FC2ブログ

週刊誌フェチ

 大阪維新の会橋下市長が19日発売の週間文春で女性スキャンダルを報じられている。橋下市長は大阪都構想で国民の関心を引き付け、その後も大飯原発再稼動反対・次期総選挙における民主党への宣戦布告宣言等々・メディア戦略に長けた人という印象だった。もともと、タレント稼業がブレイクして政治家になった人だから、その辺の嗅覚は実に優れている。その人が、腰砕けの有様を感じさせる発言を突如しだした。「野田首相は決められる政治をして素晴らしい」「大飯原発の再稼動を(夏に限って)認めるETC・何があったんでしょうね?そしたら、直後、お決まりのスキャンダル報道が炸裂した。思うに、風俗の女性はそれで報酬得て生活しているのだから、公私混同して口開くはまずい・・公務員だったら「職務専念義務違反」「守秘義務違反」に相当するだろう・ここまで書いて、では橋下さんは馴染みになって以降は、このギャルと個人的おつきあいしていたんでしょうか?(料金払わずに)#記事はまだ読んでいない。
 先月26日の消費税増税法案衆院採決にあわせた様に「小沢一郎氏の夫人の手紙」と称する手紙が、書かれた便箋の写真もろとも週間文春に全文掲載された。週間文春は反小沢の立ち位置・当たり前のメディアですが、それに追随して、週刊現代7月16日号及び7月21・28日号 どちらも内容は乏しい、週刊文春記事の焼き直しです。 週刊朝日7月27日号〈怒れる小沢が自民に手を突っ込んだ・「小沢経」信者・脱会者14人が告白・実録ほれた瞬間/切れた瞬間〉 こちらは表題はセンセーショナルだが、政治記事として読めた。新党大地・真民主党代表の鈴木宗男さんにもインタビュうーしていて、さらに7人の信者に7人の脱会者のインタビュー記事を載せている。
 小沢氏と心理的距離が出来た昔の信者・船田元経済企画庁長官(自民党竹下派出身・新生党・新進党)は、国際貢献をのあり方を考える特別調査会(小沢調査会)で小沢氏側近となり、細川護熙首相の佐川急便借り入れを巡る証人喚問での対応で別れた・石破茂自民党前政調会長は新進党選挙公約にあった「集団的自衛権は認めない」の解釈で袂を分かつ。自民党野田毅衆議院議員(新進党・自由党)も政策の財源が不安と分かれた。これらの命題は、今日の政治命題でもある。小池百合子元防衛相(新進党・自由党)は小沢氏への感情の変遷には3段階あると言う。第1ステージ「恐れ敬う」第2ステージ「微妙」第3ステージ「enough/もう十分」といって人は去る。しかし、この方自身の小沢氏への感情が微妙とメディアに書かれ、自民党復党の後はターゲットは自民党要人に絞られたよう・才色兼備の麗人です。彼女がインタビューで、「小沢経信者は、第1・2ステージの方が多い」と指摘していますが、人間の記憶とは無自覚のうちに自分の都合の良いように書き換わるものだそうで・肩の荷を降ろして楽に生きられる事が人間とって実は大事なことである・すなわち、人間の脳はその人が楽に生きられるよう無自覚のうちに記憶を書き換える機能が備わっている。前述の政治家諸氏は第3ステージだったろうし・・週刊誌報道に対しては皆さんも一言あると思う。船田氏はその後の再婚報道に対して、自分の思うところを訴えたかっでしょう。石破氏もハニートラップ疑惑?にはむかついた事でしょう。ETC
 第3ステージの人だけど、民主党に留まった山田正彦元農相は「来年度予算の概算要求で、自公の言いなりになる気配がしたら、そのときは党に留まれない。今の執行部は霞ヶ関・財務省の言いなりだ。それをぶち壊せるのはやっぱり小沢さんの剛腕しかない」と言っています。週間朝日は、後続ページでは原発再稼動に関して「野田さん、あなたにとれる責任なんてどこにあるの?」さらに後続ページ「本当の総理」勝栄二郎が転居した理由;JR田町駅至近、運河に面したセキュリテイ万全の億ションていうが、一般口コミ値段は幅はあるが、8900万円位+手数料+消費税で、確かに1億トントンです。高輪と三田に公務員官舎がある。無論、建物に名称表示はされていない。
 追記;週間ポスト8月3日号では、〈次の選挙は圧勝すると断言した小沢の自信の根拠〉自由党が分裂し衆院議員18人の2000年の総選挙で、小沢自由党は「日本一新」を掲げて比例で660万票を獲得。当時の自由党支持率は3~3・5%に対し産経新聞FNN合同世論調査で新党支持率3・7%共同通信では4・8% 比例の投票先世論調査で自由党は3・2%(時事通信)、新党はそれぞれ6・5% 5・6%であった。余談ですが、夫人の手紙に関して水沢の古い後援者が語った言葉は「手書きでないコピーが別々の郵便局の消印で1人に何通も送られたり、差出人が故人だったりして、あれはおかしいと思っている。自民党離党した時から小沢の悪口には慣れている。昔からの支持者は変わりませんよ。」



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

imagica

Author:imagica
種別 生物
趣味 散歩と文楽と歌舞伎
文楽歌舞伎狂言の非日常性に昇華された人間性を感じます。日々のつれづれを 舞台に投影したり政治に絡めたりして書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
招き猫
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR