FC2ブログ

貞心一門会のお話


左・貞寿      右・師匠の一龍斎貞心  

お仲入り(休憩時間)に、
手作りのお芋煎餅と大学芋が観客に振る舞われました。


8日土曜
日本橋亭で"貞心の会"でした。

十数年振りに入った前座の貞二(ていじ)君が、三方ヶ原軍記を読んで、
いつも前座で”三方原軍記”を読んでいた宝井梅湯が、

[蜘蛛の糸]
芥川の小説を講釈に
カンダタが地獄に落とされ、灼熱地獄に針の山に、血の池で苦しんでいた時、
極楽からお釈迦様が、蜘蛛の糸を垂らして下さる・・。

その糸は、生前、カンダタがした唯一の善行、
小さな蜘蛛を踏み潰さずに助けたことを想起させている・


前座さんは、こうした会や定席で、雑事全般の他、
今は通いのケースが多いですが、昔は住み込みで、
生活の世話しながら、芸を仕込まれて、二つ目(その後に真打ちになる)になる迄、
忍耐と根性と、師匠や周囲の方々から慈愛と応援を頂いて、頑張ったそうです。

今は、前座さんの雰囲気も業界全体も、ご贔屓さんも大勢いて、明るいなぁ~
と、感じられるのは、部外者ゆえのお気楽のメガネで見るからか・・


貞寿のネタは
亀甲縞大売り出し

歌舞伎18番を制定した大役者の2代目市川團十郎が、亀甲縞の反物売りに、
手を貸してくれた話

さる藩が、財政難で栽培した綿を木綿にして亀甲縞の反物に仕立てたが、
売り方が分からずに・・
貞寿の「現代ではマーケテイングリサーチっですね!」の一言にうけて、
観客がどっと笑う・・

貞寿は当時と現代を自在に行き来できる機転と、話の組み立てが上手く、
言葉もポンポンとでて話は流暢に、小気味良い。

大阪心斎橋際の「袴久右衛門(はかまきゅうえもん)」の店に、原価を1匁(もんめ)
下回る値、6匁5分で5万反の反物を預け、思案に窮した杉立治兵衛
(すぎたてじへえ)、江戸より上ってきた團十郎に反物を贈り助けを求めた処、

なんと、舞台で、溺れたずぶ濡れの衣装を脱いだ下にその亀甲縞が・・
桟敷では芸者衆が、亀甲縞の浴衣で華やかにご見物し・・

そして、見事に亀甲縞の反物が大当たりして、
値切った久右衛門は5万反を18匁5分で、もう、5万反は24匁5分で
さらに残りの20万反は釣り上げるかと、思わせながら、ほぼ同値の25匁5分で
治兵衛は、7万4000両の利を得て藩財政が再建されたというお話・・

大人物は、情もあり、発想も柔軟・・
勘定はしっかりしてるが、詰めで利のみを追いすぎない・・
硬で攻め軟で人情溢れ・・
という、今に通じるお話です。

スポンサーサイト



仲蔵と松之丞”稲荷町から名代へ”

”妙見信仰”・・4日に日本橋亭で聴いた神田松之丞「中村仲蔵」の話

役者の最下層、稲荷町〈いなりまち〉から出立し、
トップの名代〈なだい〉にまで上がった役者血筋でない仲蔵が、
振られたちょい役「斧定九郎」に悔し涙を流しながらも、工夫をせねばと、
妙見様に祈願していたところの雨宿りで、粋な旗本らしき浪人に蕎麦屋で遭遇し、
その黒羽二重に月代ボーボーの身なりが、ニューバージョン斧定九郎にいける!

名代になって2年目31歳くらいかな・・
作者に意地悪されてアイチュウ〈6段階ある役者の下から3番目の位〉がやる役を
振られ、ソレを乗り切って大役者に・という話。私、好きなのです。この講釈・・


仮名手本忠臣蔵
4段目は
”判官切腹”の場・シーンと水を打ったような静かな観客

5段目は、
判官の小姓だった早野勘平が山崎街道山中で、
イノシシと間違え人を撃ち、懐から50両奪う。
撃たれたのは舅を斬り殺し金を奪った、家老の息子で浪人している斧定九郎

続く6段目では、
暗闇で撃った相手を舅と勘違いした勘平が、
仇討の義挙に加わることなく翌朝腹を切る悲劇となる。
勘平は、腰元のお軽と駆け落ちし,軽の父母のもとで山中で農夫・漁師をしていた

この5段目は弁当場といわれて、
観客が判官切腹の後に気を抜く、ちょい場面だったのを
あかっ面の、悪役斧定九郎を、
白塗りの羽二重をまとった色男に工夫して観客の度肝を抜いたのが中村仲蔵です。

悪役には実悪(じつあく)定九郎はこのタイプ
      色悪(いろあく)
      平敵(ひらがたき)
      公卿悪(くげあく)
言葉から、悪人のタイプがなんとなく分かります。


宝暦(1751年~1763年}から天明(1781年~1789)にかけての実悪(じつあく)役者「中村仲蔵」

稲荷町からでた役者なれど。4代目市川團十郎に見出され、
名代になり屋号は”さかい屋”  
作者の忠告聞かずに、ちょい役振られる遠因を作った
幽霊を演じた「コハダ小平次」の芝居噺も序章も入れて新たな”中村仲蔵”へ^^;


稲荷町→  中通り→   相中→   相中上分→ 名題下→  名代
いなりまち なかどおり  あいちゅう  かみぶん なだいした なだい
が、下層から上層への・・役者の地位です。


お友達でもある講談師一龍斎貞寿のブログをご紹介します。
今の松之丞を愛情ある目でくっきりと闊達に描写してます。




じゅじゅBlog"孤高の松くん”
http://ameblo.jp/teijyu/entry-11947740538.html

昨日は、朝練講談会。
朝早くから多数のご来場誠にありがとうございました!!

なんと、朝練至上、二番目の大入りだったそう。
わーい、わーい。(^o^)
厚く御礼申し上げます♪

松之丞くんとの芝居話シリーズは、
昨年もこの時期にさせていただきましたが、
あの時は、私がもう切羽詰まりまくり。
兎に角稽古の時間がなくて…
中村仲蔵を一夜漬けで暗記するという暴挙に出ましたねぇ(笑)
ああ、懐かしい。
もう、自分のネタだけで精一杯でした。

でも、今年は比較的余裕のあるスケジュールで臨めたので、
ゆっくりと松くんの話も聞くことができました♪

楽しかったなぁ~(*⌒▽⌒*)

今回、松くんが読んだ
「淀五郎」や「仲蔵」
これは、私も持っている読み物です。
でも、まったく違う。
松くんの「淀五郎」「仲蔵」は、
松くんだけの読み物になってました。

特に「仲蔵」は、違う。

一言でいうなら
「孤高の仲蔵」

若く、守るもののない。
そんな今の松くんならでは。

いまの、リアルな松くんの「中村仲蔵」

きっと、あと10年したら少し変わってくるだろうなぁ…。

そんなふうに思えるところも面白い。

昨日の「仲蔵」は、
「孤高の松くん」ならではの話。
楽屋で聞いていて、とても面白かったです♪


私は「名人小團次」

私の話は、ほぼ、師匠のままです。
小團次を表現する上で、どうしても言わせたいセリフがあったので、
ちょっとだけ台詞を足してますけども、
大体は、師匠の話をそのまま申し上げています。

基本的に芝居話は、師匠と解釈が変わる事はほぼありません。

ただ、どうしても言わせたいセリフや、
どうしても言葉にして伝えたいことが出てきてしまうので、
ほんの少しだけ「ちょいたし」してます。
師匠からは「それ、いらねえよ」って言われたりするけど(笑)
でも、やっぱり腑に落ちないと出来ないんですよね。
たった一言のセリフが、私の言いたいことの全てだったりするので、
言葉を吟味したうえで、ほんの少し「ちょいたし」してます。
少しのことなんだけど、大きなこだわりだったりします。

人が大きくなるには、
師匠、恩人、ライバル、支えてくれる人…沢山の力があったればこそ。

自分が大きくなれたからこそ、
見えてくるものがある。

時間がたったからこそ、
許せることもある。

恨みが感謝に変わることもある。

私はまだまだそんな領域にはないけど、
いつも「感謝」という言葉は胸にあって。

図らずも、
対照的な話だったかもしれません。

ああ、楽しかったな。

よい機会をいただきました。
ありがとうございました!

松之丞「中村仲蔵」・・_convert_20141107080043
          左*一龍斎貞寿  右*神田松之丞

琴調さんへの手紙



8月27日追記

超気味の悪い変態メールが、本日、夕、2通届きました。
皆さんのところへは届いてますか???


FC2 BLOG
17:13 (1 時間前)

To 自分
名前:itone
タイトル:人は助け合って生きていくことができます。
ホスト:u1229183.xgsnun101.imtp.tachikawa.mopera.net
********************
いきなりここに書くことを許してください。
今までの私は、お金がなくて夢をあきらめるばかりでした。
そんなとき、すごいことを知りました。
連絡するだけで一生使い切れないほどのお金をもらえたんです。
すぐにお金持ちになれます。
本気で知りたいという人だけに教えます。
知りたい人はbanana_ayako@yahoo.co.jpまでメールください。
メールしてくれた人に驚愕の秘密を教えます。

FC2 BLOG
18:49 (13 分前)

To 自分
名前:神宮
タイトル:私はこうして豊かな人生を手に入れました。
ホスト:u1405134.xgsnun001.imtp.tachikawa.mopera.net
********************
秘密にしておきたい人もいるかもしれない、お得な情報です。
小さい頃からお金には困っていました。
でも、今までこんなことをしらなかったなんて。
おそるおそる連絡をしただけで、本当にお金が振り込まれたんです!
借金を一括で全額返済できるんです。
本当に知りたい人だけに教えます。
知りたい人は、banana_ayako@yahoo.co.jpにメールしてください。
連絡してくれた人だけに、すごい秘密を教えます。


思い当たることといえば、
私が、区の民生児童委員をしていた2009年~2010年、請われて
当時の与党の2011年区議選候補から、
昨年2013年はそこから派生した党の参院選候補だったこと・・

あの、事業仕分けで国土整備事業を削りに削って、今回の広島の激甚災害を招いた
イカレタ(と多くの国民が思う)女達がひしめく党の区議選候補・・
運良く公認にならず、そこから派生した党の参議院候補でしたが、
これも運良く公認にならず、
左翼とは、常に内向きにエネルギーが働き、内紛と粛清を繰り返すのだと、
体験する!

協議会会長にも話を通し、与党だからと、改革を信じ、
そしたら、売国政党でした。
古来の半島との交流は日本に技術革新・文化をもたらしたけれど、
現在は、朝日新聞捏造記事にわかるように、
意図的に騙しや今回のような脅しをする政治家も存在します。

*改革・脱原発・鳩派*は、
お人好しの日本人を欺くための目眩ましのプロパガンダ!!

その某党から抜け出て自民党に戻り、その実態をコツコツFB発信していたから、
おそらく嫌がらせメールです。


しっかり公開し、このメールを送ってきた(と推測される)政治家さんに!
表向きは改革の脱原発の鳩派のといいながら、
実態は、騙しと脅しと、そして、様々に仕掛けられた詐欺・・
本っ当に幻滅!!
あったまきた!
女癖の悪い
某野党、(おそらく代表の)政治家さんへ!!!!!


一連のことが、2012年8月31日~9月2日のマイブログに書いてあります。
ご参照ください。
 
 江戸歌舞伎と徒然日記「2011年の国政と港区議会事情」
           「2010年国政と港区議会事情」他




8月31日追記

これからバラス!
変態mailにあったまきたので!

ドキュメンタリー風・読み物書こう!


と、考えが固まってきた処で、何故か、昨夜から右手首が酷く痛みまして、
キーボード打てず、iPhoneで、画面をやっとなぞってます。
明日、整形外科に行こうと、思います。
手首の痛みが収まったら、Blog更新致しますね。

ご訪問して下さる皆様、
夏の疲れが出てくる頃です。
ハイテンションになると、中高年は身体がついていきませんから、
チョット立ち止まっる余裕が心にも身体にも、周囲にも、良いのだなあ・・

そんな当たり前の事を体感した週末でした。






琴調さんへの手紙


真摯に向き合えば、また、憂き世の重荷を背負う。
といって、見過ごすことが出来ないわが身の益体(やくたい)も無さを自覚する。

熱中症の予防には水分摂取であり、もの食すのもよいと
体力付けさすに練習の合間にお握りを食べさせた監督と高校球児と、
そのお握り2万個握ったという女子マネージャーの話が、
ジェンダーとか、ブラック体質企業とかの範疇の話に落とし込まれていて
そのトップダウン方式の選手管理と男女差云々の
話を是とするか非とするかではなく
執拗に腑分けされ、臓器や骨や筋肉や血管の形状を表した
精緻な言葉(糸)が撚(よ)り合わさって論評の形にしつらえられた、
神経症的でさえある現代の言葉の世界に疲労感を覚える。

言葉、話芸は聞いて愉しく、
読んで流暢に
床本のように美しくなくては・・


さて、落語界
何故に歌丸が人間国宝逃し
小三治が射止めたのか・・
歌丸の属する落語芸術協会が新作落語を話すのに
小三治の落語協会が古典一本槍ゆえといわれて
古典を話すが選定の基準なのかなあ・・

歌丸ショック!ライバル小三治が人間国宝に東スポWEB2014年7月20日


話芸の世界もひどく人間臭くある。
人間臭い人達が入門し、芸道精進し、
ひとかどになってきたのだろうけど・・

直截に悔しさや共感を口にする人もいれば、
阿吽の呼吸で柔らかく呑み込み、口を噤む人もいる・・

人の世の酸い甘いを知り、
時に無念を心底に口を噤み
時にやむにやまれぬ温情溢るる言葉を発し、
そんな頑是なき人間臭さ、損得抜きの芸人気質を
私はとても愛しています・・。

講談界
神田松鯉(しょうり)は柔和です・(芯は強いのでしょうが)・・
弟子にもご贔屓連にも、
興行先でも他業界にでも
常にニコヤカに接すると聞く。
松鯉Shohri_200 神田松鯉 日本講談協会HPより

組織・団体を上手く統率できる器だと思う。
現日本講談協会の相談役として高評価を得、弟子の育成にも長けている。

丁寧にしまいまで聞き取れる匠の語り口,柔和な鼻濁音をものす
昭和45年入門、松鯉と同期の一龍斎貞心は?

107 貞心講談協会HPより

これも、先輩の立場を慮り、
他業種とも、遜色なく交わっていける器かな・・。


田辺一鶴没後その弟子が移って、顔ぶれ豊かな、大人数宝井一門は

105 宝井琴梅宝井琴梅・講談協会HPより

多数の一鶴の弟子たちが移るだけあって、
芸も達者、披露するネタも多く、陽気で人に慕われるお人柄です。

また、宝井一門には当代の上手、琴調さんがいて
いずれ、兄弟子を超えて、芸の高みに行く人だろうと、誰もがみている。

熊本から,5代目宝井馬琴に憧れ上京し弟子入り、
精進・・芸道一筋だった琴調(昭和30年生まれ59歳)
その宝井一門からは、来年、駿之介が真打ちに
神田一門からはこの秋、春陽が真打ちになる。

118 神田春陽 fc2blog_20140824132313d26.jpg春陽とのツーショット

ふたりとも芸達者です。
が、芸と浮世の富貴とは釣り合い取れず
講談師の窮乏は、枚挙にいとまがない。

雨の降るなか、屋内で傘をさし、
大事な高座で着用する紋付を油紙でくるみ、天井から吊るす、
そうすると、ネズミが噛じれない・・。
これ、琴調さんから、聞いた話。

112 琴調 宝井琴調201415日本橋亭寛永三馬術
宝井琴調 講談協会HPより



「琴調さん、宝井一門のホープというだけでなく、
 次世代の講談会の中核、 いずれは名人の高みに上るやもしれぬ貴方の芸が、
 私はとても好きですよ。惹きつけられます。
 火曜日の日本橋亭は、大入りでしたね。100人は詰めていましたよ・・。
 翌日、人間国宝・怪談の貞水はトリをとっても、客は 半分に満たなかった・
 誰よりもお客を呼べる琴調さん、
 また、聞かせていただきます。」

2014.8.24 記
宝井琴調 様

☆宝井琴調★昭和30年生まれ私と同世代
熊本から高卒を待たずに上京して、入門志願するが、卒業迄待てと言われて、
卒業後に5代目宝井馬琴に入門、以降、芸道精進。
[おーい。]と呼ぶ声、一つとっても4段階程あるという、
細やかな芸の、柔らかな語りは、当代の上手、将来の名人と誰もが認める。
多くて、50~60人一杯の会場に、100人観客を呼べる唯一の講談師です。
その琴調さんも、世事には疎く、何やら、元気ないここの処、
元気付けに私的なお手紙を書いて公開させていただきました。

読んでくれるといいなあ~~。

若き日の講談俊鋭五人会の三人が集う



神田松鯉(かんだしょうり)マツリとも読み、神田祭にひっかけた名です。

お若く見えますが、日本講談協会の大看板です。
講談協会の高座に上がるのは、なんと23年ぶり!だと話してました。
お題は「水戸黄門記より『出世の高松』」

水戸の殿様(頼房)が京都で部屋住みの時に、女中おしまが生んだ子「寅松」が
長じて頼重となり、四国高松の讃岐12万石を継ぎ、長幼の順を乱したと、
弟の光圀公が、兄の子の綱條を養嗣子に迎える、水戸黄門漫遊記でおなじみの話。

松鯉さんは、弟子の神田松之丞さんをしっかり仕込んでおられます^ - ^。
松之丞はえらい有望な面白い達者な語りの若者です。

神田松之丞2_convert_20131125231809神田松之丞


講談会は、
講談協会落語芸術協会(桂歌丸会長)と共に寄席に出る日本講談協会があります。


6月28日講談土曜特選会は、話芸全般の貴重な資料[講談研究]を残された
田辺孝治氏を偲んで、大学の後輩で読売新聞芸能欄執筆記者で演芸評論家の
保田武宏さんが、思い出やその事績を語られました。

お相手は、一龍齋貞心さん

田辺氏は、新潮社の編集者の傍ら、講釈場通いをしており、
今年2月20日に85歳で逝去。
[連続講談・ネタ下ろし]を条件に[講談俊鋭五人会]を隔月に開催するなど
講談会に多大な貢献をされました。
『定本講談名作全集』 (昭和46年2月20日)について田辺氏が、
「講談研究」第207号・昭和46年4月20日に書評を書いています。

その五人会の三人が、松鯉・貞心・貞山のお三方、昭和45年同期のお仲間です。

貞山と琴星_convert_20131127000352 一龍齋貞山(左)


貞心の話は

「森の石松」は神田 伯山が、二人の実在した者を、一人に創作した噺
伯山が高座に上がると、近在の寄席が皆、無人になるので
「八町荒らし」と、名がついた噺
貞心が若い頃、語りの語尾と鼻濁音の指導を受けた噺、
あの柔らかな収まりの良い
耳に心地良い発声は、鍛錬の賜物なのだなあ、と感心する。

この様な会は、また、企画して欲しいものと、
駆け出しファンの私は切に思った次第です。


なお、昨日2日は、早朝から息子の引越し荷物の荷解きに行きました。
fc2blog_20140702212637ad3.jpg

3時迄ぶっ通しで荷解きに雑巾掛け、汗をかいたのは健康にはよし!

夕方は、区役所に行って転入手続きetc.

中華料理屋で、生と紹興酒で乾杯!
6日間、ぶっ通しの仕事の後で息子は疲れた風で、元気なし・・


一昨日の臨時閣議で、集団的自衛権行使が閣議決定されて、日本も、泥棒や侵略には、立ち向かえるようになりました。

中国にはODAを援助して、侵略まがいの脅しを受け
韓国には河野偽談話で、散々むしりとられていた自虐の過去

これ迄の盗人に追い銭みたいな東アジア情勢よ、さようなら(-_-)/~~~!

盗賊五人男の「緑林五漢録」

11日、湯島天神にお詣りしたら、ちょうど結婚式をしており、本殿に花嫁花婿と
巫女さん、挙式の参列者の列が並んで入場する処でした。

子供の頃は、文金高島田の花嫁さんが振袖を着て、車に乗って、
お嫁入りの家に向かうのを、見ると胸が高鳴ったものです。




湯島参集殿で、一龍斎貞水のライフワーク連続講談の会
[緑林五漢録](みどりのはやしごかんろく)を語る

5人の盗賊が20数年に渡り繰り広げる物語です。

業平小僧 金五郎(なりひらこぞう)
野衾小僧 幸次(のぶすまこぞう)
獄門小僧 初之介(ごくもんこぞう )
天狗小僧 霧太郎(てんぐこぞう)
鼠小僧 次郎吉(ねずみこぞう)


知っていたのは鼠小僧次郎吉のみ、彼は義賊でした。
他の4人はどうなんでしょう?

白浪ものは、歌舞伎では、河竹黙阿弥が多く描いています。こちらは

三人吉三廓初買
(さんにんきちざくるわのはつがい)

通称[三人吉三]お嬢吉三・お坊吉三・和尚吉三が登場。

青砥原稿花紅彩画
(あおとぞうしはなのにしきえ)

通称[白浪五人男](しらなみごにんおとこ)
弁天小僧や石川五右衛門がモデルの日本駄右衛門が登場します。
プロフィール

imagica

Author:imagica
種別 生物
趣味 散歩と文楽と歌舞伎
文楽歌舞伎狂言の非日常性に昇華された人間性を感じます。日々のつれづれを 舞台に投影したり政治に絡めたりして書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
招き猫
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR