しかない」と言っています。週間朝日は、後続ページでは原発再稼動に関して「野田さん、あなたにとれる責任なんてどこにあるの?」さらに後続ページ「本当の総理」勝栄二郎が転居した理由;JR田町駅至近、運河に面したセキュリテイ万全の億ションていうが、一般口コミ値段は幅はあるが、8900万円位+手数料+消費税で、確かに1億トントンです。高輪と三田に公務員官舎がある。無論、建物に名称表示はされていない。
 追記;週間ポスト8月3日号では、〈次の選挙は圧勝すると断言した小沢の自信の根拠〉自由党が分裂し衆院議員18人の2000年の総選挙で、小沢自由党は「日本一新」を掲げて比例で660万票を獲得。当時の自由党支持率は3~3・5%に対し産経新聞FNN合同世論調査で新党支持率3・7%共同通信では4・8% 比例の投票先世論調査で自由党は3・2%(時事通信)、新党はそれぞれ6・5% 5・6%であった。余談ですが、夫人の手紙に関して水沢の古い後援者が語った言葉は「手書きでないコピーが別々の郵便局の消印で1人に何通も送られたり、差出人が故人だったりして、あれはおかしいと思っている。自民党離党した時から小沢の悪口には慣れている。昔からの支持者は変わりませんよ。」



人気ブログランキングへ

地方議員に投影される原子力村の構図

筆者の住む市区町村の議員の政務調査費は月15万円だそうです。
これまでは、口をツグンデ、議員誰一人額を明かさなかったが、
新任青年区議が HPで明かした。

10数年前、議員の公私混同っぷりを世間話めかして
情報リークしてくる町会役員がいました。
当時、当選期数の多い自民党籍の議員でしたが、
地域の代表という役回りで、引退した後も、
地元学校の同窓会組織や他の役職をしている。

この議員の親しい女性が(この方は市区町村の・・委員でした。)
パンフレットを配りながら、各家庭玄関先でなにやら家人といさかい起こして
些少な金額を家人が渡したというものでした。
そのクレームが複数件あり、町会長として困った・・という
俄かには信じがたい内容でした。(其の話の真偽は調べようが無かったけど・・)
この委員の老婦人の家のお孫さんと、
筆者の子どもが当時、友人で
それで、町会長の話をわざと世間話めかして
その町会役員氏は聞かせたようです。

しかし、その先の展開は悲惨で、
このことを筆者に告げた当人が恐ろしくなったのか
議員にご注進にいき、お陰で、子どもの学校在学中筆者は、
この議員に誹謗中傷をされた。ということは、話は信憑性有ったのだろうか?
からくりに気づいた議員が「どうぞばらさないで欲しい」と、
哀願調の目線で筆者に訴えてきた。
友人関係もあるので、やぶさかではなかったが、
しかし、この爺さん議員は筆者以外に、町会長を虐待して、
町内再開発で別意見の対立候補を町会長選にたて、
さらに再開発関連役職に自分と親しいその女性を就任させていた。
現在は公職から二人は引退している。
 
好事魔多しというが、・・
干された町会長が青少年対策関係の名誉職に就くに及んで、
この地方議員は、2007年統一地方選に立候補せず、
引退を表明し、駆け込みセーフで逃げ切りました。
其のお陰で議員の虐め・誹謗中傷攻撃から、筆者は開放されました。
 
筆者は、友人関係が壊れリークしてきた町会長(既に認知症)を恨みに思った。
しかし、友人と思っていた一家とのそれまでの仲良しごっは
筆者一家に何か期待しての事と分かり、
(無論、期待される利権なんてあるはず無かったが、)
この騒動でこのタイプの人間の本性を知るという、経験を得た。
実に迷惑だったが。
 
公私混同で動く地方議員と、それに群がる人間と
さらにそれに群がる業者(ちなみに、親しい女性の親戚は、
年間相当額の市区町村の下請け事業委託を受けていた。)の、
エンドレス欲サイクルと、
それに嫉妬する別人間の正義に名を借りたヒステリックな告発とで、
全く面識無い筆者が巻き込まれた。

どこにでも転がっていそうな
地方議員とその周辺のエゲツナイミニマムな話題ですが
これがマックスに転じると、
電力会社と原子力村の御用学者との持ちつ持たれつの関係とか、
15日仙台・16日名古屋のエネルギー政策聴取会での
電力会社社員のやらせもどきの発言とかに
拡大投影していく事になる。


人気ブログランキングへ




 

政治か風流か

 岩走る 垂水の上の 早蕨の 萌え出ずる春に なりにけるかも
志貴皇子の和歌はその気質を表し華やかに繊細に・叙情性豊かな叙景歌を詠む、天智天皇の皇子で母が采女(宮中の官女・地方豪族の娘がなる)である為に、皇位には縁なくまた本人が自覚し、政争に巻き込まれるを避け和歌を詠み、風流を旨に生涯を終える。
 采女らの 袖吹き返す明日香風 都を遠み いたずらに吹く(亡母を思い詠む)
 むささびは 木末求むと 足引きの 山のさつ男に会いにけるかも
 #皇位継承を望んだ者は猟師に撃たれるムササビのよう#父天智天皇の死後、義兄大友皇子は壬申の乱の敗者になり自死。その壬申の乱の勝者の天武天皇は明日香清御原令を制定し、古代国家の基礎を作る。が、686年9月の死の後、その子草壁皇子の皇太子の地位を守る為、10月異母弟大津皇子が鸕野讃良皇后により(という説がある)死を賜る。さらに草壁皇子は689年3月病没。天武帝から9代を経て、志貴皇子の子白壁王が70代で(それまで酒飲んで世間の目を欺く)49代光仁天皇に即位。怖い系譜。
 筆者が好きな和歌に
 芦辺行く 鴨の羽交いに霜降りて 寒き夕べは 大和し思ほゆ
 (あしべいく 鴨のはがいに 霜ふりて 寒きゆうべは やまとし おもおゆ)#淋しい葦の茂る川岸にいる鴨の羽に霜が降り旅先で故郷大和の地が思われる・センチメンタルジャーニーである。
 政権争いに巻き込まれ、あるいは巻き込み、死んでいった皇子や権勢者の浮き沈みを遠視眼で見つつ、万葉集に6首の和歌を残す。その生き様は生き延びるに選択肢無かったのだろうが、心の琴線に触れる叙情的叙景歌を筆者は好きです。
 万葉調といわれる歌風の和歌を残した鎌倉3代将軍実朝は、仇であると吹き込まれ誤解した故・兄頼家の遺児公暁に討たれて、歌人であるが政治家として死んだ。彼の詠んだ秀歌
 武士の矢羽繕う 籠手の上に 霰たばしる 那須の篠原
(もののふのやばねつくろう こてのえに あられたばしる なすのしのはら)
 #霰降る那須の荒涼とした篠原で黙々と矢羽を繕う鎌倉武士の情景が浮かびます。今日はセンチメンタルに風流サイドにシフトして書きました。


人気ブログランキングへ



 

 

原発反対デモと柏崎刈羽原発見学ツアー

 ちょっと古いけど、笑えるニュース
 ・アノニマスが霞が関と間違え、霞ヶ浦をサイバー攻撃(財務省・最高裁のサ  イトも攻撃される)
 ・関西電力大飯原発3号機が7月7日にフル稼働した。(5月5日に北海道電力泊原発が停止して国内50基全停止して以来の事。)8日には取水口付近にクラゲが発生して十分な水を取り込めず出力を下げて、9日に再びフル稼働。
クラゲが中華料理の前菜で食べるクラゲなら、筆者は毎月食べる、中華料理の居酒屋メニューにあり、好物です。
 毎週末金曜に首相官邸周辺で行われる反原発デモの人数が膨れ上がって15~17万人に達している。筆者は、東電の柏崎刈羽原発にバスに揺られ見学に行った経験があります。地元のライオンズクラブ主催でしたが、一般参加者を募集して人数を集めて東電労組推区議が引率して、東電労組が添乗員として3人ついてバスで行った。原発本体に行く前にTEPCO館みたいな処で、事前説明を受け、このTEPCO館は正式には、サービスホール・TEPCOプラザ柏崎・柏崎エネルギーホール・TEPCO刈羽ふれあいサロンと、4軒ある。原発安全広報に力を入れている。その後、原発にバスで向かう。眼前に海が開け、裏山は、この原発を造る際に掘った土を盛った40メートルの高さの山がある。柏崎刈羽原発は1~7号機まであり、世界一の発電量・ここで発電した電気は2秒で首都圏に送電される。原発冷却の為に膨大な海水を取水する必要があり、海辺にしか原発は造れない。すなわち十分な、津波対策を講じなければならない。現在15メートルの防潮堤を建造中。1~4号機は発電量110万KW現在停止中・5号機~7号機(5号機は110万KW、6・7号機135.6万KW)現在定期点検中。筆者が行った2009年は、新潟中越地震で被害が出て、原子炉は停止し、1号機と7号機を試運転していた記憶がある。その後、1・5・6・7号機は2009年12月から順次運転再開したが、東日本大震災で再び全機停止した。印象に残ったのは、セキュリティーの厳しさ・各自持参した身分証明書からセキュリティーカードを作り、其れを差し込みながら2重3重のチェックを通過する。地下数十メートルに降りるエレベーターは地下に降りて出る扉は放射線・ガンマー線を通さない為、分厚いコンクリートだった。原子炉建屋地下の中央制御室では点灯した赤ランプのメーター数値をチェックしながら、現場作業員さんたちが緊張し作業に従事している。見学が終わり、地上に上がってから、被曝していないか放射線検出器を使い計量してから、セキュリティーチェックを通り退出する。充実した見学ツアーと当時思った。この柏崎刈羽原発は最新鋭施設だそうですが、福島第一原発は火力発電所を改装して作った、老朽化した施設だったそうです。2010年に筑後40年経過して、施設は法律でもはや、使えなくなったものを、法律改正して稼働続行して半年で大事故を起こしている。#法律は原子力基本法とその関連法がある。


人気ブログランキングへ



 ・

大人の虐め

 時事通信社の世論調査の結果が7月13日にでた。野田内閣支持率21.3%不支持率60.3%わけても民主党支持率6.7%が凄い!気持ちとしては分かります。野田さんが、時期総選挙マニフェストに消費税増税を明記し賛同しない者は公認しないと、国会で答弁したそうですので、政党が掲げた公約の真逆を時期選挙でマニフェストに掲げるとか、これはもはや悲劇を通り越して喜劇に思える。次期総選挙では民主党は壊滅だろう。反消費税・脱原発を対立軸に民自は一度、解体したほうが良いと思う。
 2009年、民主党に一票を投じた。選挙公約の美酒が、オリジナル民主の実像に煙幕張らせたのが要因でしたが、多くの国民はその後次々に表沙汰になった、左翼の本性や中間派の勝ち馬に乗る体質とか、幻滅の連続だった。小沢氏自身も裁判を通じ、「騙された自分の不徳だ。」と語ったといわれてますが。
 筆者は時事通信には間接的にですが恨みがある。前回のブログに書いた虐めに関連して・・子どもが小学校の時の担任が、低学年と中学校受験・卒業を控えた高学年は受け持たされず、長いこと中学年ばかりで、本人のストレスもピークに達していたようで、「自分が5・6年を引き続き担任するのに反対な者挙手しろ」家庭で、「あの先生に逆らっちゃだめ」と、世間智を吹き込まれた子はその通りにし、そうでないピュアな子は、正直に手を上げ、クラスで数人が挙手しました。結果は、理由をつけて(例;トイレから戻るのが遅いと言われ)、頭を思いっきり殴られる等。体罰いえ、暴力の連続でした。クラスには不登校になった子もいました。5・6年になり、安心できる50代の男性に担任が替わり暴力から解放されましたが、その教師はこれはと思う児童の親に整体治療院ETCを紹介し、訪れた親子にそこは、健康器具や健康食品を斡旋し、中には十数万円を払っていた親子のケースがあった。(この教師の配偶者が時事通信社勤務だった。)無論、校長は知らず、後々、次子が卒業の時(在学中は子どもに危害が及ぶと思うと恐ろしくて言えなかった。)、当時の事を筆者から知らされた2代前の校長は、心を痛め侘びをいれながらも、組織対応は職員を次々に転任させ、筆者を知る職員を皆無にした。この2代前校長は基本子どもに情のある優しい方だが、役人臭は強い。その後は、教育系大学の付属小学校校長と大学教授とを兼務し、現在は教授です。先の展望を考えたら、虐めの存在認めたら自身の減点になり、賞罰の対象になることもあるし、悪くすると、そこでジ・エンド。嵐が通り過ぎるのを待てば、自らの次の職の展望が開けるのだから、教師と教育委員会(指導主事で在籍すると、出るときは階級は教頭に・教頭が在籍の後は出るときは校長にと階級が昇進試験受けずに上がるルートがあった。)は、司法の判検交流みたいな関係です。今回の皇子山中事件も、異例といわれる警察捜査が入って良かったと思う。身内だけでは、真相は解明されなかっただろう。外圧によってしか改革(改悪の場合も有りますが)できない民族なのでしょう。
 大津市皇子山という地名も、壬申の乱後、有力な皇位継承者の一人であった為、父の天武天皇崩御後、謀反の罪を掛けられ1月足らずで、継母鵜野皇后に死を賜った(という説がある)大津皇子と同母姉の大伯皇女(母は鵜野皇后の姉の大田皇女・姉弟が幼少時に死去)の悲哀に満ちた和歌のやり取り(万葉集巻3と2)が思い起こされて、尚更に哀れでした。
 ももづたう 磐余の池に鳴く鴨を 今日のみ見てや 雲隠りなん  
 (いわれの池に鳴く鴨を 今日限り見納めにして私は死んでいく)
 うつそみの 人なるわれや 明日よりは 二上山を 弟背とわが見む
 (この世に生きる私は 明日から二上山を弟と思い見ましょう)



人気ブログランキングへ

少年犯罪・虐め

 大津市皇子山中学校男子生徒が虐めにより昨年10月、自殺した事件で滋賀県警が学校と教育委員会に強制捜査に乗り出したと、報道されていますが、この問題は常にあったように思う。虐めは筆者が子どもの頃も、小中高と身近にありましたし、大人になり、幼小のPTA活動では、驚いた事に、母親たちの中でグループがあり、優劣を?競い、気に入らない相手を仲間はずれにする・嵌めるなんて事が水面下で行われている。こうした女性達は、まず勝気、他薦で出てくるので、(まれに自薦の方もおられた。)やはり恵まれている方が多く、水面下では陰湿な女の戦いが進行していた。
 皇子山中学校の自殺した男子生徒の例がことさら悲惨なのは、自殺直後の学校が行ったアンケートに書かれていた虐めの実態です。〈葬式ごっこや自殺の練習をさせられていた。〉〈2週間前の体育大会では、鉢巻で手足を縛られ、口をガムテープで塞がれ殴るけるの暴行をされていたのを、複数が目撃している。〉〈死んだ蜂を食べさせられた。〉〈自室を荒らされ、お金を十万円単位で、毟り取られていた。〉成人であれば暴行傷害致死事件だが、この国の少年法は加害者の人権に配慮しすぎで、常に少年犯罪が起こるたびに被害者の悲痛な声がクローズアップされる。しかも、滋賀県警は3度も少年の父親の被害届を受理せず断っている。教育長は会見でアンケートに書かれた具体的な内容を把握していなかったと釈明。少年が苦境を泣きながら訴えた担任は、フライデーの取材を、鼻歌でかわし「自宅敷地内にはいらなで~」なんぞと、職務専念義務に反するとか以前に人として、アウト・・。(だが、記憶では、熱血先生ではなく冷血先生は多くいた。人〈生徒〉に関心も関りもを持たない。)
 草食動物は相手を殺すまで痛めつけてしまう習性を持つといわれる、人間も当てはまるのだろうか。肉食獣は空腹時に餌になる動物は殺すが、そうでない場合は、目の前を動物が通っても意に返さない。加害少年らは虐めてその先の展開を、思い描かないのだろうか。自分の鬱憤晴らしにここまでやる異様さ、彼らに自制心は働かないのだろうか。そうしたら、被害少年の死後、加害者たちは「「やっと死によった。死んでくれてうれしい。もっとスリルを味わいたかった。」と、メールをしていた。生物は低い出現率ながら異種〈変態〉が出現する。これも、そういった例なのだろうか?出現した変態は、後世代ずっとその遺伝形質を持ち続ける。


人気ブログランキングへ

信無くば立たず 「鳴神(なるかみ)」「将門(まさかど)」

鳴神、三津五郎


(左)ぶっかえったザンバラ髪の鳴神  (右)鳴神上人(坂東三津五郎)

鳴神上人(なるかみしょうにん)は皇子が生まれるよう宮中から祈祷を頼まれ、願掛けをしその神通力により皇子が誕生した。しかし、宮廷は約束を破り、神社建立の約束を果たさなかった為、上人は怒り、竜神を滝壷に封じ込めた。雨が降らず日照りが続き、宮廷は雲の絶え間姫を使者に送る。後半は、雲の絶え間姫が絡み、テーマは上人が酒絶ちの禁を破り、煩悩に翻弄されるという上人の世俗化(人間性回帰)になる。

エンターテイメントとして、鳴神上人の変容を視覚的に描き、風体も変わりざんばら髪になった上人が、火炎模様の衣装にぶっ返り、雲の絶え間姫を見送るシーンでは、〈桂巻きの見得〉という柱に手足を絡ませた見得がきまる。雷鳴を轟かしながら雷神の如く雷雲に乗り、京の都を目指すその様が実に、スペクタクルだけど色気がある。

話の前半は、公約違反の為政者が、自分の約束違反は置いといて美人刺客を敵方に送るという、極めて今日的命題とも重なる。後半はスペクタクルな純粋ラブストーリーで観て楽しめる。変化物を描いた「茨木」「紅葉狩」「黒塚」に続いて、この「鳴神」も幻想性高い作品。
 
平将門と娘滝夜叉姫(たきやしゃひめ)を描いた「将門」も、幻想性溢れる作品。
『民衆救済を目指した将門は民の信仰の対象になった。』

滝夜叉姫魁春

廃御所に平将門の娘・滝夜叉姫が住み土蜘蛛が巣くい、軍兵(ぐんぴょう)と土蜘蛛の精が戦う。舞台に据えられた廃御所が見る間に崩れていく〈屋台崩し〉の仕掛けが見事。将門と滝夜叉姫の怨念、土蜘蛛の怪異、幻想性に満ちた舞台は非日常そのものだけれど、そこにこそ日常性・人間の業が凝縮・表象されている。

人気ブログランキングへ

祝い狂言「曽我物」・市川海老蔵の「助六」と「睨み」

曽我兄弟のあだ討ち話の人気は高く、そこから派生し、デフォルメされた本来の曽我五郎時致とはかけ離れた狂言が多く作られました。

代表的なのは「助六由縁江戸桜」(すけろくゆかりのえどざくら)

主人公の花川戸に住む、粋な黒紋付の着流し姿・非縮緬の下帯に紫鉢巻を締め、唐傘をさして登場する、喧嘩に強い江戸っ子の助六が、実は、曽我五郎という設定。恋人の三浦屋遊女揚巻の元に通う詩情を描いた前半に対し、後半は曽我家再興のために友切丸というお家の重宝を取り返すために、恋敵でもある、髭の意休(ひげのいきゅう・威張り散らす権力者)と刃を交える、という荒唐無稽な話に変貌しています。他に、「雨の五郎」こちらは、曽我五郎が雨の中、恋人の化粧坂少将(けわいざかのしょうしょう)に会いに通うその風流な様を、舞踊劇に仕立てたもの。

写真 (27)
「助六由縁江戸桜」の花川戸の助六

江戸開府とともに、上方から猿若勘三郎(中村勘三郎)が江戸に下り広めた歌舞伎ですが、上方の和事(柔らかい恋愛物)に対し、江戸では荒事という力強いタフな男性を演ずる狂言が好まれました。市川団十郎という江戸の大きな名跡は、この荒事を演じる役者です。市川家の家の芸に「歌舞伎十八番」がありますが、殆ど荒事で、弁慶義経の安宅の関越えの有名な「勧進帳」・曽我物の「暫」(しばらく)「矢の根」「外郎売り」(ういろううりの口上が聴き所)・さらに「鳴神」(雷神不動北山桜の略・約束を違えた為政者に怒り鳴神上人が竜神を滝壺に閉じ込めた為、日照りになり難渋し、雲の絶え間姫が宮中から使者に差し向けられ、上人を騙し竜神を解き放つが・・)頑固な鳴神上人が魅力的で、私の好きな狂言です。

写真 (100)
「勧進帳」で弁慶一行の詮議をする安宅の関守「富樫左衛門」・市川海老蔵

市川団十郎(または海老蔵)が隈取をし、「ひとつ睨んでご覧にいれましょう」との口上で目玉を寄せて睨むこの演出は、邪気払いの意味もあり江戸庶民は睨んでもらいに殺到し正月芝居小屋は賑わいました。現・海老蔵の睨みもなかなか見事なものです。(睨みは良いです・・)上方の和事に対峙する、江戸の荒事・丈夫の芸質は、江戸開府400有余年を経て変わらずしっかり継承されているようです。
写真 (99)
市川海老蔵襲名披露興行にて 「睨み」


人気ブログランキングへ

寿曽我体面

新党の名称「国民の生活が第一」は、新党結党の理念であり、政策の根幹を成す国政の要諦そのものである。日本国憲法前文には「国政は国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。」とある。消費税増税法案が衆院で可決され、そのことは社会保障と税の一体改革に名を借りた実質増税であり、もはや民主党は政権交代を成し遂げた民主党とはまったく別物になってしまった。自民・公明・民主3党合意は野合であり、3党合意は国民の選択肢を奪うものである。よって、我々は、政権交代の原点実現に回帰し新党を立ち上げた。増税の前にやるべき事があり、消費税増税の撤回と地方の復興・再建にむけて、我々は活動していく。国民の皆様のご理解とご支援をおねがいしたい。;新党党首小沢氏の会見要旨NHKとTBS放送が中継

1993年、新生党を結党し8会派非自民連立政権を立ち上げる。その後の新進党は2大政党の一翼を担い、自由党が合併の上、小沢氏自らが指揮して政権交代を成し遂げた民主党がこの2年10ヵ月で大きく変貌し、もはや、政権交代した民主党とは別物になった、ゆえに、新党「国民の生活が第一」を発足させる。2大政党制実現は国民が選択肢をもてるようにする為、、その政治姿勢は一貫していた。松下政経塾出身者には、自民党の公認に落ち、(一部は信念ある優秀な政治家ですが)民主党入党した方もおられ、その意味でも民主党は党綱領もなく政治家の理念も実は曖昧な選挙互助会組織だったと論評されたが、現在、政党の体をなしていないと酷評される事態になってしまった。2009年一票を投じたわが身も哀しいです。

寿曽我体面(ことぶきそがのたいめん)は、曽我の五郎十郎兄弟と、親の敵(源頼朝の家臣)工藤祐経との対面を描いたもので、正月には一座の役者が顔を揃えて上演される吉例の縁起物舞台です。柔らかい持ち味の兄・十郎が浅黄の裃をつけしっとりと華やかに舞台にたつ、弟の五郎は若々しい剛の者を象徴した、剥き身隈(むきみぐま)の紅と墨で隈取をして、この場であだ討ちをとはやる、が、諌められ、曽我兄弟と工藤とは巻き狩りの場での再会を約して(工藤は討たれる覚悟を決めている)その場は別れる。

やがて死闘を演じるその気配さえ感じさせず、正月の舞台「対面」は役者が華やかな装いと芸で、それぞれの役どころを勤め絵面にきまり、観客との対面を果たし幕になる。世話物(市井の人情話)狂言は悲劇が多く(それは時代物も同様ですが)、めでたい正月には寿曽我物が恒例となり芝居が掛かりました。新党の行く末もかくあれと願います。


人気ブログランキングへ  

参議院予算委員会・黒塚

NHKが中継した参議院予算委員会を視聴していた。髭の隊長こと、自民党・立ち上がれ日本・無所属の会の佐藤正久氏が質問に立ち、「関西電力大飯原発が再稼働したが、テロでトンネルが塞がれた緊急事態の際の対処は?」「危険なオスプレイが岩国基地への陸揚げを経て、沖縄の普天間基地へ配備されるまでどの様に国民に説明を?」森本防衛相が「今年起こったオスプレイの二つの事故の調査報告をアメリカから受けて、十分に国民に説明納得してもらう」と答弁。オスプレイ配備は、ヘリコプターの機種変更に該当、六〇年安保改定以来の日米地位協定(当時は行政協定)の中で処理されてしまう懸案事項です。

福島県選出の自民党・森まさ子氏が「昨年末の原発事故収束宣言をして大飯原発再稼動の後、首相が7月7日に福島入りした。被爆した18歳以下の子どもの医療費無料化も見送られ、被災地の声が届かない。」参考人の双葉町井戸川町長が涙ぐみながら、「原発爆発の後、放射性物質情報を出してもらえず、町民を被爆させてしまった。」と発言。こうした被災地の声を届ける参考人を予算委員会に招致し、発信して頂かないと、国民に災害の実態が分からない。

国民の生活が第一の会派・森ゆう子氏はIMFへの拠出金の総額14兆3333億円の数値を挙げ、「国際公約で援助を約束する、これだけの余裕がありながら国内では公約違反の消費税増税は整合性無く納得できない。」また、検察審査会への検事の出張記録開示の不備を指摘し、法務省役人の答弁を求めて迫力あり。good job!

みんなの党の水野議員が、東電から金もらいながら、原子力委員勤めていたoo学者を名指しで追及してこれもgood job!

参院予算委員会視聴しながら、平行して、演舞場で襲名興行の「黒塚」が観たいと思った。市川猿翁の家の芸目「猿翁十種」の一演目で、3代目猿之助(新猿翁)が病臥してから8年、観られなかったのを、新猿之助(甥の旧亀次郎)が演じる。薄の生い茂る奥州安達原で、諸国を旅する阿闍梨一行が一夜の宿を求めたあばら家の老女岩手が、実は鬼女だった、という舞踊劇ですが、写真で見た限り薄の生い茂る安達原の雰囲気がそれっぽくてよい・是非観てみたかったですが、切符は取れず、しかもばか高い値がついて、歌舞伎座は建て替え中で、一幕観もなく、早く竣工になってほしい。前の歌舞伎座は戦災で焼け昭和26年に再建なり、歌右衛門さんのメロドラマ(世話狂言のこと)「籠釣瓶花街酔醒」(かごつるべさとのえいざめ)が杮落としでした。

黒塚2
市川猿之助(現猿翁)の演じる「黒塚」の岩手

明日は新党が50人で発足します。


人気ブログランキングへ
 

樋高剛氏著 「愚直に・復興環境を軸として」

愚直に・樋高剛

著者の樋高剛氏は小沢一郎氏の秘書を経て衆議院議員になられた方で、今年5月、初めての著書「愚直に 復興・環境を軸として」を出版する。 

一章 民主党の政策について書かれた部分から、
マスコミ報道では私達があまり知ることのなかった政策の真意を紹介致します。
 
*子ども手当てのみでは不十分、妊娠中の定期健診の無料実施・産休後のスムーズな再就職支援・保育園待機児童の解消などの政策を連動させて実施し、女性が出産への意欲を持てる社会にする事、安心して生きられるようにする事がひいては、少子化問題を根本から解決し日本の国力を上向かせる

*八場ダム工事再開は、福島原発事故後の電力を賄う為の水力発電所の建設であり、自然エネルギー政策だった

*国民の生命と財産を守る安全保障問題は、緊張した朝鮮半島情勢があり東アジアの安定の為にアメリカと連携していくことが必要であり、基地問題は避けて通れない、沖縄に全基地の75%が集中していることが問題。憲法上の制約があり世界の安全に軍事貢献しない日本が、有事に他国の助けを過度に期待は出来ない。武器輸出3原則のルールがあるが国民の理解を得て、高い技術を防衛手段として提供する等、日本に出来る国際貢献を心掛け、平時から共同防衛を築く姿勢を持つ。(総論は是とするが、危険なオスプレイ配備は受け入れられるものでない。)
 
第2章 小沢一郎氏の実像

身近に小沢氏を見てきた人ゆえに語れる人物像を紹介致したく書き抜きますと

*動物が好きで小鳥屋に共に行った際の、嬉しそうな笑顔が忘れられない

*好きな言葉は「誠」座右の銘は「百術は一誠にしかず」何か問題が起こったときに、嘘を重ねたり、言い訳をしたり手練手管を用いるのでなく、謙虚に謝り素直な気持ちを伝えたほうがよい結果になる

*「変わらない繁栄を続けるためには変わらなければならない」刻一刻と変化する激動社会で生き抜くためには絶えず自己改革しなくてはならない」

*マスコミが流す映像(怖い顔)は恣意的なもの、普段は表情の豊かな温かい優しい繊細な人で、素の人間性が外に伝わる事が少なく残念

*長い時間を掛けて信頼関係を築いた中国にはっきりと意見が言え、アメリカにも出来ることと出来ないことを理由を述べながら日本の国益を主張できる唯一人の政治家である

*若い議員に話した言葉「自分は今の時代に合わなくなった部分を全て片付けていく。その後は次の世代の人たちにバトンタッチして日本の再生を任せたい。破壊の後に訪れる創造の時代は、今の若手が中心となってやっていくべきだ。そのときのために研鑽に努めておいてほしい。決して逃げるようなことはしてくれるなよ。」歴史観・国家間のなかで時代ごとの役割を見出している。;私たちが小沢氏の実像に辿り着く言葉ですので掲載しました。

政策に関しては報道で語られていますが、真実の人物像を語る身近な方の著書は多くはありません。500円と廉価ですので、是非読んでいただきたい一冊です。

愚直に・揮毫樋高剛



人気ブログランキングへ 


 

弁天小僧にみる皮相と深層・茨木・紅葉狩


7月7日七夕です。

揺れる笹の葉 短冊に 託す願いを 探してる

前々回、江戸歌舞伎の大御所河竹黙阿弥に触れ、彼の代表作白浪物の紹介をし、「弁天小僧」を取り上げた。弁天は、美しい女と見紛う美少年・振袖を着て白浪(盗人)を働くという一見悪を描きながら、黙阿弥は、浜松屋という悪徳豪商や庶民に過酷な為政者・役人相手に胸のすくような口上と立ち回りを見せている。その美丈夫ぶりを描いて、表層の罪咎でなく寧ろ弁天の深遠にある内面性・美を際立たせている。黙阿弥の筆がものす世界とは、皮相でなく庶民の心情を掬い取り、より情緒的・視覚的・立体的に高らかに歌い上げた深層音楽劇だった、というのが私の解釈です。

木阿弥の作品に、変化物「茨木」「紅葉狩」があり、「茨木」は、京の一条戻り橋ですれ違った女の川の水面に映った姿は、鬼の姿だった。刀をかざして切りつけるが、片腕一本を残し、鬼は空のかなたに去る。家に篭っておる処へ、伯母の真柴が訪れ、鬼の腕を見せて欲しいと言い、葛篭を開けて見せたところ、伯母真柴は茨木童子の正体を現し腕を持ち去る。源頼光が部下の四天王を引き連れ、京の大江山に酒呑童子一味(茨木童子は酒呑童子の舎弟)を退治しに出陣する。

もう1話「紅葉狩」は信州戸隠山の紅葉狩で出会った美女更科姫の一行は実は鬼女だった・・というお話。2話ともに短編で、老女真柴や更科姫が突如、鬼に変身するその衣装の早変わり〈けれん〉の一種ですが、衣装の〈引き抜き〉だったり、〈ぶっかえり〉(肩で止めてある糸を切ると衣装が前後に別れ、その柄模様が表地の善良な老女やお姫様を象徴するものから、裏生地の変化妖怪を象徴する恐ろしい柄模様になる)だったりする。

写真 (58)
余吾将軍・平維茂(たいらのこれもち)と更科姫(さらしなひめ)実は戸隠山の鬼女
    中村錦之助    と    中村扇雀

マニフェストを掲げて当選し政権担当した党が、〈引き抜き〉や〈ぶっ返り〉の手法で見る間に衣装は裏地の変化物バージョンになって庶民は難渋いたしておる。弁天小僧菊之助は、幕末、重税に喘ぎ、日々横行した押し込み強盗・無頼漢ETCに難渋した、世情にやるせなさ、不条理感をかこつ庶民が、絶望し諦めの中で刹那的であれ秘かに希求した、義賊の美的バージョン・スターだったと思う。為政者により裏地バージョンである増税が覆いかぶさってきた私達が、秘かに現代の義賊(新党)を希求するのもまた道理です。


人気ブログランキングへ  

森ゆう子氏「検察の罠」出版記念講演会に行きました

 
検察の罠検察の罠
(2012/05/26)
森 ゆうこ



森ゆう子参院議員の「検察の罠」出版記念パーティーが、7月5日夕、憲政記念館で開催されました。数人の見知ったお顔がちらほらあり安心しました。北海道から九州まで全国から応援者が駆けつけられ、京都の方が多いということでした。小沢一郎氏が記念講演され、日本の民主主義がまだまだ未熟であることを語っておられた。

森ゆう子さんは、26日の消費税増税法案採決日の翌日、捜査報告書を作成した田代検事が、嫌疑不十分・減給6カ月という軽い処分を受け退職し、大きな法律事務所に就職した事、さらに改革派風間検事総長勇退に触れられていましたが、気の重くなるこれらの話題も、この方の重圧を全く意に介しないバイタリテイー溢れたキャラクターをフィルターにして眺めるなら、中長期の日本の議会制民主主義の未来の展望が開けていく過程の一里塚であろうと・・思えます。憲政記念館は、お顔とお顔を突き合わせ、息遣いも解る距離でお話しが出来ます。ホテルでの政治資金パーティーよりもよいと思った次第・・ミーハーじゃあないので、青い背広がトレードマークの松木謙公さん(自民党故藤波孝生氏の秘書だったそうです。)・いつも穏やかな表情の樋高剛さん(「愚直に復興環境を軸として」を出版された・手元にあるが実は未だ、読んでいない)・誰にでもわかるお顔の新党代表代行に決まった山岡賢次さんもお話しできる位置にいながら、眺めて終わってしまい、「この自分の性癖が日本人の相対化平均値だよな」と残念な気持ちを、お料理をビールで流し込んで、紛らわせておりました。

「梅雨小袖昔八丈」髪結新三の結末は、新三に「はした金と小せえ度量」とやり込められ、顔を潰された恨みの意趣返しを狙っていた弥太五郎源七親分が、深川閻魔堂橋の場で新三と刀を交える場で幕を閉じます。(筋の結末は、新三は切られ、愛嬌床屋実は上総無宿の入墨者悪党新三は、討たれて死にます。)陽気な小悪党新三は、罪は罪でも愛される性格的要素があった・・。政治家が公約を反故にして真逆の政策に邁進している姿は小悪党は愛されても、実悪は忌み嫌われる道理となり、支持率9%とまでいわれだした民主党の危うい先行きを危惧せずにはいられません。

対峙する小沢氏が党首となる新党は11日に旗揚げと決まりました。設立前の政党への期待値15%の数字を高い低いと、根拠なく扇情的にあげつらう(東京新聞や日刊ゲンダイを除いた)大方のマスコミの意図は明後日のほうにあるのだろうから、民主主義途上国の我が国においては、まずは我々国民の意思と手で民意に添う政党を育て、民意に沿う政策を立案し、選択権を行使(選挙)して粘り強く民主主義の成熟を図っていくのが王道であります。まさに、サイはなげられ、選択肢は我々の手にあるということです。


人気ブログランキングへ
  

梅雨小袖昔八丈

雨が続く合間に、強烈な日差しの真夏日が挟まってこの梅雨が明ければいよいよ夏の到来です。

「梅雨小袖昔八丈」(つゆこそでむかしはちじょう)は、幕末から明治にかけて多くの作品を手掛け、歌舞伎座(建て替え中)での昼夜興行の作品の半分は彼の作ということもたびたびの、江戸歌舞伎の完成者・大御所・河竹黙阿弥の作品です。通称「髪結新三」(かみゆいしんざ)といい、髪結いの新三が材木商白木屋の娘・お熊をかどわかして、身代金を手に入れるという小悪党の話しですが、そこは名手・黙阿弥の事・・初鰹という季節感溢れる趣向やら、江戸市井のエスプリを描いて軽快なお話しに仕上がっています。

梅雨小袖昔八丈・髪結新三・勘三郎
「髪結新三」・18世中村勘三郎

*ストリー*
髪結(出張床屋)の新三は出入りの材木商白木屋が、一人娘のお熊に持参金つき婿を取る話しを耳にし、そのお熊と恋仲の手代忠七の苦衷を聞き、お熊をそそのかして連れ出し、白木屋に身代金を要求する・・白木屋が交渉を頼んだ、弥太五郎源七親分(やたごろうげんしち)を「はした金とちいせい度量」と言い放って、たたき返したまでは新三の一人舞台ですが、ここに因業な大家長兵衛(ちょべえ)が登場します。当時、長屋の大家は身元引受人で店子の親同然の立場・・家賃を滞らせていた新三は、大家に手に入れた身代金の半分だけでなく、初鰹まで半身を強引に奪い取られしぶしぶ観念して、お熊を返します。初物好きの江戸っ子は、初鰹を珍重し沖合にカツオ漁の船が見えると、船頭に小船を漕がせ、船に小判を放り込んで、真っ先に初鰹を手に入れたお大尽もいた程でした。悪党だけど、気前の良いまた他愛のない江戸っ子気質を描いて楽しい作品です。

中村勘三郎さんが演じた新三の髪結いの手捌きが見事で、その手元に見入った事がありましたが、現在、御病気療養中であることを発表されています。昭和の名優・6代目菊五郎の外孫で、初代吉衛門の甥にあたり、幼少期より舞台に立ち続けて、海外公演に江戸の芝居小屋を再現した平成中村座、そして、野田秀樹氏の書かれた作品「野田版鼠小僧」「砥ぎ辰の討たれ」などに挑戦されてきた、身体に無理もあったと思えます。ゆっくり養生なさって頂き、また、舞台に立たれてほしい・・ご長男勘太郎が勘九郎を襲名なさいますが、早稲田大学演劇博物館に展示してあった、若き日の大伯父(祖父17世勘三郎の兄)・初代中村吉右衛門の写真に面ざしがそっくりで驚きました。


人気ブログランキングへ

テーマ : 観劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

阿国御前化粧鏡

各国の主権を残し共通通貨を導入するという、無理を承知で始まったユーロ体制が、ドイツ・ベルギー・オランダ・ルクセンブルク+北欧諸国圏と、今回経済危機に見舞われた、観光地であるが産業の競争力が弱いスペイン・ギリシャさらには、ポルトガル・イタリアといった南欧諸国圏との地域間格差を拡大したという・・(山崎元氏の評論より引用)。

現状は、スペインの金融危機でまだ予断を許さないが、ギリシャ危機がひとまずは一服して、日本でも日経株価も9000円台を回復しました。
 
ユーロ圏と時差8時間のわが日本は不況デフレ下での増税という、世界でも稀有なガラパゴス政策を断行するそうで、増税法案可決に反対して昨日与党民主党離党の38名に新党きずな9名、新党大地・真民主3名に、亀井さんと新党日本のヤッシーで52名・・これで内閣不信任案は提出できます。増税法案を阻止するための政局入り口に至ったところでしょうか。

さて、歌舞伎のお話ですが、忠臣蔵外伝には「松浦の太鼓」・「御浜御殿綱豊卿」といった短編以外に、長編「東海道四谷怪談」があります。民谷伊右衛門が赤穂浪士という設定で、お岩さんが髪を梳く場面や、提灯からお岩さんの幽霊がするりと抜け出てくる〈提灯抜け〉という仕掛けなど、怪談ですので怖い仕掛けが多くあります。
 
私が好きなのは、4世鶴屋南北の作でこの「東海道四ツ谷怪談」の元になった「阿国御前化粧鏡」(おくにごぜんけしょうかがみ)という、ロマンスとサスペンスの幽霊話です。
新世紀累化粧鏡いまようかさね化粧のすがたみ
「阿国御前化粧鏡」(おくにごぜんけしょうかがみ)の新改訂版
「新世紀累化粧鏡」(いまようかさね化粧のすがたみ)

亡き殿様の愛妾阿国御前が若い家臣に裏切られたと思い込み、憤死して幽霊になり、その家臣元信(もとのぶ)(実はお姫様を守りお家再興に尽くす忠臣)と恋人銀杏の前(いちょうのまえ・亡き殿様のお姫様)に祟るという筋ですが、眉目秀麗な阿国御前が骸骨になったり、華やかな御殿が荒れ寺に一転したり・・の仕掛け〈けれん〉が素晴らしく、また、特筆すべきは、阿国御前が亡くなって、冥府に向かう様を、大きな不気味な赤い月をバックに、被布羽織の衣装姿で〈宙乗り〉で宙を歩く・・足下は川原に薄の茂る三途の川という場面で、不気味な雰囲気が溢れながらも、とても綺麗な絵面(えづら)です。想像しうる空想世界を現実に大道具小道具で出現させてしてしまうところが、他の分野のエンターテイメントにもまして歌舞伎の素晴らしいところです。


人気ブログランキングへ
プロフィール

imagica

Author:imagica
種別 生物
趣味 散歩と文楽と歌舞伎
文楽歌舞伎狂言の非日常性に昇華された人間性を感じます。日々のつれづれを 舞台に投影したり政治に絡めたりして書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
招き猫
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR